株式会社矢野経済研究所 2018年版 非加熱殺菌装置市場の現状と将来展望

2018年版 非加熱殺菌装置市場の現状と将来展望 http://www.ipros.jp/public/product/image/591/2000399667/IPROS7221515528376263717.JPG ■構成 第1章:非加熱殺菌装置市場の現状と将来展望 第2章:非加熱殺菌装置市場の動向 第3章:非加熱殺菌装置メーカーの動向 発刊日:2018/08/31 体裁:A4 / 212頁 定価:150,000円(税別) 株式会社矢野経済研究所 その他 > その他 > その他
矢野経済研究所の非加熱殺菌装置に関するマーケットレポートです。

■ポイント
●2020年頃の市場規模500億円超えが視野に入るペースで成長が続く非加熱殺菌装置市場
●中小企業のHACCP対応や感染症対策のニーズが中小型装置の需要増加を後押し
●水産業等でノロウイルス対策を目的とした紫外線殺菌やファインバブル殺菌の実証試験の取組みが本格化
●人手不足を背景に労働環境改善や事故リスク低減に繋がる安全な装置のニーズが顕在化
●複合的な殺菌方法の提案が顧客の衛生管理の課題を解決するソリューションとなり得る
●紫外線殺菌:水、表面、空気の各テーマでランプ搭載型製品が存在感を発揮
●UV-LED:小容量の水殺菌等で展開されるも本格普及は2020年以降と予想
●微酸性電解水生成装置:殺菌効果と安全性を特長に販売台数を着実に増やす
●オゾン生成装置:紫外線ランプ搭載品は脱臭効果とNOxレスが評価され業務用で導入例が増加
●高圧殺菌:殺菌効果プラスαの付加価値をアピールし食品や化粧品分野での拡販を目指す
●電子線滅菌:加速器関連設備の技術を持つ企業が新規プレイヤーとして名乗りを上げる
発刊日:2018/08/31 体裁:A4/212頁 定価:150,000円(税別)

基本情報2018年版 非加熱殺菌装置市場の現状と将来展望

■構成
第1章:非加熱殺菌装置市場の現状と将来展望
第2章:非加熱殺菌装置市場の動向
第3章:非加熱殺菌装置メーカーの動向

発刊日:2018/08/31 体裁:A4 / 212頁 定価:150,000円(税別)

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 詳細はお問い合わせください

カタログ2018年版 非加熱殺菌装置市場の現状と将来展望

取扱企業2018年版 非加熱殺菌装置市場の現状と将来展望

株式会社矢野経済研究所

●受託調査/依頼調査・コンサルティング ●マルチクライアント調査企画 ●自社企画調査資料(マーケットレポート) ●定期刊行物 ●会員制ライブラリー ●データ販売 ●社員研修・勉強会

2018年版 非加熱殺菌装置市場の現状と将来展望へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社矢野経済研究所

2018年版 非加熱殺菌装置市場の現状と将来展望 が登録されているカテゴリ