卓上小型スポット溶接装置 KTH-MWCZ
卓上小型スポット溶接装置 KTH-MWCZ http://www.ipros.jp/data/products/tmp/271766/003/img/KTH-MWCZ-ipros.jpg 卓上の小型スポット溶接機。研究開発や生産現場における多様な薄板、細線金属材料のスポット溶接要求に幅広く応えます。 【特長】は 1、シンプルな操作で扱い易く、かつ高出力と安全性を重視して設計しています。簡便性と溶接能力を兼ね備えた装置です。 2、電源とヘッド一体型で卓上での省スペースな作業が可能です。 3、溶接電源方式はコンデンサー充電式で、瞬間的に大きな溶接電流を出力可能です。そのため非鉄系材料の溶接や溶接箇所周辺への熱影響を少なくしたい案件に適します。 近藤テック株式会社 製造・加工機械 > 加工機械 > 溶接機械 KTH-MWCZ -
  • 簡便な操作で幅広く金属材料のスポット溶接加工ができます。 溶接ヘッドと電源一体型の卓上小型スポット溶接装置。
    近藤テック株式会社
    卓上の小型スポット溶接機。研究開発や生産現場における多様な薄板、細線金属材料のスポット溶接要求に幅広く応えます。
    【特長】は
    1、シンプルな操作で扱い易く、かつ高出力と安全性を重視して設計しています。簡便性と溶接能力を兼ね備えた装置です。
    2、電源とヘッド一体型で卓上での省スペースな作業が可能です。
    3、溶接電源方式はコンデンサー充電式で、瞬間的に大きな溶接電流を出力可能です。そのため非鉄系材料の溶接や溶接箇所周辺への熱影響を少なくしたい案件に適します。
  • 卓上小型スポット溶接装置の製品画像です
    画像をクリックして拡大イメージを表示
  • この製品 を
  • Twitterボタン

基本情報卓上小型スポット溶接装置 KTH-MWCZ

卓上の小型スポット溶接機。研究開発や生産現場における多様な薄板、細線金属材料のスポット溶接要求に幅広く応えます。
【特長】は
1、シンプルな操作で扱い易く、かつ高出力と安全性を重視して設計しています。簡便性と溶接能力を兼ね備えた装置です。
2、電源とヘッド一体型で卓上での省スペースな作業が可能です。
3、溶接電源方式はコンデンサー充電式で、瞬間的に大きな溶接電流を出力可能です。そのため非鉄系材料の溶接や溶接箇所周辺への熱影響を少なくしたい案件に適します。

価格

-

価格帯

10万円以上 50万円未満

納期

1ヶ月以内

発売日

2008-10-01 00:00:00.0

型番・ブランド名

KTH-MWCZ

用途/実績例

研究開発現場では、各種試料、センサー等の製作や補修、リード線接続などのスポット溶接用途で利用されています。
生産現場では、電子部品や小物筐体部品などの製作の他、フープ材接続、品質管理用センサーの取付けといった二次的溶接用途で利用されています。

よく使用される業種

樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、試験・分析・測定、製造・加工受託、教育・研究機関

カタログ卓上小型スポット溶接装置 KTH-MWCZ

  • 卓上小型スポット溶接装置KTH-MWCZは研究開発部門などでの様々な薄板、細線金属材料のスポット溶接に幅広く応え、その操作はとても簡単です。
    カタログでは操作方法や溶接電流の様子、溶接可能範囲、仕様等を紹介しています。
    [PDF:2MB]

取扱会社卓上小型スポット溶接装置 KTH-MWCZ

近藤テック株式会社

□小型溶接機製造・販売 □歯科医療機器製造・販売 □ワイヤー加工を中心とした金属部品加工

卓上小型スポット溶接装置 KTH-MWCZへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

近藤テック株式会社

卓上小型スポット溶接装置 KTH-MWCZ が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す
分類カテゴリから探す

  • スペーサー・ピンヘッダーなど機構部品全60,000アイテム 総合カタログ最新版進呈
  • 断水不要!ネジを締めるだけで配管の水漏れが直る!児玉工業の圧着ソケット

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー