粉末・溶接棒の修理サービス
粉末・溶接棒の修理サービス http://www.ipros.jp/data/products/tmp/318987/004/img/3.jpg 部品の修理、再生、延命に心がけ予防医療の様に部品の高品質化、 耐磨耗、耐熱、防触等の機械の高度化を目的とする研究開発を行っている 光栄テクノシステム社『粉末・溶接棒の修理サービス』のご案内です。 溶射用をはじめとする粉末および溶接棒を製造しています。 水素炉および真空炉を使用した焼結技術を用いて製造した製品は、 主に耐磨耗に適しています。 ※その他詳細については、カタログダウンロード   もしくはお問い合わせ下さい。 光栄テクノシステム株式会社 製造・加工機械 > 受託サービス > 製造受託 -
  • 粉末・溶接棒の修理サービス
    光栄テクノシステム株式会社
    部品の修理、再生、延命に心がけ予防医療の様に部品の高品質化、
    耐磨耗、耐熱、防触等の機械の高度化を目的とする研究開発を行っている
    光栄テクノシステム社『粉末・溶接棒の修理サービス』のご案内です。

    溶射用をはじめとする粉末および溶接棒を製造しています。

    水素炉および真空炉を使用した焼結技術を用いて製造した製品は、
    主に耐磨耗に適しています。


    ※その他詳細については、カタログダウンロード
      もしくはお問い合わせ下さい。
  • 粉末・溶接棒の修理サービスの製品画像です
    粉末・溶接棒の修理サービスの製品画像です

基本情報粉末・溶接棒の修理サービス

部品の修理、再生、延命に心がけ予防医療の様に部品の高品質化、
耐磨耗、耐熱、防触等の機械の高度化を目的とする研究開発を行っている
光栄テクノシステム社『粉末・溶接棒の修理サービス』のご案内です。

溶射用をはじめとする粉末および溶接棒を製造しています。

水素炉および真空炉を使用した焼結技術を用いて製造した製品は、
主に耐磨耗に適しています。


※その他詳細については、カタログダウンロード
  もしくはお問い合わせ下さい。

価格

-

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

■□■用途■□■

溶射用・粉末冶金用・その他粉末の製造・肉盛溶接棒製造

よく使用される業種

化学、樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、自動車・輸送機器、建築・土木・エンジニアリング、製造・加工受託、サービス業、その他

カタログ粉末・溶接棒の修理サービス

  • 部品の修理、再生、延命に心がけ予防医療の様に部品の高品質化、
    耐磨耗、耐熱、防触等の機械の高度化を目的とする研究開発を行っている
    光栄テクノシステム社『品質評価・研究開発サービス』のご案内です。

    組織観察や硬度試験、磨耗試験などにより、常に溶射皮膜の品質評価に
    努めています。

    また、光栄技術研究所と共に、溶射を中心とする表面処理の研究を
    行っています。

    ※その他詳細については、カタログダウンロードもしくはお問い合わせ下さい。

取扱会社粉末・溶接棒の修理サービス

■溶射加工 高速フレーム溶射・プラズマ溶射・溶線式フレーム溶射・粉末式フレーム溶射 アーク溶射・セラミック・サーメット・樹脂溶射・耐磨耗皮膜マグコート加工 ■エンジンの再生と修理 シリンダーヘッドの修理・クランクシャフトの修理・シリンダーブロックの修理 その他シリンダーロッドの修理 ■粉末・溶接棒の修理 溶射用・粉末冶金用・その他粉末の製造・肉盛溶接棒製造 ■切削・切削加工 円筒・クランク軸・内径・平面などの精密研磨加工 旋盤・フライス盤・ボール盤などによる機械加工 ■その他の事業 動バランス・溶接加工・フッ素樹脂加工・品質評価・研究開発

粉末・溶接棒の修理サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

光栄テクノシステム株式会社

粉末・溶接棒の修理サービス が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • ゴムワッシャー大増量!ピンヘッダー・ローレットツマミなど全78,000アイテム収録!総合カタログ進呈中
  • 加工効率を改善。新バージョン VERICUT8.0

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー