gSKIN(R) 熱流束センサー
gSKIN(R) 熱流束センサー http://www.ipros.jp/data/products/tmp/215769/008/img/vatell42.jpg 「gSKIN(R)」熱流束センサーは、エネルギー効率を高めるために、また、材料の品質を改良し製品に決定的に重要な機能性を加えために役立ちます。数ある中でも特に以下の分野で適用できます。 センサテクノス株式会社 電子部品・モジュール > 電子部品 > センサ BF-01型 BF-02型 BF-03型 BF-04型 ******
  • 薄い設計(厚さ 0.4mm)の熱流束センサー
    センサテクノス株式会社
    「gSKIN(R)」熱流束センサーは高感度、薄型で高い品質が要求される業務に適する、熱流束センサーです。センサー自身の表面を通過する熱流束を、超高感度な熱電対を用いて測定します。

    <「gSKIN(R)」熱流束センサーの特長>
    ・最小侵襲性 : 非常に薄いセンサーモジュールと均一のとれた熱抵抗が、大変精密で歪みのない熱流束値の測定を可能にしています。
    ・高感度 : 高い感度は測定可能な熱流束レンジを最大限に利用します。標準的な 電圧計で、-10 to +10 kW/m²の範囲で熱流束値を、分解能 0.5 W/m²で測定できます。
    ・高精度 : 高い精度は熱流束測定結果の解析を有意義で根拠の確かなものにし、生産工程や材料を大幅に改善します。

    □その他機能や詳細については、お問い合わせ下さい
  • シート状熱流束センサーの製品画像です
    画像をクリックして拡大イメージを表示
  • この製品 を
  • Twitterボタン

基本情報gSKIN(R) 熱流束センサー

「gSKIN(R)」熱流束センサーは、エネルギー効率を高めるために、また、材料の品質を改良し製品に決定的に重要な機能性を加えために役立ちます。数ある中でも特に以下の分野で適用できます。

価格

******
※詳細はお問合せください。

価格帯

納期

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

BF-01型 BF-02型 BF-03型 BF-04型

用途/実績例

■繊維/紡績産業
快適さを増加させ、熱の遮断/伝播を最適化することにより、繊維製品の価値を改善。大変薄い設計は、動的な環境での測定を可能にします。
■建築技術
お客様に体内(in-situ)/体外(in-vitro)熱流束測定およびより正確な貫通熱抵抗値 (R-Values)を通して、最適な建築材料を提供。建築構造体の熱流束測定により、また暖房および換気自動制御システムの熱流束測定により、建物のエネルギー効率を増加。ソーラモジュールから建物への熱伝達の最適化。
■実験装置
温度、容積当りの熱出力、添加速度、保持時間、反応速度の観点からの化学工程の特徴付けと最適化。熱断面図(Heat Profile)、エンタルピー、化学変換および工業工程に似た条件の下での熱移動。
■自動車産業
車の材料(例えばシートの織物)を最大限快適にし、暖房システムの効率を優れたも のにして、顧客の運転経験をいっそう良くする。燃焼および機械プロセスからの熱放出を測定し制御することにより、車の全体的な効率を改良する。
■電子産業
開発するためや適切な機能を制御/監視するために、IC チップからの熱放出や熱流束を測定する。

よく使用される業種

樹脂・プラスチック、産業用機械、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、自動車・輸送機器、試験・分析・測定、IT・情報通信、教育・研究機関

取扱会社gSKIN(R) 熱流束センサー

センサテクノス株式会社

超音波機器、圧力センサー、熱流束センサー、整流素子/整流器、柔軟ワイヤー等の輸入販売

gSKIN(R) 熱流束センサーへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

センサテクノス株式会社

gSKIN(R) 熱流束センサー が登録されているカテゴリ

開く

分類カテゴリから探す

  • SUSグリーンフレーム・SUSアルミフレームもミスミVONAで買える!
  • “迅速・柔軟・高信頼”最適な半導体製造装置を設計・製作

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー