デジタルトルクドライバテスタTDT3シリーズ
デジタルトルクドライバテスタTDT3シリーズ http://www.ipros.jp/public/product/image/f44/23626014/IPROS2522224239891674327.jpg 【東日トルクドライバーテスターTDT3が高精度な理由!】測定対象のトルクドライバーを『垂直に、オフセットを小さく保持するローディング装置がある』からです。ローディング装置が無ければ当然測定物が傾き、誤差(試験するトルクドライバーが発生するトルクとテスターが表示するトルクの差)が非常に大きくなります。 ☆東日はトルク機器の専業メーカーですので、『試験条件の定まらない』ものは【トルクドライバテスタ】と呼びません。 ■従来品TDT2シリーズより分解能を2倍向上。■ワイドレンジで多機種のトルクドライバが測定可能。■測定データは最大1000メモリー■RS232C(準拠)のD-SUB9ピンコネクタとUSB(Bタイプ)の2端子を装備。PCのポート形状の心配が減ります。■電源はAC100~240V±10%、CEマークつきのグローバル設計。■付属のローディング装置は使用頻度の高い、作業用クリック式トルクドライバ用の「STA」に絞って価格を圧縮。(オプションで改良型の直読式トルクドライバ用ローディング装置の「LTA」があります)■測定精度:±1%+1digit、校正証明書付き。■TDT3用の校正装置も用意しています。 株式会社東日製作所 測定・分析 > その他計測器 > その他計測・記録・測定器 TDT3シリーズ 270000円
  • 従来品の2倍の分解能。ローディング装置を改良し、校正誤差要因を徹底的に低減して安価。東日のデジタルトルクドライバテスタTDT3。
    株式会社東日製作所
    東日製作所は1956年に日本で初めてクリック式トルクレンチのQL形を開発したトルク機器の専業メーカーです。【従来品(TDT2)との違いは?】■好評だったローディング装置を改良。トルクドライバの傾き、トルクドライバとテスター側の回転中心オフセットなど、校正条件変動に伴う誤差要因を『徹底的』に低減。■分解能を2倍に向上。■一目で分かる合否判定機能付■データ記録は最大1000点■データ出力は2端子■オプションのローディング装置『TDTLA3』を用いると、小型トルクレンチの校正にも使えます。■付属品のローディング装置は、使用頻度の高いクリック式トルクドライバ用の「STA」に絞り、高精度/高信頼性/多機能で価格を圧縮。従来品TDT2より10%以上安価です。
  • 東日デジタルトルクドライバテスタTDT3シリーズの製品画像例です
    画像をクリックして拡大イメージを表示
  • この製品を
  • Twitterボタン

基本情報デジタルトルクドライバテスタTDT3シリーズ

【東日トルクドライバーテスターTDT3が高精度な理由!】測定対象のトルクドライバーを『垂直に、オフセットを小さく保持するローディング装置がある』からです。ローディング装置が無ければ当然測定物が傾き、誤差(試験するトルクドライバーが発生するトルクとテスターが表示するトルクの差)が非常に大きくなります。
☆東日はトルク機器の専業メーカーですので、『試験条件の定まらない』ものは【トルクドライバテスタ】と呼びません。
■従来品TDT2シリーズより分解能を2倍向上。■ワイドレンジで多機種のトルクドライバが測定可能。■測定データは最大1000メモリー■RS232C(準拠)のD-SUB9ピンコネクタとUSB(Bタイプ)の2端子を装備。PCのポート形状の心配が減ります。■電源はAC100~240V±10%、CEマークつきのグローバル設計。■付属のローディング装置は使用頻度の高い、作業用クリック式トルクドライバ用の「STA」に絞って価格を圧縮。(オプションで改良型の直読式トルクドライバ用ローディング装置の「LTA」があります)■測定精度:±1%+1digit、校正証明書付き。■TDT3用の校正装置も用意しています。

価格

270000円
※TDT60CN3、TDT600CN3同価格(税抜き)です。

価格帯

10万円以上 50万円未満

納期


※東日のメーカー在庫はHPでご覧いただけます。

発売日

2012-06-01 00:00:00.0

型番・ブランド名

TDT3シリーズ

用途/実績例

※商品画像はTDT3に付属品のローディング装置(STA)をセットして、作業用のプリセット形トルクドライバRTDを校正しているイメージです。
■空転式、非空転式、単能型、目盛のあるプリセット形、絶縁トルクドライバーなど、東日の締付け作業用トルクドライバーの校正/調整/修理に最適です。
■直読式トルクドライバーの校正には、別売品の直読式用ローディング装置「LTA」をご利用ください。
■オプションのローディング装置『TDTLA3』を用いると、小型トルクレンチの校正にも使えます。(通信機器用SMAコネクタのトルク管理に使われる、NSP100CNの校正もTDT600CN3で行えます。)
■改良型のローディング装置(STA/LTA/TDTLA3)は、従来機種(TDT/TDT2)でも使用可能です。(STA/LTAは別売品の「TDT3用ローディング装置取り付けアダプタセット」 No.486 が、TDTLA3は別売品の「TDT3用ローディング装置取り付けアダプタ」 No.485 が必要です。)
■従来品は、計測のプロ中のプロである「計測室」、「計量管理室」、「校正室」様や「校正事業者」様への納入実績が多数あります。

よく使用される業種

化学、樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、自動車・輸送機器、試験・分析・測定、IT・情報通信、医薬品・バイオ、建築・土木・エンジニアリング、製造・加工受託、医療・福祉、教育・研究機関、官公庁

ラインナップ

型番 概要
TDT60CN3

トルク測定範囲:2-60cNm 1目盛:0.005cNm 精度 ±1%+1digit

TDT600CN3

トルク測定範囲:20-600cNm 1目盛:0.05cNm 精度 ±1%+1digit

TDTLA3

TDT3で小容量トルクレンチの校正を可能にするアダプタ。(別売品):127500円(税抜き)

詳細情報デジタルトルクドライバテスタTDT3シリーズ

東日のデジタルトルクドライバテスタTDT3には、便利な「合否判定機能」付き。

東日のトルクドライバ校正用機器、デジタルトルクドライバテスタTDT3シリーズの表示色は、通常測定時には文字が白色、合否判定結果がLO/HIのNG(不合格)時には赤色、OK(合格)時には青色と自動切換え表示して知らせます。単に測定値を表示するだけでなく、測定値を見ながら合否判定が【一目で分かる】機能です。

デジタルトルクドライバテスタTDT3で直読式トルクドライバの「高精度」な校正をするには・・

デジタルトルクドライバテスタTDT3で直読式トルクドライバの「高精度」な校正をするには、別売品の「直読式トルクドライバ用ローディング装置LTA」が必要です。図はLTAを用いたTDT3による、直読式トルクドライバ「FTD-2」の校正イメージです。【従来品のTDT2/TDT】にも、別売品の「ローディング装置取り付けアダプタセット(No.486)」を用いてLTAが使用可能で、信頼性の高い校正が行えます。

デジタルトルクドライバテスタ「TDT3シリーズ」で小容量トルクレンチの校正が可能!

別売品の【TDTLA3】を用いると、デジタルトルクドライバテスタ「TDT3シリーズ」で小容量トルクレンチの校正が可能になります。【従来品のTDT2/TDT】にも、別売品の「ローディング装置取り付けアダプタ(No.485)」を用いてTDTLA3がご利用いただけます。

カタログデジタルトルクドライバテスタTDT3シリーズ

  • 【2017/3の最新版!最新価格でご紹介】1ページ目はデジタルトルクドライバテスタTDT3シリーズの仕様・オプションを掲載。また従来機(TDT/TDT2シリーズ)で校正条件を一定に保つ、高精度測定に欠かせない新型の「ローディング装置」のご紹介が【最新使用・最新価格】で掲載。
    ※1ページ目の下にはTDT3によるトルクドライバの校正例が掲載してあります。
    [PDF:279KB]
  • 世界初!設定トルクに達すると、自動的に小ねじ頭部に「締めた証拠」をマーキング。後工程や出荷後でもマークの有無で締め忘れが発見できる、締め忘れ防止用マーキングポカヨケトルクドライバMNTDシリーズのカタログです。
    【MNTDカタログの内容】
    MNTDシリーズの特長や使用例、別売品のご紹介や注文方法、小ねじのポカヨケ関連製品(有線式のRTDLS/RNTDLS、無線式のRTDFH/RNTDFH、校正用のトルクドライバテスタTDT3のご紹介など。
    【見どころは?】
    一目瞭然!様々な小ねじへのマーキング例画像を多数(10種類!)掲載。
    ※Webサイトでは2種しかありません。必見のカタログです。
    [PDF:2MB]
  • 東日のポカヨケトルクドライバ『RTDLS/RNTDLSシリーズ』、『RTDFH/RNTDFHシリーズ』なら、設定トルクに達すると内部のリミットスイッチの接点信号を当社カウントチェッカ「CNA-4mk3」等に取り込み、締付け回数管理により締め忘れを防止します。また設定トルクに達すると空転するので、個人差無く規定のトルクで締付け可能です。
    ■RTDLSシリーズ(有線式)
     シリーズ3機種。20〜500cNmまで対応。本体にトルク設定用の目盛があるプリセット形。精度±3%。
    ■RNTDLSシリーズ(有線式)
     シリーズ3機種。40〜500cNmまで対応。トルク設定用の目盛が無い単能形。単一締付け作業向き。精度±3%。
    ◆RTDFH/RNTDFHシリーズ(無線式)
     ※2015/9/24モデルチェンジ:従来品と比較し、送受信距離は2倍!電池寿命は約1.2倍!!
     ・無線ポカヨケトルクレンチのグローバルスタンダード「FH256MCシリーズ」の受信機と共用できるので投資コストと管理が最少で済みます。
    ◆PDFの画像には東日Webサイトの各製品情報へのリンクがあり、クリック1発で詳細情報がご覧いただけます。
    [PDF:4MB]
  • ボルトの締め忘れ防止(ポカヨケ)を気軽に実現できる、低価格・簡単操作・高機能なポカヨケカウンタCNA-4mk3!

    ◆ポカヨケカウンタCNA-4mk3は前モデルから60%以上価格オフ!
     驚きの3万円台を実現!
    ◆簡単操作!パソコンで設定条件データを「チャチャッ」と作成して、デCNA-4mk3にダウンロード。操作説明付きのパラメータソフトは東日Webサイトから無料でダウンロードできます。
    ◆ただ安いだけでなく高機能!複雑なポカヨケ設定条件を作成できます。
    ◆パラメータ設定ソフトは和・英・中・ドイツ語に対応。
    【電子ブックに対応していません】
    [PDF:2MB]
  • トルクハンドブックVol.8のダイジェスト版です。
    無料進呈いたします。【お問い合わせフォーム】からご請求ください。
    ◆ダイジェスト版目次◆
    P1:表紙 P2:総合目次 P3-4:品質の追求 
    P5-6:品質を支える確かなものづくり(大森工場のポカヨケ事例もあります) 
    P7:あらゆるところに東日のトルクソリューション
    P8:東日65年の歴史は日本のトルクツールの歴史。
    P9-10:製品サービス(研究開発体制・耐久性/トルク計測/信頼性の研究)
    【技術資料編(目次ページ)】
    P11:トルク P12:ねじ締付け P13:締付トルクの検査
    P14:締付けの信頼性(ポカヨケ関連情報を多数掲載)
    P15:締付け工具の選定 P16:計測器としてのトルク機器
    P17:トルク機器の保守 P18:ねじ P19:規格・規制 P20:便利帳
    【製品情報編】
    P21:東日のトルクレンチの特長 (1)高精度、(2)高耐久性能、(3)安心の供給体制
    P22:東日なら4つのタイプのトルクレンチで作業が最適に行えます。
    P23-24:ラチェット付プリセット形トルクレンチQL(0.4~25N・m)シリーズ
    [PDF:5MB]
  • 【最新版・価格表付き+ビット付き】東日製作所のトルクドライバ全機種カタログです。トルク目盛で任意に設定したトルクに達すると空転して締め過ぎを防止する、トルク目盛付きの空転式プリセット形トルクドライバー「RTDシリーズ」や、1点調整タイプで同じトルクで繰り返し作業に適した空転式単能形トルクドライバー「RNTDシリーズ」、締め上げ時の衝撃が少なく精密機械や電子部品・光学系のトルク管理に最適な非空転式プリセット形トルクドライバー「LTDシリーズ」、非空転式単能形「NTDシリーズ」、絶縁トルクドライバやデジタルトルクドライバSTC2シリーズ、ポカヨケ用なども【最新の価格付き】で掲載。東日のトルクドライバー全機種は、欧州RoHS(特定有害物質の使用制限)指令に適合しており、グリーン調達や輸出管理が簡便になります。
    【PDF内をクリックすると1発で東日Webサイトの該当製品情報ができます。お試しください。】
    [PDF:2MB]
  • 【2017/03版】全自動トルクレンチテスターTFとTCC2のカタログです。
    【TFの特長】
    ◆東日全自動デジタル形トルクレンチテスター「TFシリーズ」は、PC制御により自動測定・自動判定・データ処理を行う、高精度な集中管理システム用のトルクレンチテスターです。
    ◆測定するトルクレンチの型式を登録しておけば、機種を選択してスタートボタンを押すだけで自動測定開始し、合否判定を行います。
    【TCC2の特長】
    ◆ワイドレンジ:DOTE3シリーズの2機種分以上を1台に集約
    ◆高精度:精度1%+1digit ※DOTE3の1digit(1目盛り)と比べてください。
    ◆工具管理機能搭載:校正に必要な「工具管理機能」を搭載。業務の一貫した効率化が実現できます。
    ◆カラータッチパネルで簡単操作!:アイコンを多用し操作が直感的に行えます。
    ◆トルクレンチだけではありません!:TCC100N2-Dはトルクドライバの測定も可能です。
    PDFの画像には東日Webサイトへのリンクがあり、画像をクリックすると詳細情報がご覧いただけます。
    ◆TCC2用校正装置TCCTCL2のカタログは、校正装置カタログにあります。
    [PDF:295KB]
  • 耐電圧AC1000Vの絶縁トルクレンチとトルクドライバです。
    絶縁トルクレンチはプリセット形(トルク目盛付)の「PQLZシリーズ」と単能形(目盛なし)の「QSPZシリーズ」を掲載。配電盤などの小ねじ締め付け用の空転式絶縁トルクドライバは、プリセット形の「RTDZシリーズ」と単能形の「RNTDZシリーズ」を掲載。PDF内の製品画像をクリックすると、詳細情報がご覧になれます。
    [PDF:2MB]
  • 東日のデジタルトルクレンチテスタDOTE3シリーズのカタログです。廉価版の機械式トルクレンチテスタDOTシリーズ(精度±3%)も掲載。【P1はJCSS校正に関する解説を掲載。☆MRA(相互認証制度)に基づき国際的にも有効です。トレーサビリティとは、正しく上位に繋がっていなければ意味がありません。P2はDOTE3とDOTシリーズ。
    ◆PDF内のDOTE3画像や仕様表をクリックすると、東日WebサイトのDOTE3製品情報ページが開き、簡単に詳細情報をご覧いただけます。
    [PDF:488KB]
  • 東日のデジタルトルクドライバー 「STC2シリーズ」カタログには、製品画像・多機能LEDリングの説明や問題を解決する使用イメージ(「薄暗い作業環境の場合」、「作業姿勢が悪くてトルク表示が読み取り難い場合」、「上向き作業に便利な『トルク表示部の上下反転機能』の説明、「作業用トルクドライバRTDシリーズのトルクチェック(日常点検)イメージ」)を掲載。その他、主な仕様や無料ソフトExRcv for STC2の紹介などが掲載してあります。またカタログデータには東日Webサイトの該当製品へのリンクが組み込んであり、PDFや電子カタログ上にてクリックすると詳細情報がご覧いただけます。
    ■デジタルトルクドライバー「STC2シリーズ」の製品紹介動画を、当イプロスのSTC2製品情報に登録しました。多機能LEDリングの発光状態をご覧いただけます。
    [PDF:2MB]
  • P1はJCSSのご紹介、P2はJCSS校正のデジタルトルクレンチテスタDOTE3の価格表付きカタログです。■JCSSの詳細は『トルクハンドブックVol.8』のP81-84もご覧ください。◆JCSSとはJapan Calibration Service Sytemの略称であり、国際標準化機構及び国際電気標準会議が定めた校正機関に関する基準(ISO/IEC 17025)の要求事項に適合しているかどうかの審査を行い校正事業者を登録する制度です。◆東日のトルク標準室は、2011年11月にトルク階層構造の第2階層において国内トルク機器校正業者として初めてJCSSに登録をいたしました。(登録番号:JCSS0281)◆JCSS校正証明書はJCSS標章と国際MRA対応認定シンボルが印刷され、「トルク」で直接国家標準へトレースされていることが証明されます。◆国際MRA対応のJCSSは、APLAC(アジア太平洋試験所認定協力機構)の相互承認協定、ILAC(国際試験所認定協力機構)の相互承認協定へ参加の署名を行っており、一度の校正で世界中どこでも受入れられる状況(One-Stop-Testing)の達成に、更に一歩近づきました。
    [PDF:488KB]
  • ■組立ラインサイドでのトルクレンチの日常点検に実績多数(特許取得済み)■合否判定機能でトルクレンチの日常点検がさらに簡単・確実に!■簡単操作。LC3にトルクレンチを差し込んで「カチン」とするだけ。合否判定機能で予め登録された閾値に対し、測定終了後に自動判定。表示部が青なら合格(OK)、赤なら不合格(NG)。■単にトルクセンサーと表示器を接続したものではありません。『トルクレンチの為の計測アルゴリズム』を採用し、ラインサイドの日常点検用として最適化してあります。■電源電圧は100〜240Vのグローバル設計。CEマーク付きで海外でも安心して使用可能です。■精度±1%+1digit、校正証明書付き、安心の日本製。■LC3の校正をするための「校正装置TCL」(別売)も用意しています。★東日ではトルクレンチを手で持って「カチン」と測定する簡便な計測器をトルクレンチテスタでは無く『トルクレンチチェッカー』と呼んでます。校正にはDOTE3シリーズ等があります。校正にはJCSS校正対応のDOTE3などもあります。☆東日は1956年、日本で初めてクリック式トルクレンチの「QL形」を開発した、トルク機器の専業メーカーです。
    [PDF:732KB]
  • 【トルクゲージの新しいカタチ】手持ち式、設置式、テーブルを取り付けて本格的な微小デジタルトルクメータにもなる、東日の微小デジタルトルクゲージATGEシリーズのカタログです。別売品の画像(使用例)も多数掲載。ATGE測定台やテーブルアタッチメントにより、本格的な微小デジタルトルクメータに発展するのが一目でわかります。また、デリケートな測定物用の「樹脂製三つ爪チャック」や、USB給電で測定・データ転送が行うのに必要な別売品のACアダプタBA-5と接続コードなども掲載。

    ◆さらに微小トルクの測定には・・・東日には直読式トルクドライバMTDシリーズ(シリーズの測定範囲0.1mN・m~10mN・m)や、機械式トルクゲージATGシリーズ(シリーズの測定範囲0.5mN・m~24cN・m)、機械式トルクメータ5TMシリーズ(シリーズの測定範囲0.2mN・m~7.5cN・m)もあります。
    [PDF:3MB]
  • ■東日デジタルトルクゲージ「BTGEシリーズ」は、長年の実績がある機械式トルクゲージBTGのデジタル版です。
    ■表示器を閉じればBTGと同様な手持ち式(ハンディータイプ)のトルクゲージ、表示器を開けば設置式(デスクトップ)の微小トルクメータに変身。様々な測定スタイルが可能です。
    ■表示器を開くと、小容量トルクドライバの日常点検(トルクチェック)にも最適です。
    ■シリーズ5機種、2〜200cN・mが測定可能。
    ■999データメモリー、USB(mini B)端子付き。
    ■精度±2%+1digit、CEマーク付き。
    ◆その他微小トルクの測定には・・・東日には直読式トルクドライバMTDシリーズ(シリーズの測定範囲0.1mN・m~10mN・m)や、機械式トルクメータ5TMシリーズ(シリーズの測定範囲0.2mN・m~7.5cN・m)、デジタル式トルクゲージATGEシリーズ(シリーズの測定範囲1mN・m~200mN・m)もあります。
    [PDF:3MB]
  • シンプルでローコスト。
    豊富な品揃えで最適なトルク管理を実現する、東日の単能形トルクレンチ。
    2016/2/1にモデルチェンジを行った、東日のスパナヘッド付単能形トルクレンチSP2/SP2-MH、リングヘッド付単能形トルクレンチRSP2/RSP2-MH、ノッチ形スパナヘッド付単能形トルクレンチSP2-N/SP2-N、配管用スパナヘッド付き単能形トルクレンチSP-H、ポカヨケ(ねじの締め忘れ防止)用のリミットスイッチ付単能形トルクレンチSPLS/RSPLSシリーズのカタログです。単能形トルクレンチは本カタログ掲載以外にも多くの機種がありますので、「東日トルク機器総合製品」も合わせてご覧ください。
    [PDF:7MB]
  • 東日トルク機器総合製品案内2017.03版は、東日のトルク管理用製品を網羅した『最新の価格表付カタログ』です.新製品では、規定トルクで締めた証拠をナットに残す「単能形スパナ交換ヘッド式マーキングトルクレンチMCSPシリーズ」(P29)や、デジタルトルクドライバSTC2-BTやデジタルトルクレンチCEM3-BTS/CEM3-BTDなどBluetoothを搭載したトルク機器に対応した「締付けデータ管理システムTDMS/TDMSHT」(P34)を掲載 .その他耐久性が向上した「大容量エアトルクAP2シリーズ」(P51)と「マルチユニットMC2」(P52)を掲載.また延べ参加者は約2500社/約6700名を超えた、「東日トルク講習会」の2017年/末までのスケジュールと申込書(P76-77)も掲載.PDFでは多くの製品画像や仕様表などに東日Webサイトの対応する製品ページへのリンクが貼ってあり、クリックすると簡単に東日Webサイトの詳細情報がご覧いただけます.【※電子ブックには非対応です】
    [PDF:22MB]
  • 【約150万本締付けて『締め忘れゼロ』!】※東日製作所の「締付け保証システム」を導入約2年半後、導入御担当者様の生の声です。

    ◆東日の「締付保証システム」は、様々な課題に対応すべく開発された製品や、製品単体で解決不可能な問題にも「製品の組み合わせ」や、「システム」さらには「システムの組み合わせ」で全世界で対応できます。また要求品質やコストに合わせて、お客様の製造部門のネットワークに接続するデータ管理システムの納入実績があります。
    [PDF:2MB]
  • 【207.03版】直近の受講者の業種・職種情報を更新しました。
    ☆P2には実際の講習会風景画像、P3に受講者の業種・職種とコースのご案内、P5-6に2017/末までの講習会スケジュールと申込書を追加。
    ■東日トルク講習会は、トルク管理・トルク機器メンテナンス・トルク機器の選定など、ねじの締め付けなど業務のご担当者様にとって必要な事を説明・解説するものです。
    ■最近トルク機器の校正・修理の為に受講するお客様が増えてきました。トルクレンチはもちろん、東日のプリセット式トルクドライバは、校正後の調整が簡単に行えるように『調整機構』を備えているので、校正・調整により新規購入費が抑えられます。
    ◆トルクドライバ/レンチの校正後の「再調整や修理」をされる際には、是非受講していただきたいのが【修理・校正コース】です。
    ■【東日トルク講習会】では製造業の『ねじ締結』で多用されるトルク機器を使用・管理する方々や東日製品を扱う商社・販売店様向けに、『実際の現場ですぐに業務で役立つ講習会』としてのコースがあります。
    ■ご要望に応じてお客様の事業所にてオーダーメイドの『出張トルク講習会』も承ります。【電子ブック非対応】
    [PDF:5MB]
  • 【2017/3の価格表付き!】東日製作所では、トルクレンチやトルクドライバー等のトルク機器の製造・販売だけでなく、トルク機器の校正用のトルクレンチテスターやトルクドライバテスター、日常点検用のトルクレンチチェッカーも製造・販売しております。それだけでなく、校正機器用の校正装置やトルクメーターやトルクゲージ等のトルク測定器用の校正用機器も製造・販売しております。何台ものテスターやチェッカー・トルク測定器をお使いになっている場合、「校正装置」により社外校正から社内校正に切り替えるとコスト圧縮できる場合が多数あります。
    カタログ掲載の校正装置は以下のとおりです。トルクレンチテスター用「DOTCLシリーズ」:全自動トルクレンチテスター用「TFTCLシリーズ」:トルクキャリブレーション&コントローラ用「TCCTCL2シリーズ」:トルクドライバテスタ用「TDTCLシリーズ」:トルクゲージ用「ATGTCL」、「BTGTCL」:トルクメータ用「TMTCLシリーズ」:トルクレンチチェッカ/トルクセンサ用「TCTCLシリーズ」です。
    [PDF:402KB]
  • このカタログは小ねじ締付け(トルク管理)、微小トルク測定に必要なトルク機器を価格付きでご紹介します。
    【以下の用途で用いられている製品を掲載しています】
    ・家電製品や配電盤の小ねじ締付け。
    ・時計、コンピューター、精密機械、光学機器の極小ねじ(M1~M2程度)の締め付け(トルク管理)や微小トルク測定。
    ・締付けた小ねじ等のトルク検査。
    ・小ねじの締め忘れ防止。(マーキングや回数管理でのポカヨケ)
    ・トルクドライバのトルクチェック(日常点検)や校正。
    ・絶縁を求める締付け作業。
     
    [PDF:753KB]
  • ダイヤル形トルクレンチDB/DBEシリーズ(トルク容量が1.5~2800Nm)を集めたカタログです。
    【DB/DBEシリーズ】の特長
    □ワイドレンジ:例えばDB200Nは測定範囲が20~200Nm。
    □高精度:全機種±3%(RD)
    □軽量:例えばDB200Nは約1.0kg。
    □ISO6789以上の校正を実施。
    ■表紙はDB100N-S。最大値の読み取りに便利な「置針(おきばり)」の説明付き。
    ■その他、表紙に小型のDB12N4-Sや大型のDBE700Nを掲載。
    ■裏面は仕様表と使い方の簡単な説明、関連製品でヘッド交換式ダイヤル形トルクレンチCDB-Sシリーズのご紹介。
    ■PDF内には東日Webサイトのリンク付き。クリックするだけで詳細情報をご覧いただけます。
    ■電子カタログに非対応。ダウンロードしてご覧ください。
    [PDF:241KB]

取扱会社デジタルトルクドライバテスタTDT3シリーズ

株式会社東日製作所

■手動式・動力式 トルク機器  トルクレンチ、トルクドライバ、ヘッド交換式トルクレンチ用専用交換ヘッド、半自動/全自動トルクレンチ「エアトルク」、半自動電動トルクレンチ、空圧/電動ナットランナー、ポカヨケトルクレンチ、ポカヨケトルクドライバ、マーキングトルクレンチ、絶縁トルクレンチ/絶縁トルクドライバ、10倍トルク増力装置、倍力装置内蔵大型車ホイールナット締付け用トルクレンチ等 ■機械式・電子式 トルク計測機器  トルクゲージ、トルクメータ、トルクレンチテスタ、トルクドライバテスタ、トルクチェッカ、トルクセンサー、油圧式軸力計、超音波軸力計、無線データ転送トルクレンチ、回転角法締付け用デジタルトルクレンチ、増し締め検査用デジタルトルクレンチ等 ■軸力安定化材「Fcon(エフコン)」 ■締付け装置(多軸締付け装置など)、トルク計測システム ■ソフトウエア(工具管理システム、締付け保証システムなど) 以上の製造・販売を全世界に行っています。 ■デジタルトルクレンチテスター「DOTE3シリーズ」の校正(JCSS対応校正証明書の発行、不確かさ校正証明書の発行)を2012/5/21から開始しました。

デジタルトルクドライバテスタTDT3シリーズへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社東日製作所


  • 電波干渉が少ない5GHz帯 非圧縮データを高速伝送!
  • 【村田製作所】プラントメンテナンスショー出展

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー