東日 電動ナットランナー DCME
東日 電動ナットランナー DCME http://www.ipros.jp/public/product/image/662/23626046/IPROS4162611248971113169.jpg ■ブラシレスモータ使用、省配線システムによって軽量・コンパクトな自動機設計が可能です。 ■6種類の締付モードが選択可能。 ■シリーズ構成は4機種。M8〜M16程度の締付が可能。  【ラインアップ】をご覧ください。 ■精度:±5%、校正証明書付属、安心の日本製、自社工場で生産。 電源(パワーサプライ)「PS-DCME」は別売です。 株式会社東日製作所 製造・加工機械 > 組立機械 > 組立機械 DCMEシリーズ 機種により異なり、544000〜574000円。
  • 東日独自のトグル機構を採用。トルク精度±5%、東日の電動ナットランナー「DCMEシリーズ」。
    株式会社東日製作所
    東日電動マルチユニット『DCMEシリーズ』は高トルク精度な自動締付装置用のナットランナーです。
    ■N・m単位のトルク目盛付き。1~5のような「強弱ダイヤル」ではありません。
    ■自動変速機構の採用により、高速仮締付から低速本締付が可能。安定して高精度な締付を実現します。
    ■締付トルクの変更はトルク目盛によって簡単に行えます。
    ■設定トルクに達すると、残留トルク解除機構によってソケットが弱反転。ソケットの食いつきを防止します。
    ■設定トルクに達すると、東日独自のトグル機構によって瞬時に自動停止。同時にマイクロスイッチの動作で締付完了を知らせます。※機械的にトルク制御が行えます。
    ■別売のトルクセンサーをつけると、メカと電気によるダブルチェックが行えます。また角度センサーにも対応が可能です。
    ■校正証明書付き。
  • 東日 電動ナットランナー DCMEの製品画像です
    画像をクリックして拡大イメージを表示
  • この製品を
  • Twitterボタン

基本情報東日 電動ナットランナー DCME

■ブラシレスモータ使用、省配線システムによって軽量・コンパクトな自動機設計が可能です。
■6種類の締付モードが選択可能。
■シリーズ構成は4機種。M8〜M16程度の締付が可能。
 【ラインアップ】をご覧ください。
■精度:±5%、校正証明書付属、安心の日本製、自社工場で生産。
電源(パワーサプライ)「PS-DCME」は別売です。

価格

機種により異なり、544000〜574000円。

価格帯

50万円以上 100万円未満

納期


※お問い合わせください

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

DCMEシリーズ

用途/実績例

■自動車・建設機械・輸送機器等で幅広く利用されております。
■角度法締付用の特殊仕様も納入実績がございます。
■DCMEのトルクチェックには、ロータリー式ピークトルク計「ST3シリーズ」が最適です。
※DCMEのご利用には、別売の電源(パワーサプライ:146700円)が必要です。
☆日本国内の航空機産業向けやアメリカ輸出用にはアメリカン単位(lbf・in等)、アジア輸出用にはメトリック(kgf・m等)仕様の製作実績があります。

よく使用される業種

化学、樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、自動車・輸送機器、試験・分析・測定、IT・情報通信、ソフトウェア、医薬品・バイオ、建築・土木・エンジニアリング、製造・加工受託、教育・研究機関、官公庁

ラインナップ

型番 概要
DCME25N

トルク調整範囲:10-25Nm 1目盛:0.5Nm 無負荷回転数:1050rpm 価格:544000円

DCME45N

トルク調整範囲:20-45Nm 1目盛:1Nm 無負荷回転数:540rpm 価格:558000円

DCME80N

トルク調整範囲:36-80Nm 1目盛:2Nm 無負荷回転数:310rpm 価格:558000円

DCME125N

トルク調整範囲:50-125Nm 1目盛:5Nm 無負荷回転数:200rpm 価格:574000円

PS-DCME

DCMEシリーズ用のパワーサプライ。 価格:146700円

カタログ東日 電動ナットランナー DCME

  • ◆2017/3:APがAP2に、MCがMC2にリニューアル。耐久性が向上しました。
    大型の空圧式ハンドナットランナーAP2/電動のDAP、空圧のMEやMC2(大型ボルト用)、小ネジのMGやMF、電動のDCMEシリーズ、関連製品としてナットランナーのトルク&角度のチェックに便利なST3シリーズやトルクセンサTCR/TCRシリーズ、トルクセンサー用の表示器CD5などが掲載してあります。
    製品型式名枠や製品画像・仕様表枠をクリックすると、東日Webサイトの各製品情報画面(製品詳細仕様を掲載)が1発でごらんいただけます。
    [PDF:899KB]
  • 【モデルチェンジ!】■東日のスピントルクST3はナットランナのトルクと角度チェックに最適な、手のひらサイズの表示器一体型トルク&角度チェッカーです。■使い方は簡単。ナットランナの出力軸とソケットの間に入れて締めるだけ。スピントルクST3がピークトルク(最大値)を表示・記憶。■BluetoothのST3-BTなら回転角法締付けのトルク/角度グラフが作成可能!特に塑性域回転角法締付けのチェックに威力を発揮!■多軸締付装置の場合1軸だけST3を入れ、残りの軸は別売のエキステンションバー(各STと同じ長さ)を差し込めば、多軸締付装置を分解せずに締付作業を行いながらトルクチェックができます。■ST3は締めるボルトに近い部分に接続するので、計測原理上実際の締め付け力に非常に近いトルク値を示します。■豊富なシリーズラインナップ。2〜1000N・mまで9機種。Hex6.35のビット工具の取り付け対応機種もあり。さらに全機種Bluetooth搭載モデル「ST3-BTシリーズ」も標準で用意し、ラインナップは計18機種!■輸出(海外使用限定)専用で単位切換え機能付きのST3-Gもあります。◎安心の日本製、修理校正も喜んで承ります。
    [PDF:9MB]
  • トルクハンドブックVol.8のダイジェスト版です。
    無料進呈いたします。【お問い合わせフォーム】からご請求ください。
    ◆ダイジェスト版目次◆
    P1:表紙 P2:総合目次 P3-4:品質の追求 
    P5-6:品質を支える確かなものづくり(大森工場のポカヨケ事例もあります) 
    P7:あらゆるところに東日のトルクソリューション
    P8:東日65年の歴史は日本のトルクツールの歴史。
    P9-10:製品サービス(研究開発体制・耐久性/トルク計測/信頼性の研究)
    【技術資料編(目次ページ)】
    P11:トルク P12:ねじ締付け P13:締付トルクの検査
    P14:締付けの信頼性(ポカヨケ関連情報を多数掲載)
    P15:締付け工具の選定 P16:計測器としてのトルク機器
    P17:トルク機器の保守 P18:ねじ P19:規格・規制 P20:便利帳
    【製品情報編】
    P21:東日のトルクレンチの特長 (1)高精度、(2)高耐久性能、(3)安心の供給体制
    P22:東日なら4つのタイプのトルクレンチで作業が最適に行えます。
    P23-24:ラチェット付プリセット形トルクレンチQL(0.4~25N・m)シリーズ
    [PDF:5MB]
  • ◆2017/3にAPシリーズはAP2シリーズにリニューアルして、耐久性を向上しました。
    東日独自のトルク制御メカニズム「トグル機構」を採用し、トルクセンサーを使わなくても締付けトルク精度が±5%!
    ・カタログにはエアのハンドナットランナーAP2シリーズと電動ハンドナットランナーDAPを掲載。
    【最新製品仕様と価格】が記載されています。またPDF内をクリックすると、東日Webサイト内の各製品詳細情報がご覧いただけます。
    【安心の日本製。修理・校正も迅速&ローコスト。】
    [PDF:899KB]
  • 【約150万本締付けて『締め忘れゼロ』!】※東日製作所の「締付け保証システム」を導入約2年半後、導入御担当者様の生の声です。

    ◆東日の「締付保証システム」は、様々な課題に対応すべく開発された製品や、製品単体で解決不可能な問題にも「製品の組み合わせ」や、「システム」さらには「システムの組み合わせ」で全世界で対応できます。また要求品質やコストに合わせて、お客様の製造部門のネットワークに接続するデータ管理システムの納入実績があります。
    [PDF:2MB]
  • 【207.03版】直近の受講者の業種・職種情報を更新しました。
    ☆P2には実際の講習会風景画像、P3に受講者の業種・職種とコースのご案内、P5-6に2017/末までの講習会スケジュールと申込書を追加。
    ■東日トルク講習会は、トルク管理・トルク機器メンテナンス・トルク機器の選定など、ねじの締め付けなど業務のご担当者様にとって必要な事を説明・解説するものです。
    ■最近トルク機器の校正・修理の為に受講するお客様が増えてきました。トルクレンチはもちろん、東日のプリセット式トルクドライバは、校正後の調整が簡単に行えるように『調整機構』を備えているので、校正・調整により新規購入費が抑えられます。
    ◆トルクドライバ/レンチの校正後の「再調整や修理」をされる際には、是非受講していただきたいのが【修理・校正コース】です。
    ■【東日トルク講習会】では製造業の『ねじ締結』で多用されるトルク機器を使用・管理する方々や東日製品を扱う商社・販売店様向けに、『実際の現場ですぐに業務で役立つ講習会』としてのコースがあります。
    ■ご要望に応じてお客様の事業所にてオーダーメイドの『出張トルク講習会』も承ります。【電子ブック非対応】
    [PDF:5MB]
  • 誰でも・簡単に、今締まっているトルクが『増締め』で分かる!東日独自のアルゴリズム「T点法」の簡単な解説付き。シリーズ構成も全8機種と最適な作業性のツールをお選びいただけます。
    カタログには【最新の207.03版】価格表も掲載。またPDFには東日WebサイトのURLがリンクされており、クリック1発で東日WebサイトのCTB2詳細情報をご覧いただけます。
    [PDF:257KB]
  • Bluetooth搭載モデルにも受注時製作品で納入実績多数!回転角法締付用のデジタルトルクレンチCTA2シリーズと、2013/3/21新発売!「カチン!」で角度計測を自動スタートする【簡単操作で安価な】クリック式デジタル角度レンチDWQLシリーズのカタログです。ポカヨケ用のLS式トルクレンチをクリック式デジタル角度レンチにアップグレードできる、後付用の角度表示モジュールM-DWも掲載。PDFには東日製作所WebサイトのCTA2/DWQLシリーズ製品情報へのリンクがあり、クリックすると簡単に詳細情報がご覧いただけます。
    [PDF:321KB]
  • ■エアトルクはトルクレンチに仮締め用のエアモータが搭載してあり、仮締めから本締めまで1本で完了できる半自動のトルクレンチです。■Aシリーズは低仮締めトルク、AC2は高仮締めトルク、LSはトルクレンチに設けたリミットスイッチ(LS)の接点信号を取り出して、ポカヨケシステムが構築可能。■トルクの変更は目盛で簡単に変更できます。■3〜180N・mまでシリーズ16機種が対応します。■適応可能なねじサイズは、標準的な締付けトルクで換算するとM6〜M12程度まで可能。○精度±3%、校正証明書付属。■ISO6789の校正手順に準拠。◎安心の日本製、自社工場での生産。修理・校正も承ります。 別途有償で「トレーサビリティ体系図」の発行もできます。■2014/8にACはAC2シリーズの改良・モデルチェンジ。■最新の関連製品も掲載
    【電子ブックには非対応です】
    [PDF:2MB]
  • 東日トルク機器総合製品案内2017.03版は、東日のトルク管理用製品を網羅した『最新の価格表付カタログ』です.新製品では、規定トルクで締めた証拠をナットに残す「単能形スパナ交換ヘッド式マーキングトルクレンチMCSPシリーズ」(P29)や、デジタルトルクドライバSTC2-BTやデジタルトルクレンチCEM3-BTS/CEM3-BTDなどBluetoothを搭載したトルク機器に対応した「締付けデータ管理システムTDMS/TDMSHT」(P34)を掲載 .その他耐久性が向上した「大容量エアトルクAP2シリーズ」(P51)と「マルチユニットMC2」(P52)を掲載.また延べ参加者は約2500社/約6700名を超えた、「東日トルク講習会」の2017年/末までのスケジュールと申込書(P76-77)も掲載.PDFでは多くの製品画像や仕様表などに東日Webサイトの対応する製品ページへのリンクが貼ってあり、クリックすると簡単に東日Webサイトの詳細情報がご覧いただけます.【※電子ブックには非対応です】
    [PDF:22MB]
  • 1)トルク目盛付き
    万国共通SI単位(cN・m)のトルク目盛付きで、運用開始前の締付けトルクの確認作業やトルク調整不要ですぐに使用できます。
    ※一般的に電動ドライバは例えば「1~10の強弱ダイヤル」を採用している機種が多いようです。この場合「機種Aのダイヤル1と機種Bのダイヤル1では 締付け具合が違う」と言う問題がありますが、DUシリーズでは問題が無いばかりか、締付けトルクの確認作業が不要なので運用・管理が簡便になります。
    2)高精度締付け
    締付けトルク精度は±5%。校正証明書付属。※国家基準にトレーサブルです。
    3)ポカヨケ(締め忘れ防止)が簡単
    DUはDU-COUNTERと接続して使用しますが、DU-COUNTERにはポカヨケカウンタを内蔵し、規定の締め付け本数になったら合否判定や外部信号出力が行えます。また豊富なタイマー機能により本格的なポカヨケ(締め忘れ防止)システムが簡単に構築できます。
    4)モーターはメンテナンスフリーで環境にも優しい
    ブラシレスモータの採用によりモーターはメンテナンスフリー。従来品と比較は約1/2に低減、騒音は12dB低減した60dBとなります。
    [PDF:2MB]
  • ◆2016/01/25、小型軽量のHA25Nを発売しました。
    バッテリー式半自動トルクレンチ「HACシリーズ」の特長は、1)電動ドライバーで仮締め、本締めはトルクレンチを1つの工具で完了。2)無線(Bluetooth)で締付完了信号を飛ばせ、簡単に締め忘れ防止のポカヨケシステムが構築可能。3)電動ハンドナットランナーより大幅に安価で高精度なトルク管理を実現。4)メンテナンスフリー!耐久性のあるブラシレスモーターを採用。5)仮締めトルクは3段階調整が可能!6)締付け方法(モード2)では、本質的に締め忘れ防止に適した作業設定が可能!7)今ご使用中のトルクレンチテスタで校正が可能。専用の校正機器が不要で、管理上もトルクレンチと同様にトレーサビリティが繋がります。8)無線(Bluetooth)で締付けトルクデータを送信可能なHACQSPDYも受注時生産品で対応可能!などを写真やイラストを多用してご説明いたします。
    [PDF:2MB]
  • 強弱ダイヤルでは無く、Nm単位のトルク目盛で導入後すぐに使用可能!今お使いのトルクレンチテスタで校正が可能。低負荷の「仮締め」は電動モータで省力化し、消費電力が大きくなる(=CO2排出量が多い)「本締め」は手動のトルクレンチによる作業だからCO2削減に効果あり。仮締めトルクもボリュームで調整可能。エア供給源が無くてもAC100電源で動作します。
    ■DACシリーズのカタログです。
    [PDF:2MB]

取扱会社東日 電動ナットランナー DCME

株式会社東日製作所

■手動式・動力式 トルク機器  トルクレンチ、トルクドライバ、ヘッド交換式トルクレンチ用専用交換ヘッド、半自動/全自動トルクレンチ「エアトルク」、半自動電動トルクレンチ、空圧/電動ナットランナー、ポカヨケトルクレンチ、ポカヨケトルクドライバ、マーキングトルクレンチ、絶縁トルクレンチ/絶縁トルクドライバ、10倍トルク増力装置、倍力装置内蔵大型車ホイールナット締付け用トルクレンチ等 ■機械式・電子式 トルク計測機器  トルクゲージ、トルクメータ、トルクレンチテスタ、トルクドライバテスタ、トルクチェッカ、トルクセンサー、油圧式軸力計、超音波軸力計、無線データ転送トルクレンチ、回転角法締付け用デジタルトルクレンチ、増し締め検査用デジタルトルクレンチ等 ■軸力安定化材「Fcon(エフコン)」 ■締付け装置(多軸締付け装置など)、トルク計測システム ■ソフトウエア(工具管理システム、締付け保証システムなど) 以上の製造・販売を全世界に行っています。 ■デジタルトルクレンチテスター「DOTE3シリーズ」の校正(JCSS対応校正証明書の発行、不確かさ校正証明書の発行)を2012/5/21から開始しました。

東日 電動ナットランナー DCMEへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社東日製作所


  • ねじならミスミ。ご利用のねじ屋さんと比べてください!
  • 錆びないベアリングがこの価格!?ミスミ プラストロベアリング

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー