円筒型電池用注液装置VD102型
円筒型電池用注液装置VD102型 http://www.ipros.jp/data/products/tmp/009449/011/img/fineflow_VD102.jpg ■□概要□■ ■本機械は円筒型の電池に電解液を注入する機械で 電池台に電池をセットし、起動スイッチを押せば電池台が 上昇し電池内部を真空状態にし、ストックタンクの 電解液が注入されます。 ■注入量は計量ポンプでストックタンクの投入されます。 ■減圧保持注入加圧等注入条件を個々に設定できますから 電池や電解液に応じた注入条件を実現できます。 ■□外形 寸法□■ W350×H550×L400mm ■□詳細は資料請求またはカタログをダウンロードして下さい□■ 有限会社ファインフロー研究所 製造・加工機械 > 半導体製造装置 > その他半導体製造装置 -
  • VD102型は円筒型電池専用の電解液注入装置です。
    有限会社ファインフロー研究所
    VD102型は円筒型電池専用の電解液注入装置です。
    注入量は計量ポンプで設定した量を計量し、流量制御ポンプで真空と加圧を繰り返しながら注入します。

    ■□概要□■

    ■本機械は円筒型の電池に電解液を注入する機械で
    電池台に電池をセットし、起動スイッチを押せば電池台が
    上昇し電池内部を真空状態にし、ストックタンクの
    電解液が注入されます。
    ■注入量は計量ポンプでストックタンクの投入されます。
    ■減圧保持注入加圧等注入条件を個々に設定できますから
    電池や電解液に応じた注入条件を実現できます。

    ■□外形 寸法□■
    W350×H550×L400mm

    ■□詳細は資料請求またはカタログをダウンロードして下さい□■
  • 注液装置 『円筒型電池注液装置VD102型』の製品画像です
    注液装置 『円筒型電池注液装置VD102型』の製品画像です

基本情報円筒型電池用注液装置VD102型

■□概要□■

■本機械は円筒型の電池に電解液を注入する機械で
電池台に電池をセットし、起動スイッチを押せば電池台が
上昇し電池内部を真空状態にし、ストックタンクの
電解液が注入されます。
■注入量は計量ポンプでストックタンクの投入されます。
■減圧保持注入加圧等注入条件を個々に設定できますから
電池や電解液に応じた注入条件を実現できます。

■□外形 寸法□■
W350×H550×L400mm

■□詳細は資料請求またはカタログをダウンロードして下さい□■

価格

-

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

■□用途■□
●ラボ用円筒型電池

よく使用される業種

樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属

カタログ円筒型電池用注液装置VD102型

  • VD102型は円筒型電池専用の電解液注入装置です。注入量は計量ポンプで設定した量を計量し、流量制御ポンプで真空と加圧を繰り返しながら注入します。

    ■□概要□■

    ■本機械は円筒型の電池に電解液を注入する機械で
    電池台に電池をセットし、起動スイッチを押せば電池台が
    上昇し電池内部を真空状態にし、ストックタンクの
    電解液が注入されます。
    ■注入量は計量ポンプでストックタンクの投入されます。
    ■減圧保持注入加圧等注入条件を個々に設定できますから
    電池や電解液に応じた注入条件を実現できます。

    ■□外形 寸法□■
    W350×H550×L400mm

    ■□詳細は資料請求またはカタログをダウンロードして下さい□■

取扱会社円筒型電池用注液装置VD102型

●テフロンバルブ ●プランジャーポンプ ●ディスペンサ ●食品用多軸ポンプ ●電解液真空注液  ●シリンジ充填機 ●研究用コーター

円筒型電池用注液装置VD102型へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

有限会社ファインフロー研究所


  • ロームの評価キットシリーズにセンサメダルが新登場
  • 金属ワッシャー大増量!総合カタログ最新版 進呈

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • 建築建材インテリア(製造)
  • キーマンインタビュー