株式会社平出精密 精密板金加工のバーリングと活用事例

精密板金加工のバーリングと活用事例 http://www.ipros.jp/public/product/image/caf/2000402502/IPROS4886544139223951074.png ※詳しくは、お気軽にお問い合わせ下さい。 株式会社平出精密 製造・加工機械 > 受託サービス > 加工受託
安価なコストでねじの締結力を上げることができるバーリングタップのご紹介

計算上、タップのねじピッチが3山未満の板厚を使いつつ、ねじピッチを
3山以上にして、ねじの締結力を確保したいという相反する条件を
実現するために、バーリングタップという方法が使われます。

材料に下穴をあけて、次に成形金型で穴周辺を塑性変形させ、
バーリング形状(凸形状)を作り、最後に穴の部分にタップ加工をします。

このバーリングタップの技術を使えば、板厚1mmの材料であっても
M3並目ねじを使うことが可能です。

【概要】
■課題
・一般的にねじの締結力を確保するためには、タップは3山以上にする必要がある
・ねじ山を確保するためだけに、1mmの板厚を1.5mmに厚くしてしまっては
 重量の増加や材料費のコストアップになる
■解決策
・バーリングタップ方法を使用
・板厚1mmの材料であってもM3並目ねじを使うことが可能
・ブランキングマシンでの切断加工と同時に、M2~M5までのバーリングタップを
 加工できる生産設備を完備
・安価なコストでねじの締結力を上げることができる

※詳しくは、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報精密板金加工のバーリングと活用事例

※詳しくは、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格 -
※お問い合わせください
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
発売日 取扱い中
用途/実績例 ※詳しくは、お気軽にお問い合わせ下さい。
よく使用される業種 鉄/非鉄金属、産業用機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、建築・土木・エンジニアリング、建材・資材・什器、製造・加工受託、その他製造、サービス業、その他

カタログ精密板金加工のバーリングと活用事例

ハイブリッド精密板金/ファイバーレーザ溶接による精密板金

ハイブリッド精密板金/ファイバーレーザ溶接による精密板金 表紙画像

当資料では、コストダウン・高精度に対応した「ハイブリッド精密板金」や、
「ファイバーレーザ溶接」をご紹介。製品例を写真で掲載しています。

従来は専用金型を用いて加工するしかないと思われていたプレス加工部品を、
当社では金型なしで加工する高精度精密板金技術を活用し、プリンター、
プロジェクター、内視鏡部品を製造してきました。

最近ではロボット開発、電気自動車部品、交通システムなど、時代の先端技術の開発を
サポートしています。

【掲載内容】
■ハイブリッド精密板金
■ファイバーレーザ溶接による精密板金

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

取扱企業精密板金加工のバーリングと活用事例

平出精密.jpg

株式会社平出精密

●ハイパー(超)精密鈑金加工技術 ●レーザー技術の蓄積 ●人的パワー ●多品種小ロット生産 ●画期的なコストダウン ●3次元CAD設計によるメリット

精密板金加工のバーリングと活用事例へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社平出精密

精密板金加工のバーリングと活用事例 が登録されているカテゴリ