コロナ放電表面改質装置 コロナフィット
コロナ放電表面改質装置 コロナフィット http://www.ipros.jp/data/products/tmp/094806/004/img/コロナフィット.jpg コロナ放電による表面改質方法は、従来の処理法(プライマー・サンドブラスト・火炎)等に比べて様々な利点を持った高度処理法です。その高性能とクリーン性が評価され、多方面での採用が増えています。 【特長】 ◆アース極が不要なので異形の製品も改質可能。 ◆コロナ炎を表面に吹き付けるだけで改質可能。 ◆取扱いが簡単。 ◆手動での操作はもちろん、固定しての操作にも使用可能です。 ※詳細は『資料請求』『カタログダウンロード』でご確認下さい。 信光電気計装株式会社 製造・加工機械 > 加工機械 > その他加工機械 コロナ放電表面改質装置 コロナフィット -
  • コロナ放電表面改質装置 コロナフィット
    信光電気計装株式会社
    コロナ放電による表面改質方法は、従来の処理法(プライマー・サンドブラスト・火炎)等に比べて様々な利点を持った高度処理法です。その高性能とクリーン性が評価され、多方面での採用が増えています。

    【特長】
    ◆アース極が不要なので異形の製品も改質可能。
    ◆コロナ炎を表面に吹き付けるだけで改質可能。
    ◆取扱いが簡単。
    ◆手動での操作はもちろん、固定しての操作にも使用可能です。


    ※詳細は『資料請求』『カタログダウンロード』でご確認下さい。
  • コロナ放電表面改質装置 コロナフィットの製品画像です
    コロナ放電表面改質装置 コロナフィットの製品画像です
  • この製品を
  • Twitterボタン

基本情報コロナ放電表面改質装置 コロナフィット

コロナ放電による表面改質方法は、従来の処理法(プライマー・サンドブラスト・火炎)等に比べて様々な利点を持った高度処理法です。その高性能とクリーン性が評価され、多方面での採用が増えています。

【特長】
◆アース極が不要なので異形の製品も改質可能。
◆コロナ炎を表面に吹き付けるだけで改質可能。
◆取扱いが簡単。
◆手動での操作はもちろん、固定しての操作にも使用可能です。


※詳細は『資料請求』『カタログダウンロード』でご確認下さい。

価格

-

価格帯

納期

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

コロナ放電表面改質装置 コロナフィット

用途/実績例

通常、コロナ放電による表面改質に関しては、アース電極を取らなければいけません。しかし、製品の形状によっては難しいこともあります。

コロナフィットではコロナ炎を機械内部で作り出し、噴出しますのでアース電極が不要となり、異形のものにも対応できるようになりました。

よく使用される業種

樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用電気機器、電子部品・半導体

カタログコロナ放電表面改質装置 コロナフィット

  • コロナ放電による表面改質方法は、従来の処理法(プライマー・サンドブラスト・火炎)等に比べて様々な利点を持った高度処理法です。その高性能とクリーン性が評価され、多方面での採用が増えています。

    【特長】
    ◆アース極が不要なので異形の製品も改質可能。
    ◆コロナ炎を表面に吹き付けるだけで改質可能。
    ◆取扱いが簡単。
    ◆手動での操作はもちろん、固定しての操作にも使用可能です。


    ※詳細は『資料請求』『カタログダウンロード』でご確認下さい。

取扱会社コロナ放電表面改質装置 コロナフィット

●電子応用計測機器の設計製作・販売 ●自動制御装置の設計製作・施工 ●信号保安装置の設計製作・施工

コロナ放電表面改質装置 コロナフィットへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

信光電気計装株式会社


  • iREX2017に出展します!「ロボット組立適合コネクタ」で自動実装の最適ソリューションを!
  • 断水不要!ネジを締めるだけで配管の水漏れが直る!児玉工業の圧着ソケット

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー