株式会社MHIパワーコントロールシステムズ 汎用型紫外線式火炎検出器『YOKA-FD』

長寿命センサの採用でメンテ工数削減。ガス・オイルの両火炎を安定検出。高温環境にも対応

『YOKA-FD』は、産業用ボイラやガスタービン、
加熱炉・燃焼炉などに用いる汎用型紫外線式火炎検出器です。

火炎検出センサに長寿命な半導体素子(シリコンフォトダイオード)を採用。
定期交換が不要でメンテナンス工数・コストを削減できます。

検出波長を近紫外線領域とすることで、ガス・オイルの両火炎を安定検出。
高耐熱仕様の電子部品を採用しており、センサ冷却設備がない炉にも設置できます。

【特長】
■様々な条件下で使用でき、失火防止に貢献
■センサは最高125℃の高温環境下で使用可能
■防爆型・非防爆型を選択可能
■「感度調整機能」「火炎有無の判定しきい値調整機能」搭載
■近紫外線領域を検出するため、低Nox運転時でも火炎を安定検出

※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

基本情報汎用型紫外線式火炎検出器『YOKA-FD』

【製品仕様】
<センサ>
 検出波長:280~380nm
 熱線識別能力:1000℃の輻射光は火炎として見做さない
 許容温度:-20℃~+125℃
 出力信号:DC0~10V
 供給電源:火炎判定器より供給
 寸法・重量:(非防爆型)外径φ76×L120.5mm、0.74kg
       (防爆型)外径φ130×L231mm、約3kg
<火炎判定機>
 許容温度:0~+60℃
 火炎輝度レベル出力:DC0~11V
 供給電源:AC85~265V(47~440Hz)
      DC110~340V
 寸  法:L150×W130×D105mm
 重  量:約1.3Kg

※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

カタログ汎用型紫外線式火炎検出器『YOKA-FD』

取扱企業汎用型紫外線式火炎検出器『YOKA-FD』

J_ControlSystems_Lockup.png

株式会社MHIパワーコントロールシステムズ

■制御システムのトータルエンジニアリング  ・基本計画、詳細設計  ・ハードウェア設計  ・ソフトウェア設計  ・検証・試運転調整  <対象となるシステム> 1.火力発電プラント・タービン、 2.風力地熱発電、3.船舶、 4.ゴミ焼却設備、5.ガスエンジン、6.地域冷熱、7.交通システム、 8.H2/H3ロケット発射台、他 ■DCS、PLCの製作 ・DIASYS Netmation4S  ・PLC計装、PLCエンジニアリングツールCFOLET ■火炎検出器、シミュレータ ■アフターサービス ■IoT/AIソリューション ・AIエンジン開発、ビックデータ解析 ・データ収集IoTサービス ・初期分析(AI適用サービス導入判断) ■電力デマンド予測サービス ■エネルギーマネジメントソリューション ■制御システムセキュリティ  ・セキュリティコンサルティング  ・OT系セキュリティアセスメント  ・セキュリティ対策講座 所在地:本社、横浜事業所、高砂事業所、長崎事業所

汎用型紫外線式火炎検出器『YOKA-FD』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社MHIパワーコントロールシステムズ

汎用型紫外線式火炎検出器『YOKA-FD』 が登録されているカテゴリ