株式会社矢野経済研究所 2018年版 屋根材市場の全体像と素材別実態

2018年版 屋根材市場の全体像と素材別実態 http://www.ipros.jp/public/product/image/7b0/2000400386/IPROS3042138501533611881.JPG ■構成 第1章 屋根材市場を取り巻く環境 第2章 屋根材市場の実態 第3章 素材別市場の実態と動向 第4章 商品開発の方向性と商品開発の状況 第5章 参入企業の個別実態 発刊日:2018/08/31 体裁:A4 / 262頁 定価:150,000円(税別) 株式会社矢野経済研究所 その他 > その他 > その他
矢野経済研究所の屋根材市場に関するマーケットレポートです。

屋根材市場・業界の全体あるいは素材別の現状と今後の方向性を整理する。

■ポイント
● 2017年度の屋根材市場規模は103,471千平方メートル
粘土瓦、セメント系瓦、シングル材、金属屋根材(輸入品除く)それぞれの市場規模を推計
金属屋根材が増加傾向にある理由は?
戸建住宅用屋根材の品種別市場規模推移、リフォーム用屋根材の品種別シェアを掲載
● 2018年度の屋根材市場規模は104,919千平方メートルと推計
素材別の予測を掲載のほか、今後の見通しを掲載
●屋根材素材別の実態と動向
主要産地3地域の粘土瓦出荷数量と三州地区における粘土瓦業界の動向
日本の住宅用屋根材市場をリードするセメント系瓦メーカー「ケイミュー」の動向
輸入品のシェアが国産品を上回るようになったシングル材業界の構図
戸建住宅で軽量化ニーズが高まる中での金属屋根材の位置付けと役割
石粒付金属屋根材の市場規模とメーカーシェアを算出
●主要プレーヤーの販売動向と製品動向
屋根材市場に参入する有力企業延べ22社の個別実態

発刊日:2018/08/31 体裁:A4 / 262頁 定価:150,000円(税別)

基本情報2018年版 屋根材市場の全体像と素材別実態

■構成
第1章 屋根材市場を取り巻く環境
第2章 屋根材市場の実態
第3章 素材別市場の実態と動向
第4章 商品開発の方向性と商品開発の状況
第5章 参入企業の個別実態

発刊日:2018/08/31 体裁:A4 / 262頁 定価:150,000円(税別)

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 詳細はお問い合わせください

カタログ2018年版 屋根材市場の全体像と素材別実態

取扱企業2018年版 屋根材市場の全体像と素材別実態

株式会社矢野経済研究所

●受託調査/依頼調査・コンサルティング ●マルチクライアント調査企画 ●自社企画調査資料(マーケットレポート) ●定期刊行物 ●会員制ライブラリー ●データ販売 ●社員研修・勉強会

2018年版 屋根材市場の全体像と素材別実態へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社矢野経済研究所

2018年版 屋根材市場の全体像と素材別実態 が登録されているカテゴリ