株式会社陽和 配管部品の洗浄時間短縮によるコストダウン

配管部品の洗浄時間短縮によるコストダウン http://www.ipros.jp/public/product/image/d12/2000439104/IPROS4442366769780243954.jpg PFAビードレス溶着技術の紹介 ・接着剤や溶剤を使用せず、熱と圧力により、接合する為、溶着部からの不純物溶出の心配がありません。 ・配管部品のコンパクト化がはかれます。 ・部品点数の削減、配管施工の手間が大幅に削減でき、コストダウンが可能となります。 【こんなお悩みを解決!】 ■溶着部からの不純物の溶出/コンタミ残留が心配…  →接着剤や溶剤を使用せず熱と圧力によってのみ「接合」するPFA溶着技術で解決! ■コストダウンを図りたい…  →部品点数の削減、配管施工の手間・洗浄時間の大幅削減が可能 ■液体の液漏れを改善したい…  →溶着部分を平滑にする「PFA溶着」で解決! 株式会社陽和 素材・材料 > 高分子材料 > プラスチック
人工透析システム配管部品や飲料用配管部品などで実績あり!

「非粘着性(成分や汚れがくっつきにくいこと)」「高い耐熱性」「強酸・アルカリへの耐性」のフッ素樹脂の特長+陽和の加工技術にて、洗浄時間の短縮を実現。

・高粘土の液体の流れる配管部品の洗浄時間が短縮された。
・複数の飲料を製造する配管で、成分の付着がしないため、先に流れていた飲料の匂い残りが少なくなり、洗浄時間が短縮された。
・熱水での洗浄により、減菌したい。高温環境下で、滅菌したい。
・強酸・アルカリの洗浄液に耐性があり、洗浄時間が短縮された。

基本情報配管部品の洗浄時間短縮によるコストダウン

PFAビードレス溶着技術の紹介

・接着剤や溶剤を使用せず、熱と圧力により、接合する為、溶着部からの不純物溶出の心配がありません。
・配管部品のコンパクト化がはかれます。
・部品点数の削減、配管施工の手間が大幅に削減でき、コストダウンが可能となります。

【こんなお悩みを解決!】
■溶着部からの不純物の溶出/コンタミ残留が心配…
 →接着剤や溶剤を使用せず熱と圧力によってのみ「接合」するPFA溶着技術で解決!
■コストダウンを図りたい…
 →部品点数の削減、配管施工の手間・洗浄時間の大幅削減が可能
■液体の液漏れを改善したい…
 →溶着部分を平滑にする「PFA溶着」で解決!

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ・人工透析システム配管部品
・業務用洗浄機部品
・飲料製造用バルブ部品
・半導体製造装置部品
など

詳細情報配管部品の洗浄時間短縮によるコストダウン

【成型継手+チューブの分岐配管】
自社で継手パーツを成型し、それらを組み合せて配管を製作することが可能ですので量産性にも適しています。
構想段階から試作~量産までトータルでサポートいたします。

切削部品との組合せにより、多連のマニホールドをコンパクトに製作することが可能です。
切削部品は金型が不要なため、小ロット品の生産にも対応いたします。

【マニホールド継手】
インジェクションだけでは不可能な形状を独自の溶着加工を組み合わせることにより実現します。
従来のエルボやチーズ等継手同士の配管接合に比べ、70%のダウンサイジングが可能となり、配管スペースのコンパクト化に貢献します。
独自技術のビードレス溶着Ⓡにより、凹凸の少ない滑らかな流路内面を形成し、かつリークの不安を解消し信頼性の向上を実現しました。
(株式会社フロウエル様 60シリーズWSタイプにご採用)

カタログ配管部品の洗浄時間短縮によるコストダウン

取扱企業配管部品の洗浄時間短縮によるコストダウン

陽和 イメージ画像.PNG

株式会社陽和

エンジニアリングプラスチックの精密切削加工等による工業用機能部品の製造 ・フッ素樹脂については、素材成形、精密切削、溶着などその加工技術に特化しています。 ・フッ素樹脂のほか、ベスペル、PBIなど高機能樹脂も幅広く加工します。

配管部品の洗浄時間短縮によるコストダウンへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社陽和

配管部品の洗浄時間短縮によるコストダウン が登録されているカテゴリ