Rollon S.p.A. (Japan) ロボット走行台車、走行軸の納期問題の解決方法

ロボット走行台車、走行軸の納期問題の解決方法 http://www.ipros.jp/public/product/image/ce6/2000417563/IPROS13271149536514303787.JPG 詳細は資料をダウンロードしてください。 Rollon S.p.A. (Japan) 機械部品 > 軸受・ベアリング > 金属軸受・ベアリング Rollonのロボット走行台車
『ロボットの可動範囲が足りないので、ロボットを走行台車に乗せて動かしたい』、というニーズに対しての問題点と改善のご提案!

ロボットの可動範囲が足りないので、ロボットを走行台車に乗せて動かしたい。こんなニーズが高まっています。しかし、市場の要望に反して、導入には大きな困難が付きまとっています。その理由は大きく分けて3つあります。

<走行台車のサプライヤーの納期が長い>
<自社設計製作したくても、設計や組立に要する人手が足りない>
<リニアガイドや減速機など、走行軸を構成する各種基幹部品の納期遅延>
このような状況はヨーロッパでも同じですが、ロボット走行軸の設備を早期導入したい場合、欧州の設備設計陣はどのような解決策をとっているのでしょうか?

1. ロボットを2台導入する
2. ガントリー式直交軸に切り替える
3. Rollonのロボット走行台車を利用する

詳細は資料をダウンロードしてください。ご不明な点はお気軽にお問合せください。

基本情報ロボット走行台車、走行軸の納期問題の解決方法

詳細は資料をダウンロードしてください。

価格 -
※お問い合わせください
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
発売日 取扱い中
型番・ブランド名 Rollonのロボット走行台車
用途/実績例 【用途】
■航空、空港関係
■鉄道車両
■医療機器
■産業機械
■パッケージング機器
■搬送システム
■ロジスティック 自動倉庫

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
※こちらのPDF資料は英語版です。

カタログロボット走行台車、走行軸の納期問題の解決方法

ロボット走行台車、走行軸の納期問題の解決方法

ロボット走行台車、走行軸の納期問題の解決方法 表紙画像

ロボットの可動範囲が足りないので、ロボットを走行台車に乗せて動かしたい。こんなニーズが高まっています。しかし、市場の要望に反して、導入には大きな困難が付きまとっています。その理由は大きく分けて3つあります。

ワーク搬送用2軸直交システム

ワーク搬送用2軸直交システム 表紙画像

RollonのPick and Placeは、2軸のアクチュエータを組み合わせた、走行軸と昇降軸用の標準システムです。
昇降軸先端に800kgまでの荷重を受けることができ、速度条件によって適した仕様をお選びいただけます。

ロボット走行台車

ロボット走行台車 表紙画像

ROLLONのロボット走行台車はロボットの可動範囲を拡大し、高速でロボットを移動できるシステムです。
2000kgまでのロボットを動かすことができ、7つのサイズから最適な仕様をお選びいただけます。

取扱企業ロボット走行台車、走行軸の納期問題の解決方法

Rollon_By Timken_RGB.JPG

Rollon S.p.A. (Japan)

【取扱製品】 ■リニアライン ■テレスコピックガイド ■リニアアクチュエーター ■アクチュエータシステムライン

ロボット走行台車、走行軸の納期問題の解決方法へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

Rollon S.p.A. (Japan)