輝度箱 LB-1400
輝度箱 LB-1400 http://www.ipros.jp/public/product/image/769/39509019/IPROS4092828731980149983.JPG 【特徴】 ○小型、低価格の拡散光源  ○カメラ調整、イメージセンサ・ラインセンサの検査用等の幅広い用途 ○輝度値変更可能 【仕様】 ○色温度:2,856K±150 ○輝度値:900cd/m² ○輝度面:□100mm ○輝度ムラ±5% ○光源:ハロゲンランプ ○点灯方式:DC点灯 ○電源:AC100~240V (50Hz/60Hz)・75VA ○外形寸法:164(W)x215(H)x208(D)mm・4kg ●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをご覧ください。 京立電機株式会社 測定・分析 > 試験機器・装置 > 試験機器・装置 LB-1400
  • 小型で低価格の拡散光源。幅広い用途に最適な輝度箱です
    京立電機株式会社
    「輝度箱 LB-1400」は、小型で低価格の拡散光源です。輝度値変更が可能です。カメラ調整、イメージセンサ・ラインセンサの検査用等の幅広い用途に最適です。主な仕様としては、色温度2,856K±150、輝度値900cd/m²、輝度面□100mm、輝度ムラ±5%となっており、光源はハロゲンランプで、点灯方式はDC点灯です。
    詳しくはお問い合わせ、またはカタログをご覧ください。
  • 輝度箱 LB-1400の製品画像です
    画像をクリックして拡大イメージを表示
  • この製品 を
  • Twitterボタン

基本情報輝度箱 LB-1400

【特徴】
○小型、低価格の拡散光源 
○カメラ調整、イメージセンサ・ラインセンサの検査用等の幅広い用途
○輝度値変更可能

【仕様】
○色温度:2,856K±150
○輝度値:900cd/m²
○輝度面:□100mm
○輝度ムラ±5%
○光源:ハロゲンランプ
○点灯方式:DC点灯
○電源:AC100~240V (50Hz/60Hz)・75VA
○外形寸法:164(W)x215(H)x208(D)mm・4kg

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをご覧ください。

価格

※お問い合わせ下さい。

価格帯

納期


※お問い合わせ下さい。

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

LB-1400

用途/実績例

標準光源ラインナップ約50種類、またお客様の仕様にあったサイズ、
面精度、色温度の光源をカスタマイズいたします。

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをご覧ください。

よく使用される業種

産業用機械、ロボット、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、光学機器、試験・分析・測定、その他製造、その他

カタログ輝度箱 LB-1400

取扱会社輝度箱 LB-1400

京立電機株式会社

●カメラ用測定器 マルチカメラテスター レンズシャッター用テスター SLRデジタルカメラ用シャッターテスター CCDアライメント測定器 受光面距離測定器 手ぶれ補正機能付きレンズ試験器 フラッシュ光量テスター フラッシュ配光テスター 絞り面積計 ●ビデオ・デジタルカメラ・半導体受光素子調整用光源 透過型パターンボックス 反射型パターンボックス 輝度箱 フィルターチェンジャー AF検査用コリメータ LED光源 フリッカー光源 ●医家向け医療機器 OEM製品 血中総ビリルビン値定量計 内視鏡用光源・プロセッサ装置 3CCDイメージングシステム ●特注製品 AF立体チャート評価システム 光源別色評価システム ゴースト評価システム 特殊自由雲台 ●画像評価ソリューション DxO Analyzer

輝度箱 LB-1400へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

京立電機株式会社

輝度箱 LB-1400 が登録されているカテゴリ

開く

分類カテゴリから探す

  • 金属ワッシャー大増量!総合カタログ最新版 進呈
  • 暑い現場を5℃冷やす。霧+ファンの冷房装置『COOLJetter』

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • 建築建材インテリア(製造)
  • キーマンインタビュー