自動車製造向け『自動ブッシュ圧入装置』
自動車製造向け『自動ブッシュ圧入装置』 http://www.ipros.jp/public/product/image/92c/304430006/IPROS809107645798883414.jpg 【カタログ掲載内容】 ◎会社概要 ◎ワークイメージ・打点位置 ◎治具構造 ◎ROBOTシミュレーション ◎製作例 治具部 シート溶接SUB治具(CO2) 自動ブッシュ圧入装置 パレット搬送装置 ハンドロボ 圧入・ナットランナー機 ※詳しくは資料をご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。 有限会社鷹機興 製造・加工機械 > 組立機械 > 組立機械 -
  • ご要望に合わせて設備の自動化を実現!省力化・コスト削減に貢献いたします
    有限会社鷹機興
    鷹機興は、主に産業用自動機などの製造を手掛けているメーカーで、
    国内外の自動車メーカーやサプライヤーへの納入実績も多数ございます。

    自動で金属ブッシュの圧入が行える『自動ブッシュ圧入装置』の
    製作も可能で、設計から、現地据付まで対応しております。

    【製作例:『自動ブッシュ圧入装置』】
    ■概要:圧入ユニットを両サイドからスライドさせ、
        油圧シリンダーにより金属ブッシュを圧入
    <基本的な製作の流れ>
    ■お客様の仕様を基に機械構想、設計
    ■製作・組立ての後、ベクトロン制御ソフトにより精度測定・精度出し
    ■配管(低圧・高圧・OSTなど全般に対応)
    ■電気配線(機内配線・制御盤製作および配線)
    ■現地据付(重量物搬入~据付工事一式)
    ■自動確認

    ※製作事例(CAD画像)を掲載した「会社案内カタログ」を
     ダウンロードからご覧いただけます。
  • 自動ブッシュ圧入装置の製品画像です
    画像をクリックして拡大イメージを表示

基本情報自動車製造向け『自動ブッシュ圧入装置』

【カタログ掲載内容】
◎会社概要
◎ワークイメージ・打点位置
◎治具構造
◎ROBOTシミュレーション
◎製作例
治具部
シート溶接SUB治具(CO2)
自動ブッシュ圧入装置
パレット搬送装置
ハンドロボ
圧入・ナットランナー機

※詳しくは資料をご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

価格

-
※詳細はお問合せください。

価格帯

納期


※詳細はお問い合わせください。

発売日

取扱い中

用途/実績例

【実績】
自動車メーカー各社様、建機メーカー各社様

よく使用される業種

化学、樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、自動車・輸送機器、試験・分析・測定、IT・情報通信、医薬品・バイオ、建築・土木・エンジニアリング、製造・加工受託、医療・福祉、教育・研究機関、官公庁

カタログ自動車製造向け『自動ブッシュ圧入装置』

  • 【商品概要】
    自動車ドアパネル溶接ライン用ロボットハンド
    搬送用ロボットの取り付けし工程間の搬送を行う。
    2車種のパネルの搬送が可能。
    シリンダーでユニットをスイング及びシフトさせて、受け及びクランプ位置を変えて対応。
    [PDF:4MB]

取扱会社自動車製造向け『自動ブッシュ圧入装置』

有限会社鷹機興

産業用自動機*マルチ溶接装置*ROBOT&SYSTEM* 治具各種*試作*自動検査機*コンベヤー*設備、治具精度測定等の企画、設計、加工製作、制御、移設据付の一式

自動車製造向け『自動ブッシュ圧入装置』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

有限会社鷹機興

自動車製造向け『自動ブッシュ圧入装置』 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す
分類カテゴリから探す

  • 業界最小クラスの1608サイズに2色搭載!ロームの小型・低背2色チップLED SML-D2シリーズ
  • スペーサーの調達ならヒロスギネット 金属・樹脂スペーサー、ピンヘッダーなど全78,000品

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー