トルクリミッタOTLV型
トルクリミッタOTLV型 http://www.ipros.jp/data/products/tmp/289365/021/img/screenshot.74.jpg ■□■特徴■□■ ■正逆両方向の回転に使用可能 ・正逆両方向(時計方向・反時計方向)の使用が可能 片方向タイプも対応可能 ■小型・軽量 ・OTLV 6Bの場合、外径φ18、質量7.1gw 当社OTLC-6Bと比較し、重量18%減 ■環境条件(温度・湿度)に影響されにくい ・使用環境 0℃〜60℃ 90%RH ■取り付けが容易 ・回り止めとして、弊社推奨の平行ピンまたは専用スプリングピンをご使用ください 平行ピンご使用の場合、軸(シャフト)への圧入は不要 (すきまばめで可)内輪スリワリ部がピンの脱落を防止 その他機能や詳細については、カタログダウンロード もしくはお問い合わせ下さい。 オリジン電気株式會社 コンポーネント事業部 機械部品 > 機械要素 > その他機械要素 トルクリミッタOTLV型 -
  • 内輪の外周面にコイルスプリングを圧入、 両部品の摩擦力を利用、トルク入力側から出力側に伝達するトルクを制限する構造
    オリジン電気株式會社
    トルクリミッタのご案内です。
  • トルクリミッタOTLV型の製品画像です
    トルクリミッタOTLV型の製品画像です

基本情報トルクリミッタOTLV型

■□■特徴■□■

■正逆両方向の回転に使用可能
・正逆両方向(時計方向・反時計方向)の使用が可能
片方向タイプも対応可能
■小型・軽量
・OTLV 6Bの場合、外径φ18、質量7.1gw 当社OTLC-6Bと比較し、重量18%減
■環境条件(温度・湿度)に影響されにくい
・使用環境 0℃〜60℃ 90%RH
■取り付けが容易
・回り止めとして、弊社推奨の平行ピンまたは専用スプリングピンをご使用ください
平行ピンご使用の場合、軸(シャフト)への圧入は不要
(すきまばめで可)内輪スリワリ部がピンの脱落を防止

その他機能や詳細については、カタログダウンロード
もしくはお問い合わせ下さい。

価格

-

価格帯

納期

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

トルクリミッタOTLV型

用途/実績例

詳細については、カタログダウンロード
もしくはお問い合わせ下さい。

よく使用される業種

樹脂・プラスチック、その他

カタログトルクリミッタOTLV型

  • 内輪の外周面にコイルスプリングを圧入、
    両部品の摩擦力を利用、トルク入力側から出力側に伝達するトルクを制限する構造
     
    トルクリミッタのご案内です。

    ■□■特徴■□■

    ■正逆両方向の回転に使用可能
    ・正逆両方向(時計方向・反時計方向)の使用が可能
    片方向タイプも対応可能
    ■小型・軽量
    ・OTLV 6Bの場合、外径φ18、質量7.1gw 当社OTLC-6Bと比較し、重量18%減
    ■環境条件(温度・湿度)に影響されにくい
    ・使用環境 0℃〜60℃ 90%RH
    ■取り付けが容易
    ・回り止めとして、弊社推奨の平行ピンまたは専用スプリングピンをご使用ください
    平行ピンご使用の場合、軸(シャフト)への圧入は不要
    (すきまばめで可)内輪スリワリ部がピンの脱落を防止

    その他機能や詳細については、カタログダウンロード
    もしくはお問い合わせ下さい。

取扱会社トルクリミッタOTLV型

各種整流機器および半導体製品、電気溶接機・光ディスクなどシステム製品、精密機構部品、合成樹脂塗料の研究・開発・製造・販売

トルクリミッタOTLV型へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

オリジン電気株式會社 コンポーネント事業部

トルクリミッタOTLV型 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • 設計から出荷まで一括対応 製缶製品の製造・加工は蔦木にお任せ
  • 第10回_神戸ものづくり中小企業展示商談会_20180514

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー