蒸気用 ロッキージョイントO型(回転継手)
蒸気用 ロッキージョイントO型(回転継手) http://www.ipros.jp/data/products/tmp/278917/020/img/16.jpg 製紙業界に最適な蒸気用 ロッキージョイントO型(回転継手) ■□■特徴■□■ ■圧力:1MPa ■回転数:300min-1(2B〜4B) 150min-1(5B以上) ■高温流体用の高速回転タイプ ■シール部には完全無給油の材質を使用しているため、   給油の必要もなく、焼き付き等も生じない ■シールの圧着力はスプリングと流体圧力により加わり、圧着力の強さが   流体圧力に応じて自動的に変化しますので、常に安定したシール性が得られる ■2箇所の球面部は軸の振動がある場合にも常に密着摺動し、   安定したシール性が得られる ■詳細は、お問い合わせ下さい。 リックス株式会社 営業本部 機械部品 > 配管部品 > 管継手 O型 -
  • 製紙業界に最適な蒸気用 ロッキージョイントO型(回転継手)
    リックス株式会社
    ■高温流体用の高速回転タイプ
  • 蒸気用 ロッキージョイントO型(回転継手)の製品画像です
    蒸気用 ロッキージョイントO型(回転継手)の製品画像です

基本情報蒸気用 ロッキージョイントO型(回転継手)

製紙業界に最適な蒸気用 ロッキージョイントO型(回転継手)

■□■特徴■□■

■圧力:1MPa
■回転数:300min-1(2B〜4B) 150min-1(5B以上)
■高温流体用の高速回転タイプ
■シール部には完全無給油の材質を使用しているため、
  給油の必要もなく、焼き付き等も生じない
■シールの圧着力はスプリングと流体圧力により加わり、圧着力の強さが
  流体圧力に応じて自動的に変化しますので、常に安定したシール性が得られる
■2箇所の球面部は軸の振動がある場合にも常に密着摺動し、
  安定したシール性が得られる

■詳細は、お問い合わせ下さい。

価格

-

価格帯

納期

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

O型

用途/実績例

■□■アプリケーション■□■

製紙業界向、その他

よく使用される業種

化学、樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、産業用電気機器、電子部品・半導体、自動車・輸送機器、試験・分析・測定、医薬品・バイオ、建築・土木・エンジニアリング、製造・加工受託、医療・福祉、教育・研究機関、サービス業、その他

カタログ蒸気用 ロッキージョイントO型(回転継手)

  • 製紙業界に最適な蒸気用 ロッキージョイントO型(回転継手)

    ■□■特徴■□■

    ■圧力:1MPa
    ■回転数:300min-1(2B〜4B) 150min-1(5B以上)
    ■高温流体用の高速回転タイプ
    ■シール部には完全無給油の材質を使用しているため、
      給油の必要もなく、焼き付き等も生じない
    ■シールの圧着力はスプリングと流体圧力により加わり、圧着力の強さが
      流体圧力に応じて自動的に変化しますので、常に安定したシール性が得られる
    ■2箇所の球面部は軸の振動がある場合にも常に密着摺動し、
      安定したシール性が得られる

    ■詳細は、お問い合わせ下さい。

取扱会社蒸気用 ロッキージョイントO型(回転継手)

産業界における機械、部品、消耗品などの製造、卸、販売

蒸気用 ロッキージョイントO型(回転継手)へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

リックス株式会社 営業本部

蒸気用 ロッキージョイントO型(回転継手) が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • 研究開発でのお困り事・・・解決できます! AIKIパイロットマシンシリーズ 小型単軸押出機ALM-E20
  • 樹脂や金属など様々な材質のスペーサー等の機構部品 全78,000アイテム収録!総合カタログ最新版進呈

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー