強度、耐食性、耐熱性、ばね疲労特性に優れたばね用ステンレス鋼線
強度、耐食性、耐熱性、ばね疲労特性に優れたばね用ステンレス鋼線 http://www.ipros.jp/public/product/image/262/204388006/IPROS6639922727470826600.jpg 【特長】 1.強度は、SUS304-WPBと同等です。 2.冷間伸線加工後でも、透磁率はりん青銅とほぼ同等です。 3.熱処理(低温焼きなまし)を施すことで、強度が大幅に向上します。 4.ばね疲労特性は、SUS304-WPBよりも優れております。 5.耐食性は非常に良好で、耐孔食性は、特に優れております。 6.耐高温へたり特性は、SUS631J1-WPCと同等以上の性能。 第一金属株式会社 素材・材料 > 金属材料 > 鉄鋼 NAS106N(日本精線株式会社) -
  • この製品 を
  • Twitterボタン

基本情報強度、耐食性、耐熱性、ばね疲労特性に優れたばね用ステンレス鋼線

【特長】
1.強度は、SUS304-WPBと同等です。
2.冷間伸線加工後でも、透磁率はりん青銅とほぼ同等です。
3.熱処理(低温焼きなまし)を施すことで、強度が大幅に向上します。
4.ばね疲労特性は、SUS304-WPBよりも優れております。
5.耐食性は非常に良好で、耐孔食性は、特に優れております。
6.耐高温へたり特性は、SUS631J1-WPCと同等以上の性能。

価格

-

価格帯

納期


※受注生産になっております。お問い合わせください。

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

NAS106N(日本精線株式会社)

用途/実績例

◆非磁性
→電子部品用ばね、検針機対策ばね
⇒りん青銅と比較して強度が高く、ばねの小型化・軽量化が可能。

◆耐食性
→薬剤ボトルスプレー用ばね等
⇒耐食性を活かし、耐薬品用途など、幅広い用途に展開が可能。

◆耐熱性
→自動車用(エンジン・排気系)等
⇒SUS631J1以上の耐高温へたり性能を活かした使用が可能。
※SUS631J1のような、長時間の析出硬化熱処理が不要。

よく使用される業種

樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、民生用電気機器、産業用電気機器、試験・分析・測定、IT・情報通信、医薬品・バイオ、製造・加工受託

カタログ強度、耐食性、耐熱性、ばね疲労特性に優れたばね用ステンレス鋼線

取扱会社強度、耐食性、耐熱性、ばね疲労特性に優れたばね用ステンレス鋼線

第一金属株式会社

あらゆるばね材料の販売及び材料加工を行います。 ◆金属材料の販売 ◇加工機器・周辺機器の販売 ●加工受託 ○加工品販売 ◆ピアノ線 ◆硬鋼線 ◆亜鉛めっき鋼線◆ばね用オイルテンパー線 ◆ばね用ステンレス鋼線 ◆ばね用ステンレス帯鋼 ◆ばね用ベリリウム銅、リン青銅及び洋白の板及び条          ◆ぶりき ◆みがき特殊帯鋼 ◆熱処理鋼帯(ベーナイト鋼帯、精密焼入れ鋼帯) ◆冷間圧延鋼板及び鋼帯 ◆溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯  ◆電気亜鉛めっき鋼板及び鋼帯 ◆鉄線 ◆針地用鋼線 ◆ステンレス線 ◆ステンレス鋼板及び鋼帯 ◆ベリリウム銅 ◆リン青銅及び洋白 ◆アルミニウム◆チタン  ◆マグネシウム合金 など ※線材は丸線の他、各種異形線もございます。 ※帯材は各種メッキを施して供給が可能です。 ◇アルカリイオン水洗浄システム など ●寸法切加工 ●面取り加工 ●尖頭加工 ●スリッター加工 ●シャーリング加工 ●熱処理加工 ●メッキ加工 ●バレル研磨加工  ●各種複合加工 など ○ばね(線ばね、板ばね) ○ピン ○各種金属加工品 など

強度、耐食性、耐熱性、ばね疲労特性に優れたばね用ステンレス鋼線へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

第一金属株式会社

強度、耐食性、耐熱性、ばね疲労特性に優れたばね用ステンレス鋼線 が登録されているカテゴリ

開く

分類カテゴリから探す
分類カテゴリから探す

  • 危険性流体のサンプリングを手作業で行っていませんか?
  • 暑い現場を5℃冷やす。霧+ファンの冷房装置『COOLJetter』

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • 建築建材インテリア(製造)
  • キーマンインタビュー