社団法人SDKI 救急医療アプリの市場調査報告書

緊急医療アプリ市場は、2033年には2,515.1百万米ドルに達すると予測されています。

この市場の成長は、スマートフォンの普及、3Gおよび4Gネットワークの普及拡大、患者中心の医療提供への注目の高まり、緊急医療アプリが提供するメリットなど、多くの要因に影響を受けています。しかし、消費者向けインスタントメッセージングアプリの幅広い利用、いくつかの国におけるインターネット接続性の低さ、AndroidおよびAppleストアにおける分類違いのアプリの多さが、予測期間中の同市場の成長を抑制する主な要因となっていると思われます。

"病院後のアプリは、予測期間中に最も高いCAGRを記録すると予想されます。"

世界の緊急医療アプリ市場は、タイプに基づいて、病院前の緊急医療&トリアージアプリ、病院内のコミュニケーション&コラボレーションアプリ、病院後のアプリに区分されます。この成長は主に、患者の間で薬物管理を行うためのモバイルアプリに対する認識が高まっていることと、病院後のケアでリハビリサポートを必要とする脳卒中、外傷、心臓病患者の増加による薬物管理&リハビリアプリの需要増に起因しています。

基本情報救急医療アプリの市場調査報告書

緊急医療アプリ市場は、臨床領域別に外傷、脳卒中、心疾患、その他の臨床領域に区分される。脳卒中分野は、脳卒中患者の増加、EMSやリハビリ施設で使用される脳卒中専用アプリを提供するプレイヤーの増加により、今後5年間で最も高い成長率が見込まれます。

"ラテンアメリカは予測期間中に最も高い成長を目撃すると予測されています。"

ラテンアメリカの緊急医療アプリ市場は、今後5年間で最も高い成長率を示すと予測されています。大規模で分散した人口に普遍的な医療を提供しながら、全体的な医療費の削減に向けた焦点の高まりは、ラテンアメリカの緊急医療アプリ市場の成長に大きく寄与するものの1つです。

同市場における有力企業は、Allm(日本)、Pulsara(米国)、Vocera Communication(米国)、PatientSafe Solutions(米国)、Voalte(米国)、Twiage(米国)、TigerConnect(米国)、Imprivata(米国)、Siilo(オランダ)、Forward Health(英国)である。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 プロダクトID 61511、出版社 RNPL
用途/実績例 当レポートでは、タイプ、臨床領域、地域などのセグメント別に緊急医療アプリの市場規模や今後の成長性を分析・推計することを目的としています。また、主要企業の企業概要、製品提供、最近の開発状況、主要な市場戦略などとともに、詳細な競合分析も行っています。

本レポートは、既存企業だけでなく、新規参入企業や中小企業にとっても、市場の脈拍を計る上で有益なものとなるでしょう。本レポートを購入された企業は、以下の5つの戦略を組み合わせることで、より大きな市場シェアを獲得することができます。

市場のトッププレイヤーが提供する製品ポートフォリオに関する包括的な情報。当レポートでは、世界の緊急医療アプリ市場をタイプ別、臨床領域別、地域別に分析しています。

有利な新興市場に関する包括的な情報。本レポートでは、地域別に様々な緊急医療アプリの市場を分析しています。

取扱企業救急医療アプリの市場調査報告書

shibuya_cerulean_tower_2_tokyo.jpg

社団法人SDKI SDKI

市場調査レポート、調査、経営コンサルティング、市場製品調査

救急医療アプリの市場調査報告書へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

社団法人SDKI SDKI

救急医療アプリの市場調査報告書 が登録されているカテゴリ