東日ダイヤル形トルクレンチDB/DBE/DBRシリーズ
東日ダイヤル形トルクレンチDB/DBE/DBRシリーズ http://www.ipros.jp/public/product/image/719/23626002/IPROS9029650286343769754.jpg ■東日ダイヤル形トルクレンチDBの特徴は、ワイドなトルク測定範囲/軽量/高精度:±3%。 ■ワイドなトルク測定範囲:例えばDB200Nは20〜200Nm。 ■高精度:±3%(RD)、校正証明書付属。 ■ISO6789の校正手順に準拠。ISO基準を上回る4ポイント測定で校正を実施。 ■正・逆トルク測定可能。電池不要。 ■『いま、どの程度の力で締めているのか?』直感的にわかります。 ■ダイヤルインジケーターは大型で見易く、全周をプロテクタで覆っているため測定物に傷をつけません。 ■ダイヤル目盛は回転させることができるため、設定トルクに指針を合わせ、「0」で完了することも可能です。 ■プレート形に比べて変形量が少ないため作業者の疲労が軽減されます。 ■小トルク機種(12Nmまで)は小型アルミグリップの専用設計。 ■豊富なシリーズ:0.2〜6000Nmまでシリーズ19種類。(詳細はカタログをご覧ください) ◎安心の日本製。ISO9001認証取得の自社工場で生産されます。修理・校正も喜んで承ります。お問い合わせください。 株式会社東日製作所 測定・分析 > その他計測器 > その他計測・記録・測定器 DB/DBE/DBR カタログをご覧ください。
  • ISO6789よりシビアな校正を実施。ワイドレンジ・高精度(±3%)、東日のダイヤル形トルクレンチDB/DBE/DBRシリーズ
    株式会社東日製作所
    ◆ワイドレンジ!デジタルトルクレンチの約2倍のトルク測定範囲!電池切れ無し&簡単操作。シンプルな機械式トルクレンチです。■ダイヤル形トルクレンチDB/DBE/DBRシリーズ、CDB-Sシリーズ、T-Sシリーズはワイドな測定範囲で高精度。これを明らかにするために、東日では2007/9/25生産分から ISO6789 Type I Class B の校正手順(最大トルクの20%、約60%、100%の3点)より1点多い「最低トルク」を含めた4点で校正を行っており、合格した物のみ無償で校正証明書を発行・添付して出荷しています。■「高耐久性・小サイズ角ドライブ技術」を展開。ダイヤル形トルクレンチ DB25N-1/4-S、DB100N-3/8-S、DB280N-1/2-Sを2012/7/21から販売開始いたしました。■小型DB型トルクレンチ(DB1.5N4~DB12N4)はデジタルトルクレンチテスタの最小機種「DOTE20N」の計測範囲外で困った・・!そんな時にはデジタルトルクドライバテスタ「TDT3シリーズ」(※2012/6/1にモデルチェンジして新発売)とローディング装置「TDTLA3」の組み合わせで測定できます。
  • 東日ダイヤル形トルクレンチの製品画像です(上:DB12N4、中:DB100N、下:DBE700N)
    画像をクリックして拡大イメージを表示

基本情報東日ダイヤル形トルクレンチDB/DBE/DBRシリーズ

■東日ダイヤル形トルクレンチDBの特徴は、ワイドなトルク測定範囲/軽量/高精度:±3%。
■ワイドなトルク測定範囲:例えばDB200Nは20〜200Nm。
■高精度:±3%(RD)、校正証明書付属。
■ISO6789の校正手順に準拠。ISO基準を上回る4ポイント測定で校正を実施。
■正・逆トルク測定可能。電池不要。
■『いま、どの程度の力で締めているのか?』直感的にわかります。
■ダイヤルインジケーターは大型で見易く、全周をプロテクタで覆っているため測定物に傷をつけません。
■ダイヤル目盛は回転させることができるため、設定トルクに指針を合わせ、「0」で完了することも可能です。
■プレート形に比べて変形量が少ないため作業者の疲労が軽減されます。
■小トルク機種(12Nmまで)は小型アルミグリップの専用設計。
■豊富なシリーズ:0.2〜6000Nmまでシリーズ19種類。(詳細はカタログをご覧ください)
◎安心の日本製。ISO9001認証取得の自社工場で生産されます。修理・校正も喜んで承ります。お問い合わせください。

価格

カタログをご覧ください。

価格帯

納期


※東日のメーカー在庫と価格がホームページで確認できます。

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

DB/DBE/DBR

用途/実績例

※商品写真は東日ダイヤル式トルクレンチDB100Nです。
■検査用(増し締め、戻しトルク)
■精密締め付け、追い締め作業
■強度試験、最適締め付けトルクの調査/確認実験
■自動車・建設機械・航空機・重電・弱電・建築工事等あらゆる産業界でご愛顧いただいております。
■建設・土木:締付検査、ロックボルト工法など
■ワイドレンジ:デジタル式なら2本必要な物がDBなら1本で済みます。
■最大トルクの保持に便利な「置針付き」も標準で用意。
 置針付きモデルは、DB12N4-S のように、型式末尾に -S が付きます。
☆日本国内の航空機産業向けやアメリカ輸出用にはアメリカン単位(lbf・in等)もあります。詳細はカタログ『東日トルク機器製品案内-航空・宇宙-』をご覧ください。
☆アジア輸出用にはメトリック(kgf・m等)仕様の製作実績が多数あります。
◆測定トルク範囲が広い「ヘッド交換式ダイヤル形トルクレンチCDB-Sシリーズ」もあります。
◆シンプルで安価な「ヘッド交換式プレート形トルクレンチCSF/CFシリーズ」もあります。

よく使用される業種

化学、樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、自動車・輸送機器、航空・宇宙、試験・分析・測定、IT・情報通信、医薬品・バイオ、建築・土木・エンジニアリング、製造・加工受託、その他製造、倉庫・運輸関連業、情報通信業、医療・福祉、教育・研究機関、官公庁、サービス業、その他

詳細情報東日ダイヤル形トルクレンチDB/DBE/DBRシリーズ

東日のDB/DBE/DBRシリーズはワイドな測定範囲で高精度。その証は「校正証明書」に。

東日のダイヤル形トルクレンチDB/DBE/DBRシリーズはワイドな測定範囲の為、ISO6789 Type I Class B の校正手順(最大トルクの20%、約60%、100%の3点)より1点多い「最低トルク」を含めた4点で校正を行って、合格した製品だけ出荷しています。検査工数が増えますが、きちんとワイドレンジでの精度を確認しています。

小型のDB型トルクレンチの校正はどうやって・・?

小型DB型トルクレンチ(DB1.5N4~DB12N4)はデジタルトルクレンチテスタの最小機種「DOTE20N」の計測範囲外で困った・・!そんな時にはデジタルトルクドライバテスタ「TDT3シリーズ」とローディング装置「TDTLA3」の組み合わせで測定できます。当イプロスからTDT3とTDTLA3が掲載されたカタログ「製品案内」がダウンロードできますのでご覧ください。画像はSFでの測定イメージです。

オプションの「置針(おきばり)」

DBシリーズにはオプションで、最大値の読み取りに便利な「置き針」が付けられます。型式末尾に -S を付けて発注してください。
【ご指示の例】DB25N-S

東日の「DB/DBE/DBRシリーズ」はRoHS指令対応製品です。

東日のダイヤル形トルクレンチ「DB/DBE/DBRシリーズ」全機種は、欧州RoHS(特定有害物質の使用制限)指令に適合しており、グリーン調達や輸出管理が簡便になります。イプロスにて「東日総合製品案内」PDFがダウンロードできますので是非ご覧下さい。

カタログ東日ダイヤル形トルクレンチDB/DBE/DBRシリーズ

  • 航空機関連業界では米国製品や規格が多く、ヤード・ポンド単位のトルク機器を求められる事があります。この『東日トルク機器製品案内-航空-』は、納入実績の多いヤード・ポンド単位のトルク機器(トルクレンチ、トルクドライバ等)のトルク機器を集めたものです。
    ■電子ブックは非対応(PDFをダウンロードしてください)■

    【航空業界向けヤード・ポンド単位のトルク機器について】
    日本の計量法では、トルクの単位はSI単位(N・m)に定められ、SI単位以外の単位を取引および証明に使用する事を禁じられています。しかし一部例外としてヤード・ポンド単位製品の販売が可能な場合があります。
    1)航空機の運航/運輸に係る計量に用いる物
    2)航空機の部品に係る計量に用いる物
    3)自衛隊(一部航空関連に係る場合)

    【東日はヤード・ポンド単位製品の販売実績が膨大です】
    通常ヤード・ポンド単位製品の販売は経済産業省へ都度申請・承認が義務付けられています。東日は経済産業省より、600機種以上のヤード・ポンド単位製品について「包括承認」を受けているため、簡素化された手続きでの提供が可能で、膨大な実績があります。
    [PDF:581KB]
  • 【プラント・建設業界の施工管理者や生産技術担当者、商社営業マンは必見です】
    大型ボルトを全自動で高精度(精度5%)で締付けるAP2シリーズや専用反力受けUS/SAシリーズ、電動のDAPシリーズ、小さなトルクレンチの力をジャスト10倍(精度5%)で拡大するDECAシリーズ、大型プリセット形トルクレンチのグローバルスタンダード「QLE2シリーズ」、世界一の交換ヘッドの品揃えで作業効率がアップするヘッド交換式のCLE2シリーズ、配管やねじ鉄筋のトルク管理で定評のあるパイプレンチヘッドを搭載したPHL/PHLE2シリーズ、締付けトルク検査用のDBE/DBRシリーズ、Bluetoothで測定したトルクデータを無線伝送するCEM3-BTシリーズとデータ管理システム「TDMS」、トルシア型高力ボルトの軸力確認検査に実績多数の「BTMシリーズ」など掲載。その他『トルクレンチの正しい使い方』のイラストやトルクレンチの校正を掲載。
    【東日製作所は1956年に日本で初めてクリック式トルクレンチのQL形を開発したトルク機器の専業メーカーです。】
    ◆電子カタログに非対応。PDFの画像には東日Webサイトのリンクが多数あり
    [PDF:2MB]
  • クリック式無線データ伝送トルクレンチや、「締めた証拠」が後工程でも一目で分かるポカヨケ(締め忘れ防止)用のマーキングトルクレンチ、増し締め検査や締付けデータのトルク管理に実績のある『締付データ管理システムTDMS/TDMSHT』など、鉄道業界で使われているトルクレンチや軸力計を一纏めにいたしました。
    【電子ブックには対応していません。】
    【PDFのダウンロードをお願いいたします】
    [PDF:3MB]
  • 【自動車整備業界関係の商社の営業マンは必見です】
    大型車のホイールナットに定評のあるTW2シリーズ/DQLE2シリーズ、自動車等の修理・メンテナンスにはQL/QLE2シリーズ/回転角法締付け用のDWQLシリーズ、世界一の交換ヘッドの品揃えで作業効率がアップするヘッド交換式のCL/CLE2シリーズ、締付けトルク検査用のDB/DBEシリーズやSF/Fシリーズ、トルクレンチの日常点検に最適なデジタルトルクレンチチェッカ「ラインチェッカ(R) LC3シリーズ」などを掲載。その他、『トルクレンチの正しい使い方』のイラストや、トルクレンチの校正を掲載。
    【東日製作所は1956年に日本で初めてクリック式トルクレンチのQL形を開発した、トルク機器の専業メーカーです。】
    【1960年5月東日のトルクレンチが自動車整備機械工具推奨品に指定されました。 日本の自動車整備におけるトルクレンチの歴史は東日の歴史です。 】
    [PDF:2MB]
  • 【2017/9の最新価格表付き】ダイヤル形トルクレンチDB/DBE/DBRシリーズと、ヘッド交換式ダイヤル形トルクレンチCDBシリーズ、T状のダイヤル形トルクレンチT-Sシリーズのカタログです。※DB-S(置針付き)も掲載。
    ☆従来のDBより角ドライブ寸法が1サイズ小さい、DB25N-1/4-S、DB100N-3/8-S、DB280N-1/2-Sもあり、ソケットの交換頻度の高いお客様には、大きなコスト削減効果が狙えます。
    【PDFの製品画像や仕様表をクリックすると、東日Webサイトの該当製品情報ページが1発で開き、寸法図など詳細情報を簡単にご覧いただけます。】
    [PDF:330KB]
  • プロトルクは、製造業で絶大な実績のある検査用デジタルトルクレンチCEM3シリーズと同等の測定速度の回路を新規設計し搭載しました。プリセットトルク値を10点登録できるので、単能形トルクレンチ10本をプロトルク1本に纏める事も可能です。
    2010/7/21からデータ通信機能も標準搭載し改良新発売。価格は据え置きです。
    オプションの通信ケーブルも掲載してあります。
    [PDF:634KB]
  • 誰でも・簡単に、今締まっているトルクが『増締め』で分かる!東日独自のアルゴリズム「T点法」の簡単な解説付き。シリーズ構成も全8機種と最適な作業性のツールをお選びいただけます。
    カタログには【最新の207.09版】価格表も掲載。またPDFには東日WebサイトのURLがリンクされており、クリック1発で東日WebサイトのCTB2詳細情報をご覧いただけます。
    [PDF:247KB]
  • 【カタログPDFには、東日Webサイトの詳細製品情報へのリンクがあります】
    ■CEM3-Pシリーズは測定部位と測定結果(トルク)をID管理する締め付け検査用のデジタルトルクレンチです。
    ■LCD表示部に測定部位名称を、LED表示部にトルクを表示します。
    ■検査部位情報を表示するので、締付部位の確認が簡単。
    ■締付検査順序を登録すれば、順番に検査部位を自動表示し検査効率が向上します。
    ■部位情報には大文字アルファベット等、最大6文字の入力・表示できます。
    ■付属のアプリケーションPCソフトで部位情報データが簡単に作成・管理できます。
    ■「標準検査用ソフトウエア」を開発・組み込んだので、オーダーメイドの高度なデータ管理システムと比べ、導入しやすい価格を実現しました。
    ■締め付けトルクの合否判定機能を内蔵。締めたその場で確認できます。
    ■EU圏でも安心して使えるCEマーク付き。英文仕様の付属PCソフトもあります。
    ■基本仕様はデータトルクCEM3に準じます。
    ■ISO6789を上回る精度±1%+1digit。ISO6789校正手順に準拠。
    ■安心の日本製、修理・校正・特殊仕様にも対応します。
    [PDF:2MB]
  • 【最新価格を掲載した2017.09版】東日のシンプル・ローコストなプレート形トルクレンチ「F型トルクレンチ」のカタログです。小型のSF、中容量のF、大型のFRを掲載。その他ヘッド交換式のCSF/CFシリーズとラチェットヘッド付のQF/QFRも掲載。
    ☆PDFをクリックすると東日Webサイトの該当製品情報画面が開き、詳細情報が簡単にご覧いただけます☆
    機構部分が少なく損耗・劣化が少なく@8850円から。
    締め付け作業も計測作業にも使用可能な、標準的なトルクレンチです。
    シリーズラインナップも豊富で8cNmから6000Nmまで23機種!
    東日はトルク機器の専業メーカーですので、トルクレンチはもちろん校正用のトルクレンチテスターや日常点検用のトルクレンチチェッカーも製造・販売しています。
    [PDF:291KB]
  • 本カタログには、QL/QL5/QLE2/QL-MHが掲載されております。価格表付き。大型トルク目盛のQL/QL5も掲載。
    P7-P8は東日トルク機器総合製品案内を抜粋。カラーリングや保護カバーの紹介もあります。
    【運用コストを減らせる!】角ドライブ寸法が従来品より1サイズ小さい、QL25N-1/4、QL100N4-3/8、QL280N-1/2も掲載。ソケットも小さくなり、一般的に価格が安くなります。
    東日のラチェット付プリセット形トルクレンチ「QL/QLE2シリーズ」、「QL-MHシリーズ」全機種は、欧州RoHS(特定有害物質の使用制限)指令に適合しており、グリーン調達や輸出管理が簡便になります。もちろんISO6789の校正手順に準拠した校正証明書も添付しています。
    型式枠あるいは製品画像をクリックすると東日Webサイトにてさらに細かな製品情報がごらんいただけます。
    [PDF:4MB]
  • 【2017/03版・価格表付き】全自動トルクレンチテスターTFとTCC2のカタログです。
    【TFの特長】
    ◆東日全自動デジタル形トルクレンチテスター「TFシリーズ」は、PC制御により自動測定・自動判定・データ処理を行う、高精度な集中管理システム用のトルクレンチテスターです。
    ◆測定するトルクレンチの型式を登録しておけば、機種を選択してスタートボタンを押すだけで自動測定開始し、合否判定を行います。
    【TCC2の特長】
    ◆ワイドレンジ:DOTE3シリーズの2機種分以上を1台に集約
    ◆高精度:精度1%+1digit ※DOTEの1digit(1目盛り)と比べてください。
    ◆工具管理機能搭載:校正に必要な「工具管理機能」を搭載。業務の一貫した効率化が実現できます。
    ◆カラータッチパネルで簡単操作!:アイコンを多用し操作が直感的に行えます。
    ◆トルクレンチだけではありません!:TCC100N2-Dはトルクドライバの測定も可能です。
    PDFの画像には東日Webサイトへのリンクがあり、画像をクリックすると詳細情報がご覧いただけます。
    ◆TCC2用校正装置TCCTCL2は、校正装置カタログにあります。
    [PDF:295KB]
  • トルクハンドブックVol.8のダイジェスト版です。
    無料進呈いたします。【お問い合わせフォーム】からご請求ください。
    ◆ダイジェスト版目次◆
    P1:表紙 P2:総合目次 P3-4:品質の追求 
    P5-6:品質を支える確かなものづくり(大森工場のポカヨケ事例もあります) 
    P7:あらゆるところに東日のトルクソリューション
    P8:東日65年の歴史は日本のトルクツールの歴史。
    P9-10:製品サービス(研究開発体制・耐久性/トルク計測/信頼性の研究)
    【技術資料編(目次ページ)】
    P11:トルク P12:ねじ締付け P13:締付トルクの検査
    P14:締付けの信頼性(ポカヨケ関連情報を多数掲載)
    P15:締付け工具の選定 P16:計測器としてのトルク機器
    P17:トルク機器の保守 P18:ねじ P19:規格・規制 P20:便利帳
    【製品情報編】
    P21:東日のトルクレンチの特長 (1)高精度、(2)高耐久性能、(3)安心の供給体制
    P22:東日なら4つのタイプのトルクレンチで作業が最適に行えます。
    P23-24:ラチェット付プリセット形トルクレンチQL(0.4~25N・m)シリーズ
    [PDF:5MB]
  • トルクレンチはノギスやマイクロメーターと同じ計測器です。
    正確に測るためには、ご使用になるトルクレンチが正しい値を示していることが重要です。その為には定期的に校正を行い、正しい値と比較することが必要です。
    校正して精度が悪い場合には、修理や調整が必要となります。
    東日製作所ではトルクレンチの製造だけでなく、校正する為のトルクレンチテスターの製造やテスター用校正装置の販売、さらにテスターによるトルクレンチの校正と修理が出来るようにするセミナー「トルク講習会」を定期的に開催し、お客様の品質向上に役立つ一貫したサービスを提供しています。
    [PDF:2MB]
  • 東日トルク機器総合製品案内2017.09版は、東日のトルク管理用製品を網羅した『最新の価格表付カタログ』です。新製品では、いままで対応が困難だった小型の有線式MSトルクレンチ用の無線発信機T-FHPを掲載。(P25)その他規定トルクで締めた証拠をナットに残す「単能形スパナ交換ヘッド式マーキングトルクレンチMCSPシリーズ」では、六角穴付きボルト(キャップスクリュー)用の特殊交換ヘッド(P29)を掲載.また延べ参加者は約2600社/約7000名を超えた、「東日トルク講習会」の2018年/5月までのスケジュールと申込書(P76-77)も掲載。好評により大阪と名古屋でも「トルクドライバの修理/校正コース」を定期開催します。PDFでは多くの製品画像や仕様表などに東日Webサイトの対応する製品ページへのリンクが貼ってあり、クリックすると簡単に東日Webサイトの詳細情報がご覧いただけます。【※電子ブックには非対応です】
    [PDF:22MB]
  • 【約150万本締付けて『締め忘れゼロ』!】※東日製作所の「締付け保証システム」を導入約2年半後、導入御担当者様の生の声です。

    ◆東日の「締付保証システム」は、様々な課題に対応すべく開発された製品や、製品単体で解決不可能な問題にも「製品の組み合わせ」や、「システム」さらには「システムの組み合わせ」で全世界で対応できます。また要求品質やコストに合わせて、お客様の製造部門のネットワークに接続するデータ管理システムの納入実績があります。
    [PDF:984KB]
  • 【2017.09版】P2には実際の講習会風景画像、P3に受講者の業種・職種とコースのご案内、P5-6に2018/5までの講習会スケジュールと申込書を追加。
    ■東日トルク講習会は、トルク管理・トルク機器メンテナンス・トルク機器の選定など、ねじの締め付けなど業務のご担当者様にとって必要な事を説明・解説します。
    ■最近トルク機器の校正・修理の為に受講するお客様が増えてきました。東日のトルクレンチ/トルクドライバは、校正後の調整が簡単に行えるように『調整機構』を備えているので、校正・調整により新規購入費が抑えられます。
    ◆トルクドライバ/レンチの校正後の「再調整や修理」をされる際には、是非受講していただきたいのが【修理・校正コース】です。
    ※大阪/名古屋でトルクドライバの修理校正コースを新設しました。
    ■【東日トルク講習会】では製造業の『ねじ締結』で多用されるトルク機器を使用・管理する方々や東日製品を扱う商社・販売店様向けに、『実際の現場ですぐに業務で役立つ講習会』としてのコースもあります。
    ■ご要望に応じてお客様の事業所にてオーダーメイドの『出張トルク講習会』も承ります。【電子ブック非対応】
    [PDF:2MB]
  • ダイヤル形トルクレンチDB/DBEシリーズ(トルク容量が1.5~2800Nm)を集めたカタログです。
    【DB/DBEシリーズ】の特長
    □ワイドレンジ:例えばDB200Nは測定範囲が20~200Nm。
    □高精度:全機種±3%(RD)
    □軽量:例えばDB200Nは約1.0kg。
    □ISO6789以上の校正を実施。
    ■表紙はDB100N-S。最大値の読み取りに便利な「置針(おきばり)」の説明付き。
    ■その他、表紙に小型のDB12N4-Sや大型のDBE700Nを掲載。
    ■裏面は仕様表と使い方の簡単な説明、関連製品でヘッド交換式ダイヤル形トルクレンチCDB-Sシリーズのご紹介。
    ■PDF内には東日Webサイトのリンク付き。クリックするだけで詳細情報をご覧いただけます。
    ■電子カタログに非対応。ダウンロードしてご覧ください。
    [PDF:241KB]
  • 【2017/8発行】トルクレンチテスタTCC2シリーズの単品カタログです。
    【TCC2の特長】
    ◆ワイドレンジ:DOTEシリーズの2機種分以上を1台に集約
    ◆高精度:精度1%+1digit ※DOTEの1digit(1目盛り)と比べてください。
    ◆工具管理機能搭載:校正に必要な「工具管理機能」を搭載。業務の一貫した効率化が実現できます。
    ◆カラータッチパネルで簡単操作!:アイコンを多用し操作が直感的に行えます。
    ◆トルクレンチだけではありません!:TCC100N2-Dはトルクドライバの測定も可能です。
    PDFの画像には東日Webサイトへのリンクがあり、画像をクリックすると詳細情報がご覧いただけます。
    ◆TCC2用校正装置TCCTCL2のカタログは、校正装置カタログにあります。
    ※電子ブックに非対応。PDFをダウンロードしてご覧ください。
    [PDF:916KB]

取扱会社東日ダイヤル形トルクレンチDB/DBE/DBRシリーズ

株式会社東日製作所

■手動式・動力式 トルク機器  トルクレンチ、トルクドライバ、ヘッド交換式トルクレンチ用専用交換ヘッド、半自動/全自動トルクレンチ「エアトルク」、半自動電動トルクレンチ、空圧/電動ナットランナー、ポカヨケトルクレンチ、ポカヨケトルクドライバ、マーキングトルクレンチ、絶縁トルクレンチ/絶縁トルクドライバ、10倍トルク増力装置、倍力装置内蔵大型車ホイールナット締付け用トルクレンチ等 ■機械式・電子式 トルク計測機器  トルクゲージ、トルクメータ、トルクレンチテスタ、トルクドライバテスタ、トルクチェッカ、トルクセンサー、油圧式軸力計、超音波軸力計、無線データ転送トルクレンチ、回転角法締付け用デジタルトルクレンチ、増し締め検査用デジタルトルクレンチ等 ■軸力安定化材「Fcon(エフコン)」 ■締付け装置(多軸締付け装置など)、トルク計測システム ■ソフトウエア(工具管理システム、締付け保証システムなど) 以上の製造・販売を全世界に行っています。 ■デジタルトルクレンチテスター「DOTE3シリーズ」の校正(JCSS対応校正証明書の発行、不確かさ校正証明書の発行)を2012/5/21から開始しました。

東日ダイヤル形トルクレンチDB/DBE/DBRシリーズへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社東日製作所

東日ダイヤル形トルクレンチDB/DBE/DBRシリーズ が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • 断水不要!ネジを締めるだけで配管の水漏れが直る!児玉工業の圧着ソケット
  • 宮城のものづくり企業特集

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー