高周波加熱装置の特徴
高周波加熱装置の特徴 http://www.ipros.jp/data/products/tmp/307888/003/img/1.jpg 磁気の電磁誘導作用を利用して加熱『高周波加熱装置』 ■□■特徴■□■ ■高周波誘導加熱の優位点 ・他の加熱方式が対流・輻射・伝導による外部の熱源からの熱の移動に  依存するのに対し、 高周波誘導加熱では商用電源50/60Hzから  数百〜数千万Hzに変換し、電源から被加熱体(導電体)に磁気を介した非接触で  効率よく投入させる方式で、被加熱物自身が直接発熱 ・環境に左右されず導電体であれば全てに適用可能であり、制御などを  高速で行うことが可能 ・誘導電流の周波数や加熱コイルを適正に選択することで、被加熱体の一部分の  急速加熱が可能 ■瞬間・局部・均一加熱が可能。表面のみの加熱にも対応 ■より早期の納入、装置の小型・軽量化を実現 ■金属を使用するすべての産業用加熱に多用に対応 ■更に詳しい原理を知りたい方は資料をダウンロードして下さい。 ■「既存入れ替え」をご検討の方は、お使いの製品のメーカーをご記載ください。 株式会社高周波ネッスル 科学・理化学機器 > 加熱装置・炉 > 加熱装置 高周波加熱装置 -
  • 高周波加熱装置の特徴
    株式会社高周波ネッスル
    磁気の電磁誘導作用を利用して加熱『高周波加熱装置』

    ■□■特徴■□■

    ■高周波誘導加熱の優位点
    ・他の加熱方式が対流・輻射・伝導による外部の熱源からの熱の移動に
     依存するのに対し、 高周波誘導加熱では商用電源50/60Hzから
     数百〜数千万Hzに変換し、電源から被加熱体(導電体)に磁気を介した非接触で
     効率よく投入させる方式で、被加熱物自身が直接発熱
    ・環境に左右されず導電体であれば全てに適用可能であり、制御などを
     高速で行うことが可能
    ・誘導電流の周波数や加熱コイルを適正に選択することで、被加熱体の一部分の
     急速加熱が可能
    ■瞬間・局部・均一加熱が可能。表面のみの加熱にも対応
    ■より早期の納入、装置の小型・軽量化を実現
    ■金属を使用するすべての産業用加熱に多用に対応

    ======≪お試しキャンペーン≫======
    今なら!下記のキャンペーンを行っております!
    是非一度お試しください。
    ■無料デモ(加熱テスト)
    ■製品加工サンプル 無料提供
    ※詳細は【お問い合わせ】よりご連絡ください。
    ======================
  • 高周波加熱装置の特徴の製品画像です
    高周波加熱装置の特徴の製品画像です

基本情報高周波加熱装置の特徴

磁気の電磁誘導作用を利用して加熱『高周波加熱装置』

■□■特徴■□■

■高周波誘導加熱の優位点
・他の加熱方式が対流・輻射・伝導による外部の熱源からの熱の移動に
 依存するのに対し、 高周波誘導加熱では商用電源50/60Hzから
 数百〜数千万Hzに変換し、電源から被加熱体(導電体)に磁気を介した非接触で
 効率よく投入させる方式で、被加熱物自身が直接発熱
・環境に左右されず導電体であれば全てに適用可能であり、制御などを
 高速で行うことが可能
・誘導電流の周波数や加熱コイルを適正に選択することで、被加熱体の一部分の
 急速加熱が可能
■瞬間・局部・均一加熱が可能。表面のみの加熱にも対応
■より早期の納入、装置の小型・軽量化を実現
■金属を使用するすべての産業用加熱に多用に対応

■更に詳しい原理を知りたい方は資料をダウンロードして下さい。
■「既存入れ替え」をご検討の方は、お使いの製品のメーカーをご記載ください。

価格

-

価格帯

納期

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

高周波加熱装置

用途/実績例

■□■用途■□■

■ろう付
■半田付
■焼入
■焼鈍
■ビレットヒータ
■溶接・鍛接
■溶解
■焼嵌
■接着
■ボンバーダー
■半導体製造
■プラズマ過加熱
■ハクリ・脱パン
■樹脂コーティング
■プラスチック成形
■金型加工
■熱サイクル試験他

よく使用される業種

化学、樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、民生用電気機器、電子部品・半導体、自動車・輸送機器、試験・分析・測定、医薬品・バイオ、建築・土木・エンジニアリング、製造・加工受託、医療・福祉、教育・研究機関、官公庁、サービス業、その他

カタログ高周波加熱装置の特徴

  • 磁気の電磁誘導作用を利用して加熱『高周波加熱装置』

    ■□■特徴■□■

    ■高周波誘導加熱の優位点
    ・他の加熱方式が対流・輻射・伝導による外部の熱源からの熱の移動に
     依存するのに対し、 高周波誘導加熱では商用電源50/60Hzから
     数百〜数千万Hzに変換し、電源から被加熱体(導電体)に磁気を介した非接触で
     効率よく投入させる方式で、被加熱物自身が直接発熱
    ・環境に左右されず導電体であれば全てに適用可能であり、制御などを
     高速で行うことが可能
    ・誘導電流の周波数や加熱コイルを適正に選択することで、被加熱体の一部分の
     急速加熱が可能
    ■瞬間・局部・均一加熱が可能。表面のみの加熱にも対応
    ■より早期の納入、装置の小型・軽量化を実現
    ■金属を使用するすべての産業用加熱に多用に対応

    ■更に詳しい原理を知りたい方は資料をダウンロードして下さい。
    ■「既存入れ替え」をご検討の方は、お使いの製品のメーカーをご記載ください。

取扱会社高周波加熱装置の特徴

●誘導加熱装置製造販売 ●高周波誘導加熱装置 ●高周波金属溶解装置 ●高周波ロー付・ハンダ付装置 ●高周波焼入れ装置

高周波加熱装置の特徴へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社高周波ネッスル

高周波加熱装置の特徴 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • 遅延わずか0.6mS 非圧縮データを高速伝送!デジタルワイヤレスオーディオモジュール
  • ねじならミスミ。ご利用のねじ屋さんと比べてください!

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー