株式会社信州TLO 休眠誘導による害虫防除

カイコの休眠誘導の研究をもとに、害虫の防除に応用します。対象となる害虫以外への影響が小さいという特徴があります。

カイコをはじめとして多くの昆虫は特定の発育ステージで休眠します。この休眠により通常の発育を停止します。人為的に休眠の誘導をコントロールできれば、害虫を防除することができ、害虫の被害を減らすことができます。
・越冬期の休眠を妨害! ⇒ 寒さで死滅。
・作物の生産時期に休眠! ⇒ 作物の食害を低減。

基本情報休眠誘導による害虫防除

・信州大学繊維学部 塩見邦博先生の研究成果です。
・休眠をコントロールするホルモン等により、昆虫の活動を制御する新規農薬を開発します。
・対象となる害虫と、防除のタイプ(休眠、休眠妨害)により、具体的な対応方法が異なります。したがって開発要素があり、研究者との共同開発が必要となります。
・共同開発にあたっては、作業分担、費用等について、調整いたします。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ・農産品の生産現場での害虫対策
・不快害虫の被害低減
・雑草など不要植物の対策

カタログ休眠誘導による害虫防除

取扱企業休眠誘導による害虫防除

トップ画像1.JPG

株式会社信州TLO

■技術移転サービス ・研究者、技術情報(特許など)の紹介 ・研究者による技術指導の調整 ・共同研究、委託研究の仲介 ・特許の取得、権利化の支援 ■事業化支援サービス ・助成金事業の斡旋・受託 ・講演会、基礎講座等の実施 ・企業と研究者との交流支援

休眠誘導による害虫防除へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社信州TLO

休眠誘導による害虫防除 が登録されているカテゴリ