エンシュウ株式会社 【加工レポート】ファイバーレーザーと半導体レーザーの溶接の比較

ファイバーレーザーと半導体レーザーの溶接の特長の違いについてご紹介!

当レポートでは、「ファイバーレーザー(FL)と半導体レーザー(DDL)の
溶接の特長の違い」についてご紹介しています。

ファイバーレーザー溶接は、半導体レーザー溶接よりもレーザー出力が
低く加工速度が早いですが、どちらもほぼ同じぐらいの溶込み深さを得て
いることが確認できました。

加工する状況に応じて適するレーザーを選ぶことで幅広い溶接が可能になります。

【ファイバーレーザー溶接の特長】
■ビームスポットが狭く溶込み深さが深い
■溶込み深さが必要な場合やレーザー切断をしたい時に適している
■ビームスポットが小さい事を利用して狭い所や部分的な溶接・切断をすることも可能

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報【加工レポート】ファイバーレーザーと半導体レーザーの溶接の比較

【半導体レーザー溶接の特長】
■他のレーザーに比べ溶接幅が広い
■重ね溶接を行なう時にワーク同士に多少の隙間があっても接合することが可能
■隅肉溶接にも適している
■焼入れ光学系を使用することで広範囲の焼入れをすることができる

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

カタログ【加工レポート】ファイバーレーザーと半導体レーザーの溶接の比較

取扱企業【加工レポート】ファイバーレーザーと半導体レーザーの溶接の比較

エンシュウ ロゴ.gif

エンシュウ株式会社

■工作機械・レーザー事業部門 工作機械の主たる製品は、システム機と汎用機に大別されます。 システム機はFTLやFMS等の生産ラインにおいてコンピュータ制御が進み、今や生産現場の必需品となっています。 一方、汎用の立形及び横形マシニングセンタにおいても、弊社が長年蓄積した技術を土台に、最新のメカトロ技術を加えた製品を次々と世に送り出しています。 また、レーザー等の光技術をコアとする製品も順調に推移しています。 浜松ホトニクス(株)との連携・協業により「高出力半導体レーザー溶接システム」を開発し市場に投入した後、樹脂溶着、焼入、ファイバーレーザーなど各種応用技術も市場で大きな注目を集めています。 ■輸送機器事業部門 ヤマハ発動機(株)を中心とする輸送機器部品を製造しています。 オートバイや自動車向けのエンジン、ミッションなどの各種部品加工や組立をしています。自社製品である工作機械を最大限駆使し、長年の機械作りで培ったノウハウや加工技術を存分に活かすことが弊社の競争優位に繋がっています。 常に、低コスト・一層の品質改善に努力し、更なる採算性の向上を目指してまいります。

【加工レポート】ファイバーレーザーと半導体レーザーの溶接の比較へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

エンシュウ株式会社