株式会社エフ・ビー・エス 帳票機能をWebで提供『xReport for Server』

帳票機能をWebで提供『xReport for Server』 http://www.ipros.jp/public/product/image/117/2000391684/IPROS472021669130211880.png ■■■特長■■■ ■ Webサーバに負担がかかりません  帳票サーバを別途立ててAPIで業務システムと連携するので、  Webサーバに負担がかかりません。 ■ 帳票デザインは馴染みのあるExcelを利用  馴染みのあるExcelを使ってデザインします。 (登録には別売りのxReportが必要です) ■ 汎用データ1つ用意するだけで複数の帳票を作成可能  受注、出荷、売上など種類ごとに明細データを用意するだけで、  それぞれの明細、集計、横展開表など自由に帳票デザインができます。 ■ 業務システムのプログラミングなしでデータの加工が可能  組込型の場合データ加工はプログラミングで行いますが、  XシリーズではExcelの機能で行います。 ■ ユーザ独自の帳票を追加できます  作成した書式ファイルをユーザがアップロードして追加できます。 ■ ログ機能をつかったセキュリティ対策ができます  帳票を出力した「ユーザ名」「時間」「書式の種類」  「出力ページ数」などが分かるログを記録します。 株式会社エフ・ビー・エス 本社 IT・ネットワーク > 基幹システム > 電子帳票
xReportサーバ版は、SOAP形式のWebアプリケーションです。 業務システムからデータを受け取り帳票を作成します。

WEBアプリ型のERPシステムから帳票用データをxReportサーバに渡すと、xReportサーバ版が帳票を作成します。その後、作成した帳票を保存しているアドレスをホストに返すことで各種帳票を入手できます。

■2種類の運用形態■
一つの業務システムの環境を1企業で運用するシンプル版と、複数の企業で運用する管理機能付きの2種類を用意しています。
管理機能付きでは、Webアプリケーションパッケージメーカー様がxReportを利用して帳票出力機能をお客様に提供するなどのメーカー様独自のサービスを開始することも可能です。

 〇 シンプル版
 社内のWebシステムと連携して利用できます。
 システムの情報を元に帳票を出力できます。

 〇 管理機能付き
 複数の会社にサービスを提供できます。
 お客様別に利用できる帳票の登録や管理などを制御できます。

■ 連携のためのAPIを用意 ■
会社や使用する書式名・希望するファイル形式など、xReportの帳票出力に必要な情報を渡すための仕組みをコーディングしていただきます。
専用のAPIを用意しているのでxReportへの連携は容易です。

基本情報帳票機能をWebで提供『xReport for Server』

■■■特長■■■
■ Webサーバに負担がかかりません
 帳票サーバを別途立ててAPIで業務システムと連携するので、
 Webサーバに負担がかかりません。

■ 帳票デザインは馴染みのあるExcelを利用
 馴染みのあるExcelを使ってデザインします。
(登録には別売りのxReportが必要です)

■ 汎用データ1つ用意するだけで複数の帳票を作成可能
 受注、出荷、売上など種類ごとに明細データを用意するだけで、
 それぞれの明細、集計、横展開表など自由に帳票デザインができます。

■ 業務システムのプログラミングなしでデータの加工が可能
 組込型の場合データ加工はプログラミングで行いますが、
 XシリーズではExcelの機能で行います。

■ ユーザ独自の帳票を追加できます
 作成した書式ファイルをユーザがアップロードして追加できます。

■ ログ機能をつかったセキュリティ対策ができます
 帳票を出力した「ユーザ名」「時間」「書式の種類」
 「出力ページ数」などが分かるログを記録します。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ■■ Webアプリに帳票出力機能を追加した事例

国内外に多くの拠点を持つ東証一部上場のアプライアンスメーカ様では、
同社の基幹システムはJAVAで構築されたWEBシステムで、貿易ドキュメント作成機能が不十分なため、貿易のパッケージソフトを数社検討しましたが、基幹とのデータ連携が煩雑になるため、基幹のJAVAからAPIで呼び出して直接帳票作成ができる「xReportサーバ版」を導入することに決定しました。

AWSを利用して基幹(Linux)との接続を実現
「xReportサーバ版」はWindowsサーバ上で動くシステムですが、社内ポリシーの関係上、Windowsサーバを置けないので、アマゾン ウェブ サービス(AWS)のクラウド上の仮想サーバに「xReportサーバ版」をインストールし、VPNで接続して利用しています。当初の使用用途としては貿易帳票の作成のみを考えていましたが、貿易帳票以外にも使えるため今後用途が広がって行く見込みです。

詳細情報帳票機能をWebで提供『xReport for Server』

xReport for Serverの概要
WEBアプリ型のERPシステムから帳票用データをxReportサーバに渡すと、xReportサーバ版が帳票を作成します。その後、作成した帳票を保存しているアドレスをホストに返すことで各種帳票を入手できます。

シンプル版
社内のWebシステムと連携して利用できます。システムの情報を元に帳票を出力できます。

管理機能付き
複数の会社にサービスを提供できます。
お客様別に利用できる帳票の登録や管理などを制御できます。

カタログ帳票機能をWebで提供『xReport for Server』

取扱企業帳票機能をWebで提供『xReport for Server』

prod_pic01.jpg

株式会社エフ・ビー・エス 本社

■システムコンサルティングおよびシステム開発

帳票機能をWebで提供『xReport for Server』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社エフ・ビー・エス 本社

帳票機能をWebで提供『xReport for Server』 が登録されているカテゴリ