のむら産業株式会社 新型チューブロール用自動計量包装機『FLS-66』

袋詰め作業の省力化に。様々なチューブロール包材に対応。メンテナンスも容易

『FLS-66』は、チューブ状の巻取りロールフィルムを使用し、
下部をシール・カットし被包装物を充填した後、上部をシールする機械です。

6ポジションロータリー式を採用し、最大20袋/秒の生産能力を達成しました。
内面が露出せずに包装できるため、異物混入のリスクを抑制可能。
幅150mm~300mm、長さ260mm~500mmと様々な袋サイズに対応しており、
タッチパネル操作で簡単にサイズ変更が行えます。

各ユニットが独立しているためメンテナンスも容易。袋詰め作業の省力化に貢献します。

【特長】
■薄い袋でも包装可能
■衛生性・清掃性に配慮したフラットな床面
■導入後のオプション取り付けも容易

※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

★FOOMA JAPAN 2022に出展いたします。
会期:2022年6月7日(火)~6月10日(金)
場所:東京ビッグサイト
小間番号:1C-12
当日は『FLS-66』や脱プラスチックを意識した機器などを展示予定です。
是非お立ち寄りください。

基本情報新型チューブロール用自動計量包装機『FLS-66』

【FOOMA JAPAN 2022出展品】
■新型パッカー『FLS-66』
 6ポジションロータリー式チューブロール用自動計量包装機
■フィーダー計量器
 被計量物の幅が広い手受け型振動計量器
■機能性包材
 ・チャック付サイドガゼットロール袋『GZR』
 ・環境に配慮した紙製バリア素材『シールドプラス』
 ・石灰石を主成分とした新しい素材を使用した『PLASTONE』
 ・国産バイオマス原料のプラスチック樹脂(ライスレジン)を配合した『ライスフィルム』

※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

用途/実績例 ※詳しくはPDFをダウンロードしてください。

カタログ新型チューブロール用自動計量包装機『FLS-66』

取扱企業新型チューブロール用自動計量包装機『FLS-66』

logo.PNG

のむら産業株式会社 本社

【主要営業品目】 ■包装資材事業  ・米穀精米袋を中心とする、食品包装資材の企画開発及び販売  ・規格米袋の企画及び販売  ・その他一般包装資材の販売 ■包装機械事業  ・米穀用自動計量包装機を中心とする、計量包装機械の企画開発及び製造販売  ・精米工場の出荷システムの提案及び施工

新型チューブロール用自動計量包装機『FLS-66』 が登録されているカテゴリ