個別受注型 生産管理システム『rBOM』
個別受注型 生産管理システム『rBOM』 http://www.ipros.jp/public/product/image/065/288739001/IPROS962853680020263612.jpg 【生産管理システム rBOM 実績多数!各部門の業務効率アップ】 ■営業活動 ・引合案件/見積情報を管理 ・受注情報が製造部門に伝わる ・予測原価/仕掛原価がリアルタイムに把握 ■設計業務 ・標準ユニットのバージョン、設計部品表などの管理 ・資材の手配進捗を捉え、設計変更における適切な判断可能 ・設計部品表と過去の手配実績を照合し、原価シミュレーションが可能 ■資材部門 ・設計からの手配依頼データ(部品表)を活用し、転記作業が大幅削減 ・リアルタイムに在庫を確認し、在庫引当が可能 ・発注残/入荷残の確認ができ、仕入先への督促が容易に ■製造・組立部門 ・製番およびユニット単位で手配進捗を確認可能 ・部品の進捗、工程進捗、負荷状況を把握しながら調整が可能 ・組図単位で付与されたリスト毎に受入部品の仕訳でき、迷子部品が減少 ■経理部門 ・売上/入金/仕入/支払の振替伝票の重複入力が不要 ・回収予定により資金繰りの判断が可能に ・支払確定情報を会計システムに連動し、債務管理へ連携可能 ※詳細は生産管理システム rBOM カタログをダウンロード! 大興電子通信株式会社 IT・ネットワーク > SCM・生産管理 > 生産管理システム 生産管理システム rBOM -
  • 在庫や部品量を社内で一元化し、確認の手間とミスを無くす! 受注生産に最適な生産管理システム
    大興電子通信株式会社
    部品や製品の在庫状況は、社内で別々に管理されている場合がほとんど。
    しかし、生産管理システム『rBOM』を導入すれば、部品の過不足を常に
    把握でき、情報の一元化が可能!

    従来のERPシステムの管理よりも、受注生産や多品種の少量生産、
    急な仕様変更など、「見込み生産が難しい管理」ほど効果を発揮する
    生産管理システムです。
    部門間で確認を取る工数が減り、大きな業務効率化が図れます。

    【生産管理システム rBOM 導入後の効果】
    ■納期状況が常に把握できる
    ■過去の発注単価、納期、図面などの情報をすぐに呼び出せる
    ■伝票などの重複入力を解消
    ■手配進捗、組立スケジュールの調整が容易で待ち時間が減少
    など、営業・設計開発・資材・製造といった部門の垣根を越えて
    情報共有可能

    ※詳しくは、生産管理システム rBOM カタログをダウンロードから
    ご覧下さい
  • 個別受注 生産管理システムの製品画像です
    画像をクリックして拡大イメージを表示
  • この製品 を
  • Twitterボタン

基本情報個別受注型 生産管理システム『rBOM』

【生産管理システム rBOM 実績多数!各部門の業務効率アップ】

■営業活動
・引合案件/見積情報を管理
・受注情報が製造部門に伝わる
・予測原価/仕掛原価がリアルタイムに把握

■設計業務
・標準ユニットのバージョン、設計部品表などの管理
・資材の手配進捗を捉え、設計変更における適切な判断可能
・設計部品表と過去の手配実績を照合し、原価シミュレーションが可能

■資材部門
・設計からの手配依頼データ(部品表)を活用し、転記作業が大幅削減
・リアルタイムに在庫を確認し、在庫引当が可能
・発注残/入荷残の確認ができ、仕入先への督促が容易に

■製造・組立部門
・製番およびユニット単位で手配進捗を確認可能
・部品の進捗、工程進捗、負荷状況を把握しながら調整が可能
・組図単位で付与されたリスト毎に受入部品の仕訳でき、迷子部品が減少

■経理部門
・売上/入金/仕入/支払の振替伝票の重複入力が不要
・回収予定により資金繰りの判断が可能に
・支払確定情報を会計システムに連動し、債務管理へ連携可能

※詳細は生産管理システム rBOM カタログをダウンロード!

価格

-
※お気軽にお問い合わせください。

価格帯

納期


※お気軽にお問い合わせください。

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

生産管理システム rBOM

用途/実績例

生産管理システム rBOMの事例
・半導体製造装置、フラットパネルディスプレイ製造装置、工作機械、建設機械、特殊車輌等のメーカー
・プラント、配管設備のメーカー
・スクリーン印刷、梱包機械、 射出成形機などの装置製造メーカー
・金型製造業
・制御盤や配電盤などの電気設備のメーカー
・大手製造業の試作品製造部門
・工具/部品卸売り業で施工工事等を請け負う商社

※詳細は、『資料請求』にてお問い合わせ下さい。

よく使用される業種

樹脂・プラスチック、産業用機械、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、自動車・輸送機器、試験・分析・測定、IT・情報通信、ソフトウェア、医薬品・バイオ、教育・研究機関、官公庁、サービス業、その他

カタログ個別受注型 生産管理システム『rBOM』

  • 部品や製品の在庫状況は、社内で別々に管理されている場合がほとんど。しかし、生産管理システム『rBOM』を導入すれば、部品の過不足を常に把握でき、情報の一元化が可能!

    従来のERPシステムの管理よりも、受注生産や多品種の少量生産、急な仕様変更など、「見込み生産が難しい管理」ほど効果を発揮。部門間で確認を取る工数が減り、大きな業務効率化が図れます。

    【導入後の効果】
    ■納期状況が常に把握できる
    ■過去の発注単価、納期、図面などの情報をすぐに呼び出せる
    ■伝票などの重複入力を解消
    ■手配進捗、組立スケジュールの調整が容易で待ち時間が減少
    など、営業・設計開発・資材・製造といった部門の垣根を越えて情報共有可能
    [PDF:2MB]
  • カタログでは
    rBOM GPの概念、実際の画面、機能フロー図、解決課題一覧を掲載
    しております。
    また詳細は、HPにて掲載しております。→ rbom.jp
    ご参照いただければ幸いです。

    rBOM GPは
    個別受注製造、製番管理業務に特化し、
    業務効率を極限まで追求した生産管理パッケージです。

    また、推奨ソリューションを豊富に取り揃えております。
    是非ご検討よろしくお願いいたします。
    [PDF:4MB]
  • 在庫の"見える化"に注目が集まって久しいが、その実情は数字が並んだ一覧表や一部の人だけが見えるしくみを導入するにとどまり、結果が出ていない企業が多い。
    実際に、見える化により大幅な在庫削減を実現した事例を見ながら、在庫の削減を成功させるポイントをまとめた。
    [PDF:8MB]
  • ハッキングや個人情報・技術情報の漏えい、流出など、企業組織内の情報やシステムはつねに危険にさらされている。
    スマホや携帯端末など情報漏えいなどの危険をはらむ機器が急速に普及したことも、さらにリスクを拡大した。
    こうしたリスクを回避、防御するための個人情報保護と情報セキュリティ管理は、今や企業組織の必須課題といえる。
    本稿では、2015年10月から実施されるマイナンバー制度をはじめ、個人情報保護と情報セキュリティ管理に関わるトピックスを中心に、今、企業組織が考慮すべき対策について解説する。
    [PDF:4MB]
  • マイナンバー制度の開始や、Windows Server 2003をはじめとするOS・ミドルウェアのサポート終了など、企業活動に関わるICT関連のトピックスが相次いでいる。
    そしてどれもが対応を怠ってはならない課題ばかりだ。
    中でもシステムの土台ともいえるサーバに関しては、すぐにでも対策に着手したい問題だ。
    企業が対応すべきサーバOSのリプレースについて解説する。
    [PDF:5MB]

取扱会社個別受注型 生産管理システム『rBOM』

大興電子通信株式会社

1.生産管理ソリューション 2.設計ソリューション 3.調達ソリューション 4.内部統制ソリューション

個別受注型 生産管理システム『rBOM』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

大興電子通信株式会社

個別受注型 生産管理システム『rBOM』 が登録されているカテゴリ

開く

分類カテゴリから探す

  • 暑い現場を5℃冷やす。霧+ファンの冷房装置『COOLJetter』
  • 金属ワッシャー大増量!総合カタログ最新版 進呈

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • 建築建材インテリア(製造)
  • キーマンインタビュー