キヤノンプレシジョン株式会社 光学式エンコーダ『PHシリーズ』※解説資料をプレゼント

小型・軽量で最小分解能は0.0625μm。取り付け・調整が容易でお客様の製品の小型化や高精度化が可能!

『PHシリーズ』は、光学センサICと専用信号処理IC、専用スケールの組み合わせにより
小型・軽量・高分解能を実現した光学式エンコーダです。

大手サーボモータメーカの通信仕様を標準実装しており、現行システムへの接続が容易。
また、アライメント許容値が広く、取り付け・調整にかかる時間を短縮可能です。

インクリメンタル・アブソリュートの2種類の出力方式をラインアップしており、
インクリメンタル方式では、同期原点出力に対応。
アブソリュート方式ではシンプルな検出方式の採用により低消費電力化を実現しています。

【特長】
■エンコーダヘッドは基板タイプ・カバー付きタイプを用意
■基板タイプのサイズは縦13.5mm、横26.5mm、重さは約1.6g
■インクリメンタルまたはアブソリュート選択可能(工場出荷時に設定済み)
■自動偏心キャンセル機能による産業用ロボットの精度向上などに

★製品カタログのほか、エンコーダの基礎知識や本製品のメリットを
 解説した資料を進呈中。「PDFダウンロード」よりご覧ください。

基本情報光学式エンコーダ『PHシリーズ』※解説資料をプレゼント

【基本仕様】
■最小分解能(リニア):62.5nm
■分解能(ロータリー):23bit(外径Φ100スケール適用時)
■最大応答速度:アブソリュート
・シリアル通信(リニア):12.8m/sec
・シリアル通信(ロータリー):2500rpm(外径Φ100 スケール適用時)
■最大応答速度:インクリメンタル
・シリアル通信(リニア):12.8m/sec
・ABZ 矩形波出力(リニア):0.25~12.8m/sec(分解能による)
・シリアル通信(ロータリー):2500rpm
・ABZ 矩形波出力(ロータリー):50~2500rpm(分解能による)
(外径Φ100 スケール適用時)
■電源電圧:DC 5V±10%
■最大消費電流:170mA
■取付Gap 調整範囲:0.8(1.0*)±0.5(* 基板形態時)
■動作温度範囲:0 ~70℃(結露なきこと)
■保管温度範囲:-20 ~ 80℃(結露なきこと)

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

カタログ光学式エンコーダ『PHシリーズ』※解説資料をプレゼント

取扱企業光学式エンコーダ『PHシリーズ』※解説資料をプレゼント

canonpre_image.jpg

キヤノンプレシジョン株式会社 東京営業所

・モーションコントロール(精密マイクロモータ・超音波モータ  及び制御システム)機器の開発・製造・販売 ・センサー類のクリアモールドパッケージの製造 ・LBP・小型複写機用トナーカートリッジの製造

光学式エンコーダ『PHシリーズ』※解説資料をプレゼントへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

キヤノンプレシジョン株式会社 東京営業所

光学式エンコーダ『PHシリーズ』※解説資料をプレゼント が登録されているカテゴリ