株式会社信州TLO グラフェン分散液の製造方法

表面酸素濃度を広範囲に制御することができるグラフェン分散液の製造技術です。

従来、グラフェン製造方法には気相法又は剥離法が用いられています。
気相法では結晶性の高いグラフェンを製造できるますが、高コストという課題があり、剥離法では低コストですが、結晶性が低いグラフェンとなってしまうという課題がありました。

本技術は、水-疎水性イオン液体2液相系での黒鉛の電気化学的剥離により、酸素含有量の低い部分酸化グラフェンを疎水性イオン液体中に均一に分散させる方法です。

【技術の特徴】
 ・2液相系(水ー疎水性イオン液体)電気化学的剥離法
 ・表面酸素濃度10%以下により、再還元処理が不要
 ・表面酸素濃度の制御が可能

材料の黒鉛電極には幅広い材料が適用可能であり、イオン液体を再利用可能な形にするなどの検討を行うことで、大幅な製造コストの低減が期待できます。

基本情報グラフェン分散液の製造方法

本技術は宇都宮大学の研究成果です。

実用化に向けた共同研究開発を実施していただける企業を探索しています。

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせください。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 【予想される応用先】
 ・導電性・熱伝導性フィラー剤
 ・電極材料
 ・センサー材料 など

カタロググラフェン分散液の製造方法

取扱企業グラフェン分散液の製造方法

トップ画像1.JPG

株式会社信州TLO

創業以来、様々な企業の事業化支援を行ってきました。 大学等で開発された技術の事業化、補助金を活用した新規事業の立ち上げなど、豊富な経験と実績があります。 御社の製品/技術開発/研究に適した、研究者や技術シーズをご紹介いたします。 ぜひ、お気軽にお問い合わせください。 ■技術移転サービス ・研究者、技術情報(特許など)の紹介 ・研究者による技術指導の調整 ・共同研究、委託研究の仲介 ・特許の取得、権利化の支援 ■事業化支援サービス ・助成金事業の斡旋・受託 ・講演会、基礎講座等の実施 ・企業と研究者との交流支援

グラフェン分散液の製造方法へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社信州TLO