サーバーラック免震装置 サーバーウテナ
サーバーラック免震装置 サーバーウテナ http://www.ipros.jp/data/products/tmp/095498/029/img/utena1.jpg 【概要】 許容変位が±365mmと大きく、固有周期が長い為免震性能が高く建物の中層階にも設置が可能。信頼性が高く、大きな免震効果を発揮します。万一、許容変位を超える地震でも、ラックは転倒しない構造となっています。プラスドライバー1本で分解、組立が可能です。4つのパーツに分解して運送可能。円弧レールを使用しているため、積載重量が変わっても免震性能は一定です。免震装置中央の開口部が大きい為、ケーブル入線が容易。コンピュータに影響を及ぼす【マグネット】【ジンクウィスカ】は使用していません。 ★詳細は、資料をご請求下さい。 ニッキャビ株式会社 IT・ネットワーク > サーバ > サーバー サーバーラック免震装置 サーバーウテナ 弊社総合カタログをご覧ください。
  • サーバーラック免震装置 サーバーウテナ
    ニッキャビ株式会社
    【概要】
    許容変位が±365mmと大きく、固有周期が長い為免震性能が高く建物の中層階にも設置が可能。信頼性が高く、大きな免震効果を発揮します。万一、許容変位を超える地震でも、ラックは転倒しない構造となっています。プラスドライバー1本で分解、組立が可能です。4つのパーツに分解して運送可能。円弧レールを使用しているため、積載重量が変わっても免震性能は一定です。免震装置中央の開口部が大きい為、ケーブル入線が容易。コンピュータに影響を及ぼす【マグネット】【ジンクウィスカ】は使用していません。

    ★詳細は、資料をご請求下さい。
  • サーバーラック免震装置 サーバーウテナの製品画像です
    画像をクリックして拡大イメージを表示
  • この製品を
  • Twitterボタン

基本情報サーバーラック免震装置 サーバーウテナ

【概要】
許容変位が±365mmと大きく、固有周期が長い為免震性能が高く建物の中層階にも設置が可能。信頼性が高く、大きな免震効果を発揮します。万一、許容変位を超える地震でも、ラックは転倒しない構造となっています。プラスドライバー1本で分解、組立が可能です。4つのパーツに分解して運送可能。円弧レールを使用しているため、積載重量が変わっても免震性能は一定です。免震装置中央の開口部が大きい為、ケーブル入線が容易。コンピュータに影響を及ぼす【マグネット】【ジンクウィスカ】は使用していません。

★詳細は、資料をご請求下さい。

価格

弊社総合カタログをご覧ください。

価格帯

納期


※1週間程度

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

サーバーラック免震装置 サーバーウテナ

用途/実績例

-

よく使用される業種

化学、樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、自動車・輸送機器、試験・分析・測定、IT・情報通信、ソフトウェア、医薬品・バイオ、建築・土木・エンジニアリング、製造・加工受託、医療・福祉、教育・研究機関、官公庁、サービス業、その他

取扱会社サーバーラック免震装置 サーバーウテナ

ニッキャビ株式会社

●19インチキ ャビネットラック (アルミ/スチール/木工各種) ●各種コンソールデスク・編集テーブル ●特注キャビネット、デスク、モニター棚等の設計、製作、販売 ●木製コンソールデスク、テーブルの設計、製作、販売 ●各種筐体の搬入、アンカー設置工事等 ●精密板金加工、機械加工、二次処理、彫刻、印刷等

サーバーラック免震装置 サーバーウテナへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

ニッキャビ株式会社

サーバーラック免震装置 サーバーウテナ が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す
分類カテゴリから探す

  • 下水道、配水管用止水プラグ 様々な形状・管径に対応
  • INCHEM TOKYO 2017 プラント補修・保全・長寿命化コーナー初出展

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー