• 【セミナー 11/25】超短パルスレーザーによる微細加工技術と応 製品画像

    ★原理、特長、課題から加工時のポイントまで分かりやすく解説!

    ■ 講師 1. (国研)理化学研究所 光量子工学研究センター 先端レーザー加工研究チーム チームリーダー 工学博士 杉岡 幸次 氏 2. トルンプ(株) レーザー事業部 インダストリーマネジメント 中村 洋介 氏 3. (公財)レーザー技術総合研究所 レーザープロセス...(つづきを見る

    seminar_phot02.jpg
  • MODELAシリーズ活用 加工スクール 製品画像

    「MDX-50」をはじめとするローランドD.G.社の切削加工機をもっと…

    システムクリエイトでは、卓上切削加工機「MODELA」シリーズを活用した、加工スクールを定期開催いたします! 「切削加工機をはじめて導入するけど、何が必要?」 「MDXシリーズを一度見てみたい」 加工ノウハウをデモンスト...(つづきを見る

  • [技術セミナー]切削加工講座 製品画像

    切削加工技術を工具から極める!~精密切削工具活用と工具開発の実務力を身…

    切削加工において切削工具は最重要の技術要素の一つです。切削加工の品質・コスト・生産性のすべてが、切削工具によって大きく左右されます。加工技術をよりよいものにしていくためには、切削工具の適切な選定、そして工具...(つづきを見る

  • 塗装代替・塗装加飾フィルム・材料・加工と自動車用途展開 製品画像

    ★水圧転写、熱成形、TOMなど、各種加工法に対応する加飾フィルムの技術…

    ージ 【発刊元】 株式会社AndTech ★自動車を中心とした応用展開を網羅! ★インサート・インモールド加飾!3次元化に向けた各社の取り組みとは? ★水圧転写、熱成形、TOMなど、各種加工法に対応する加飾フィルムの技術とは? ★無塗装メタリック樹脂、金属調加飾、インクジェット曲面印刷の自動車用途展開!...(つづきを見る

  • 【小型切削加工システムのサポート】スタートアップ・コース 製品画像

    使い方のノウハウ、必要なもののご提案、切削加工の実習など。奥深くきめ細…

    奥深くキメ細かい最強のサポート お客様がご利用中(またはご利用予定)の小型切削加工システムについて、基本的な使い方や活用方法についてサポートさせていただきます。使い方のノウハウのご提供、必要な物のご提案、切削加工の実習などを行ないます。元Roland社員が行なう奥深くキメ細かい最...(つづきを見る

  • 4/18『CFRP・複合材料の成形加工技術の基礎と力学特性評価』 製品画像

    【セミナー】難加工性を克服するための講座。新しい変形加工技術を修得し、…

    【修得知識】●繊維強化材の基礎、成形加工法概論、プレス変形加工の試み ...(つづきを見る

  • SiCウェハスライスにおける マルチワイヤ等を用いた放電加工技術 製品画像

    ★SiCウエハスライシングに有望な放電スライス技術とは!? ★放電加…

    対 象 放電加工の基本からSiCのウエハスライシングに有望な放電スライス技術関心のある技術者・研究者・担当部門・初心者など 会 場 川崎市教育文化会館 第1学習室【神奈川・川崎】 JRまたは京急線 川崎駅 下...(つづきを見る

  • 高分子レオロジーの特性制御と  成形加工性制御、成形性改良例 製品画像

    ★プラスチックのレオロジー(粘弾性)特性とは!? ★実際のプラスチッ…

    講 師 山形大学 大学院 理工学研究科 准教授 杉本 昌隆 氏 対 象 プラスチックの成形加工とレオロジー特性に関心のある研究者・担当者など 会 場 川崎市国際交流センター 第1会議室 【神奈川・川崎市】東横線 元住吉駅から徒歩10分 日 時 平成23年10月28日(金) 13:3...(つづきを見る

  • 幾何公差方式の基礎と図面のあり方、加工精度向上のポイント 製品画像

    ★技術情報を伝達する幾何公差を盛り込んだ図面のあり方、図面の妥当性、加…

    講 師 第1部 井上設計製図コンサルタント 代表 井上 忠臣 氏 第2部 東芝機械(株) ナノ加工システム事業部 技術顧問 博士(工学) 田中 克敏 氏 対 象 幾何公差、設計、図面に課題のある研究者など 会 場 川崎市国際交流センター 第4会議室 【神奈川・川崎】東急東横線・東急目黒線...(つづきを見る

  • 4/8【セミナー】 精密プラスチック成形加工の基礎と高精度化 製品画像

    小型で高精度な成形加工を可能にするための講座。

    複雑な機能形状が要求される樹脂加工、精密転写成形技術を修得し最適な製品つくりに活かそう! 【受講対象→射出成形加工の初心者、中堅技術者、携帯電話、自動車の重要保安部品 、ICパッケージ用プラスチック 、コネクター、OA 機器等の機構...(つづきを見る

  • ウエハ加工 基板・実績 製品画像

    シリコンウエーハ、ガラスなどを主に、お客様のニーズに応じた加工サービス…

    ICチップの製造に使われる半導体でできた薄い板のこと。 シリコン製のものが多く、これを特に「シリコンウエハ」と呼ぶ。 ウエハは、原料の物質を「インゴット」と呼ばれる直径120mmから200mm程度の円柱状 に結晶成長させ、0.5mmから1.5mm程度に薄くスライスして作製した円盤で、直径8インチ(200mm)、12インチ(300mm)のものがよく使われる。 ICチップはウエハ上に回路パターン...(つづきを見る

  • SiC・GaNウェハ基板の低ダメージ加工・研磨プロセスと評価 製品画像

    ★高硬脆性を持つ各種GaN/SiC関係の素材の最新研磨技術

    ★大口径化対応、量産技術化へ対応する技術の今後とは? ★SiCウェハ加工時に残留する加工変質層の特徴や後工程への影響、加工変質層の分析技術についても紹介 ★事前内容リクエストサービス実施中! お客様の実務課題の持ち込み大歓迎です! 【会 場】 てくの...(つづきを見る

  • 高分子変色・劣化のメカニズムと長寿命化のコツ、成形加工時の留意点 製品画像

    高分子変色・劣化のメカニズムと長寿命化のコツ、成形加工時の留意点

    第1部 高分子材料における耐候性向上のためのHALS・UVAによる安定化 【キーワード】 1.エンプラ 2.耐候性 3.添加剤 第2部 高分子材料の変色問題・成形加工時のフィッシュアイ、ヤケ問題と長寿命化のコツ 【キーワード】 1.黄変、ピンキング、変色メカニズム 2.フィシュアイ 3.ヤケ(焼け現象) 【講演主旨】 高分子材料には、黄変やピン...(つづきを見る

  • 医療プラスチック/包装容器の材料設計と成形加工、高機能化、適用例 製品画像

    ★医薬品包装用プラスチック市場推移(アイテム別)の解説 ★医療品保存…

    ~基礎、樹脂・助剤の選定、生体との相互作用、低吸着性、高透明化、市場動向~ ★材料選定時に考慮すべき点! ★成形加工に必要な素材への工夫とは?! 助剤とは? ★医療機器における表面処理技術(生体との相互作用) 会 場 東京中央区産業会館 4F 第2集会室【東京・中央区】 ・都営浅草線 東日本橋駅 浅草橋...(つづきを見る

  • SiCウェハにおける精密加工技術と平滑性向上 製品画像

    ★シリコンとは異なる耐薬品に優れたSICにマッチする洗浄剤、研磨剤はど…

    講 師 第1部 同志社大学 理工学部機能分子・生命化学科 教授 田坂 明政 氏 第2部 日本エクシード株式会社 常務取締役 森澤 祐二 氏 対 象 SiC、加工・材料に関心のある研究者・担当者など 会 場 川崎市教育文化会館 第2学習室【神奈川・川崎市】 JRもしくは京急線 川崎駅 下車 徒歩12分 日 時 平成23年8月25日(木) 13:30...(つづきを見る

  • 携帯端末ディスプレイカバーガラス ~タッチパネル要求特性加工強化 製品画像

    ★ガラスの基礎から最新のカバーガラスの状況まで理解できます。 ★静…

    周辺の部材についての幅広い内容とします。  特に携帯端末用のカバーガラスに関しては海外へのシフトが当初より強い状況にありますが、ガラスの化学強化等で、より信頼性の高い技術が求められます。また3次元加工といった 新しい要望が出てきています。これらへの取り組み、国内で技術蓄積を行なってきた弊社の状況についても説明します。...(つづきを見る

  • ナノレベルで分子鎖を混錬する高せん断成形加工法 製品画像

    ★異種高分子同士をナノレベルで混合する技術、さらにはCNTに代表される…

    【講演主旨】 演者は世界に先がけ『高せん断成形加工法』を開発し、異種高分子同士をナノレベルで混合する技術、さらにはCNTに代表されるナノサイズフィラーを高分子にナノ分散させる技術を構築し、多様な新規ナノコンポジット創製に道を拓いた。本講演では、高せ...(つづきを見る

  • 【セミナー 10/8】ポリウレタンフォームの材料設計と成形加工技 製品画像

    ★ ウレタン原料の特徴、選び方からフォームの製造、成形トラブル対策まで…

    ■ 講師 1.愛知工業大学 名誉教授 理学博士 尾之内 千夫 氏 2. 東ソー(株) 南陽研究所 主任研究員 徳本 勝美 氏氏 3. Cannon S.p.A. 海外オペレーション 統括マネージャー 外山 寿 氏 4.丸加化工機(株) 伊藤 義雄 氏 ■ 開催要領 日 時 : 2019年10月8日(火) 10:00~17:00 会 場 : [東京・五反田...(つづきを見る

    seminar_phot02.jpg
  • プラスチック加飾の最新動向・成形加工と住宅デザイン要望・採用基準 製品画像

    ★モバイル加飾、自動車加飾以外にもスマートハウスや省エネ住宅の拡大で有…

    合的、体系的に捉えて解説し、最近の動向を成形品サンプル、実例写真を提示して説明する。そして、建材・家具への加飾技術の利用について説明し、今後の方向を示す。 【講演内容】 建材、家具部材などの加工方法や加工機械について解説。また、欧州の二次加工技術・機械の最新動向、これらを取り巻く環境などについて述べる。 【講演内容】  工業化住宅が誕生して40年あまり、その間、住宅は「生活の器」と...(つづきを見る

  • 表面プラズモン入門 ~基礎、メカニズム、微細加工、応用研究動向~ 製品画像

    ★伝搬型および局在型の表面プラズモンの基礎から最新の応用研究動向まで!…

    表面プラズモンの特長は光の波長以下の空間領域への閉じ込め効果と、そこにおける光電場の増強効果である。さらに、一昔前までは、単純な薄膜やコロイド粒子になどに限られていた金属形状が、近年の微細加工技術の向上により、様々な複雑な形状が作製できるようになったことと相まって、プラズモニクスのナノフォトニクス・ナノオプティクスの占める割合は増加の一途をたどっている。本講演では伝搬型、および局在型の表...(つづきを見る

  • レーザ加工の基礎とプロセス技術上の留意点、トラブル対策 製品画像

    ★現場で起きるレーザートラブル(「コゲ」等)とその対策 ※8月16日…

    【講演主旨】 レーザ加工技術は、日進月歩で進化して様々な分野で利用されている。 本セミナーでは、レーザ加工技術の基礎と最新動向、加工技術の要諦を判り易く解説します。...(つづきを見る

  • フィルム加工工程における静電気現象の理解と各種除電法・管理の仕方 製品画像

    放電痕・湿度・コロナ処理・真空蒸着・エアブロー・自己放電 ★フィルム…

    フィルムは、体積や質量に対して表面の占める割合が大きく、その表面が帯電すると製品や製造・加工工程に大きな影響を及ぼします。静電気現象は設備に起因する特徴的な帯電気現象が関与し、各工程の特殊性と複雑さにより基本的な理解が進まず、対策に苦慮されている事例が多いようです。今回は、フィルムプロセス...(つづきを見る

  • 再生医療新法・薬事法改正を踏まえた細胞加工施設の品質管理・評価 製品画像

    ~早期承認制度の理解・無菌化・汚染リスク・施設バリデ―ション対策~

    【講 師】  大阪大学 工学研究科 生命先端工学専攻 特任研究員 水谷 学 氏 会 場 川崎市産業振興会館 10F 第3会議室【神奈川県・川崎市】     ◆JR川崎駅より徒歩 5分 日 時  2015年7月27日(月) 13:30-16:30...【講座の課題と狙い】 再生医療は、これまで医薬品・医療機器の規制に準じてきたが、生きた細胞を製品として扱う上での課題があった。そこで...(つづきを見る

  • プラスチック材料中の添加剤分析法と赤外分光法による分析 製品画像

    ★耐久性改良、加工性改良、物性改良、、、 ★材料メーカーや加工メーカ…

    【講座の課題と狙い】 プラスチックに対して熱や光に対する耐久性を向上させたり、あるいは加工特性や物性を改良する目的のためにプラスチック以外の成分が添加されることがある。このような目的で加えられる成分を添加剤と呼ぶ。添加剤には多くの種類があり、通常は一成分だけでなく外的要因に対する耐久性改...(つづきを見る

  • バイオマスプラスチックの成形加工包装応用、ISO・JIS規格動向 製品画像

    ★ポリ乳酸基盤技術の進化と高性能・高機能化材料設計について徹底解説! …

    講 師 第1部 日精樹脂工業(株) ご担当者 第2部 京都工芸繊維大学 繊維科学センター 特任教授 工学博士 望月 政嗣 氏 第3部 (独)産業技術総合研究所 環境化学技術研究部門 循環型高分子グループ 国岡正雄 氏 対 象 バイオマスプラスチックに関心のある技術者・研究者・技術管理部門、営業担当者など 会 場 川崎市産業振興会館  10F 第1会議室【神奈川・川...(つづきを見る

  • 11/6【セミナー】【京都】CFRP 製品画像

    【京都開催】 炭素繊維およびCFRPの成形加工技術と市場動向

    【炭素繊維の製造方法、特性、中間基材、異方性材料としてのCFRP、成形方法、成形プロセス】 【大きな課題である後加工や接合技術、さらにCFRPの現状と市場の動向や将来の見通しも解説!】 ★ 実用化の視点で解説いたします。 ★ 成形加工方法や接合技術、各成形方法(製法)の特徴や生産技術のポイント及び今後の課...(つづきを見る

  • 現場で困らないための電鋳の基礎と応用 製品画像

    ★さらなる微細加工に対応するための精密転写技術! ★形状、サイズ、加…

    講 師 岡村技術士事務所 岡村 康弘 氏 対 象 精密加工・金型関連技術ご担当者様 会 場 川崎市国際交流センター 1F 第1会議室 【神奈川・川崎市】東横線 元住吉駅から徒歩10分 日 時 平成23年11月21日(月)13:00~16:30 ...(つづきを見る

  • 発泡樹脂の材料設計と気泡・隔膜構造・制御、次世代成形加工、応用 製品画像

    ★発泡成形の基礎から応用まで”難しい数式”は使わずに感覚的に理解できる…

    第2部 【講演主旨】から抜粋 発泡成形の基礎から応用まで、難しい数式は使わずに感覚的に理解できるように解説します。 発泡成形とは発泡性樹脂を成形して多孔質プラスチックを得る成形方法です。樹脂に発泡性を付与する発泡剤には化学発泡剤・物理発泡剤があります。発泡成形は射出成形、押出成形、ブロー成形等のプロセスと組み合わせて広く用いられてきました。前半は発泡成形に用いる発泡剤の種類と発泡成形の種類につ...(つづきを見る

  • 押出コーティング・ラミネーション加工技術Q&A【住友重機械モ】 製品画像

    セミナー後、住友重機械モダン(株) 本社・工場にて押出機、スクリュー、…

    【講 師】松本技術士事務所 技術士 ( 経営工学 ) 代表 松本 宏一 氏 【日 時】 平成22年7月5日(月) 10:30〜17:30...【スケジュール】 10:30-14:00 セミナー    ↓ 14:00-15:00 セミナー会場よりバスで住友重機械モダン株式会社(横浜市) 本社・工場へ移動    ↓ 15:00-16:30 住友重機械モダン株式会社様の本社(横浜市)・工...(つづきを見る

  • 11/21【セミナー】ゴム配合・混練 製品画像

    ゴムの配合設計力向上と混練加工技術

    配合技術・混練加工技術から、応用性の高い実践技術、技術力を高める方法論など! ゴムの配合設計・製造技術に精通し多くの経験を有する講師が、技術力・課題解決力を向上させるための視点・知識・技術を徹底解説します。 経...(つづきを見る

  • 弾塑性力学の基礎と応用 製品画像

    力学の基礎、強度・剛性・軽量化、応力解析・疲労寿命評価,塑性変形と成形…

    講 師 広島大学大学院 工学研究科 教授 工学博士 吉田 総仁 氏 対 象 鋼材など自動車関連の材料および成形加工技術担当の方 会 場 てくのかわさき 4F 会議室【神奈川・川崎】 東急溝の口駅東口、JR武蔵溝ノ口駅より徒歩8分 日 時 平成23年12月8日(木) 13:30-16:30  定 ...(つづきを見る

  • 産業応用事例にみるチタン/チタン合金の基礎と成形加工技術のポイン 製品画像

    ※9月16日までに初めてお申込される新規会員登録者は39,900円

    【講演主旨】 わが国では工業用純チタンの耐食性を生かした活用が中心で発展してきたが、国内需要は年間約1万トン弱に過ぎない(世界では年間約10万トンである)。一方、アメリカでは軍用機を含む航空機機体ならびにエンジン用高強度・耐熱合金を中心に発展してきた。今後はわが国でもチタン合金の高比強度を生かした分野での成長も期待される。チタン素材産業の課題はコストダウンと新需要分野の開拓である。そのためには、...(つづきを見る

  • 【東京・名古屋】CAD/CAM体験セミナー 製品画像

    2Dから3D加工へのステップアップに!

    タ環境は必要…でも、3DCAD/CAMって難しいのでは?」 「3DCAD/CAMにどんなメリットがあるのかよくわからない…」 とお思いの方も多いのではないでしょうか? 3Dモデルを活用した加工パス作成のメリットは多々ございますが、 現状の2D加工をもっと早く作成したい方や、複雑な加工だと外注を利用している、 というお客様には3DCAD/CAMの導入がおすすめです。 本セミナーで...(つづきを見る

  • セミナー「回転軸運動の力学と動力費削減技術(特許)」解説書進呈中 製品画像

    実際の負荷運転でもアイドリング運転に近い軸ブレ抑制! 回転抵抗相殺技…

    独り相撲やシャドーボクシングではなく 実践で強い格闘家のように ・アイドル運転ではなく実運転の電動機のエネルギー効率を上げる ・空気を削るのではなく工作物を削る生産加工加工精度を向上させる ・テストコースではなく一般道路で運転する車の燃費改善する ・実践に効果を発揮する 回転抵抗相殺技術登場! セミナー概要 回転駆振動問題は自動車の駆動系、...(つづきを見る

    スライド1.JPG
    IPROS13768466617744040251_220x220.JPG
  • 炭素繊維系複合材料における表面処理技術のポイント 界面評価 応用 製品画像

    ★複合材の各種表面処理技術を中心に材料設計、成形加工、応用例も含め技術…

    【第1講 講演趣旨】 炭素繊維系複合材料(CFRP)の最適材料設計と成形加工のポイント、CFRP製品材料選定の考え方を概説し、成形加工の技術ポイントを用途別に紹介する。また、最新の成形加工技術トピックスについて述べる。 【第2講 講演主旨】 カーボンナノチューブ(C...(つづきを見る

  • 12/6【セミナー】フレキシブルエレクトロニクス 製品画像

    フレキシブルエレクトロニクスの最前線 ~材料・加工・生産技術と市場…

    クスの最新動向を多くの具体例をもとに解説 ・過去の事業化の失敗例と、近年の成功例では何が違うのか?ニーズ主導開発の重要性 ・普及のキーとなる材料技術、フォトリソ・印刷・メッキ・ラミネーションなど加工技術の最新動向 ・ロールツーロール生産の落とし穴と現実的・効果的な工程設計のポイント などなど 本分野の第一人者が、多くの図や写真を用いながら視覚的にも分かりやすく解説します。  ウエラブ...(つづきを見る

  • 高分子製品およびフィルムの劣化・変色・退色・溶出の構造と対策 製品画像

    ~品質トラブルを未然に防ぐ樹脂設計・添加剤配合・成型加工上の留意点~

    験を有した各エキスパートがいくつかの実例を挙げ、原因解析や対策立案の手法について解説! ★樹脂種(ポリオレフィン、PS、PC、ポリエステル)による劣化・変色・褪色の機構とその防止対策は? ★成形加工における変色・劣化が起こす品質問題と管理上のポイントは?   熱分解/ゲル発生/ヤケ・コゲ/フィシュアイ、水分、金属の劣化 ★添加剤の正しい理解と事例に学ぶ正しい使い方とは?...(つづきを見る

  • 知って得するフィルム/包装のラミネート技術講座 製品画像

    ★ラミネート工程の基礎から接着性・剥離性の改善技術まで徹底解説! ☆…

    ☆ぬれ、アンカー・ファスナー効果、表面張力、溶解度パラメーター、吸着と拡散、押出コーティング、共押出コーティング・ラミネーションetc...会 場 川崎市産業振興会館 10F 第1会議室【神奈川・川崎】 日 時 平成25年4月25日(木) 13:30-16:30 講 師 水口技術士事務所所長 技術士 水口 眞一 氏(元凸版印刷(株)包装研究所所長)...(つづきを見る

  • オプトエレクトロニクス応用を中心としたナノインプリントの最新技術 製品画像

    ★高精度技術が求められる光学レンズ、光学フィルムなどのオプト材料へのナ…

    第2部 首都大学東京大学院 都市環境科学研究科 分子応用化学域 助教 博士(工学) 柳下 崇 氏 第3部 東京理科大学 基礎工学部 電子応用工学科 准教授 谷口 淳 氏 対 象 微細加工、ナノインプリント、光学部材に関心のある研究者・担当者など 会 場 東京中央区立産業会館 4F 第4集会室【東京・日本橋】 都営新宿線 馬喰横山駅 地下通路経由  B4出口 5分 (道案内2)...(つづきを見る

  • ローランドDG社製3D製品の出張講習・サポート 製品画像

    メーカー出身のエキスパートが3D切削加工システムの完全運用をサポートし…

    機械本体の説明はもちろん付属ソフトウェアや加工方法についての説明も総合的に行ないます。ソフトウェアのバージョンアップや追加した方がいいオプション品、関連製品のご提案もいたします。...(つづきを見る

  • 10/31【セミナー】超精密研磨/CMP 製品画像

    徹底解説 超精密研磨/CMPプロセス技術 基礎から応用に関する最新…

    〜先端パワーデバイス用SiC/GaN/ Diamond基板の難加工材料の最新加工技術を詳説〜 半導体ウェハを製造する上で重要となるCMPプロセスについて徹底解説! パワーデバイス用基板としてSiC、GaN、Diamondが脚光を浴びる難加工材料の最新加工技...(つづきを見る

  • 【小型切削加工システムのサポート】スキルアップ・コース 製品画像

    使い方のノウハウ、必要なもののご提案、切削加工の実習など。奥深くきめ細…

    奥深くキメ細かい最強のサポート お客様がご利用中(またはご利用予定)の小型切削加工システムについて、基本的な使い方や活用方法についてサポートさせていただきます。使い方のノウハウのご提供、必要な物のご提案、切削加工の実習などを行ないます。元Roland社員が行なう奥深くキメ細かい最...(つづきを見る

  • 化学吸着型消臭剤の基礎・評価とフィルム・壁紙・成形品等への適用 製品画像

    塗布/練り込み加工・機器/官能評価・消臭剤の安全性・法規制などを網羅!

    【会 場】 川崎市産業振興会館 10F 第2会議室【神奈川・川崎】 【日 時】 2015年3月18日(水) 13:45-16:45 【講 師】 東亞合成(株) 製品研究所 杉浦 晃治 氏...【講演主旨】 欧物理吸着型消臭剤の代表である活性炭は、様々な臭気を吸着除去できる利点はありますが、黒色なうえ吸着した臭気を再放出するという欠点があります。これに対し化学吸着型消臭剤は、特定...(つづきを見る

  • 不織布の基礎とメカニズム、機能性発現技術、市場動向 製品画像

    ウェブの形成・接着、複合化、極細繊維、添加剤、後加工、不織布の製法に応…

    講 師 第一部 日本不織布協会 顧問  教授 矢井田 修 氏     元京都女子大学 大学院生活環境学専攻 教授     愛媛大学大学院非常勤講師、大阪大学工学博士 第二部 旭化成せんい株式会社 開発センター長 対 象 不織布に興味のある企業の方々 会 場 川崎市国際交流センター 1F 第2会議室 【神奈川・川崎市】    ● 東急東横線・東急目黒線「元...(つづきを見る

  • PETフィルム技術入門 Q&A講座 製品画像

    高分子結晶、分子配向、プラスチック成形加工を得意とする講師だからPET…

    【講 師】包装科学研究所 主席研究員 工学博士 葛良 忠彦 氏 【会 場】てくのかわさき 5F 第5研修室  【神奈川・武蔵溝の口駅】 【日 時】平成22年平成22年11月26日(金) 13:00~16:30【16:00講義終了。16:00-16:30:フリータイムQ&A】...【講演主旨】 PET フィルムは、包装材料としての用途が多いが、最近、電気・電子関係の工業用用途の...(つづきを見る

  • PETフィルム技術入門Q&A講座 製品画像

    高分子結晶、分子配向、プラスチック成形加工を得意とする講師だから   …

    講 師 包装科学研究所 主席研究員 葛良 忠彦 氏 対 象 PET樹脂・フィルム・シートに関心のある技術者・研究者・プレゼン担当者・教育担当者など 会 場 川崎市教育文化会館 第3学習室【神奈川・川崎】 JR 川崎駅 下車 徒歩10~15分または京急線 川崎駅 下車 徒歩10~15分 日 時 平成23年8月25日(木) 10:30-16:00 定 員 30名 ※満席になりまし...(つづきを見る

  • バリアフィルムの設計・製膜技術と透明性・バリア性向上 製品画像

    ★透明性・バリア性を向上させるための低ダメージ製膜技術!? ★目的の…

    会 場 てくのかわさき 5F 第5研修室【神奈川・川崎】 東急溝の口駅東口、JR武蔵溝ノ口駅より徒歩8分 日 時 平成24年4月17日(火) 10:20-16:30...有機EL用封止膜では、透明性(トップエミッションの場合)、高バリア性、低温(90℃以下)、低ダメージ条件で形成する必要がある。これらの課題を満たす成膜法として高電子密度、低電子温度が特徴の表面波プラズマCVD法に注目...(つづきを見る

  • 【セミナー 11/28】ラミネート加工技術におけるロスの低減と品 製品画像

    ーノンソルベント・ドライ・押出・共押出を中心にー

    ■ 講師   松本技術士事務所 代表 技術士 (経営工学) 松本 宏一 氏 ■ 開催要領 日 時 : 2019年11月28日(木) 10:00~17:00 会 場 : [東京・五反田]技術情報協会 セミナールーム 聴講料 : 1名につき50,000円(消費税抜き・昼食・資料付き)  〔1社2名以上同時申込の場合1名につき45,000円(税抜)〕 〔大学、公的機関、医...(つづきを見る

    seminar_phot02.jpg
  • フィルム・スリット工程のロス低減のための 前工程 トラブル対策 製品画像

    ★スリットの不具合品、不良品、ロスを低減するには? ★スリットの是非…

    【講座主旨】 ロールからロールへの連続生産で行われるコーティング・蒸着・印刷・ラミネーティング・リワィンティング等の加工工程の次工程では、使用用途に合わせてスリット加工が行われ、最終製品が作られている。現在、何れの加工工程でも多品種小ロット生産、多頻度分割生産が採られることにより、出来上がる製品には不具合品、不良品、...(つづきを見る

  • プラスチック押出成形の基本技術およびトラブル対策 製品画像

    プラスチック押出成形の基本技術およびトラブル対策

    3.押出加工におけるトラブルと対策    (1)プラスチックス、TPEにおけるトラブル対策       脈動、外観荒れ、ダイスウェル、ブリード、       ブルーム、プレートアウト       目やに...(つづきを見る

  • 【セミナー 10/23】異種材料接着・接合技術と接合界面の強度、 製品画像

    ★自動車マルチマテリアル化へ向けた接合技術とは?

    )神戸製鋼所 技術開発本部 自動車ソリューションセンター マルチマテリアル接合研究室 室長 鈴木 励一 氏 2.京浜精密工業(株) 技術顧問 村上 碩哉 氏(元日立製作所 生産技術部、日本塑性加工学会 フェロー)   3.輝創(株) 代表取締役 前田 知宏 氏   4.国立大学法人 豊橋技術科学大学 教授 福本 昌宏 氏(摩擦接合技術協会副会長、溶接学会理事) ■ 開催要領 ...(つづきを見る

    seminar_phot02.jpg
  • プラスチック押出成形の基本技術およびトラブル対策 製品画像

    ★脈動、外観荒れ、ダイスウェル ★押出成形の基本と各種トラブルとその…

    1.押出加工設備の基本と最近の進歩 2.押出加工技術    (1)ゴム、プラスチックスの流動性と加工性指標    (2)ゴムの加硫挙動と加工性指標    (3)スクリュー構造等の設計と加工性    (...(つづきを見る

  • 1/28【セミナー】紙の総合知識 製品画像

    紙の総合知識 ~バイオマス系材料における紙の重要性と、脱プラ時代にお…

    知の部分も多い。本セミナーでは紙の主原料であるパルプを含め、紙系材料の基礎ならびにその現状と、脱ブラ材料としての展望を幅広く説明する。 得られる知識 紙の構造と物性、紙の基本的な製造法、紙の加工・複合技術 対象 ・紙の製造に関わる方 ・紙に関わる研究・開発をしている方 ・生産・製造部門で紙を扱っている方 ・バイオマス材料の研究・開発に携わっている方 ・新たに紙を用いた新規...(つづきを見る

  • 12/16【セミナー】ラミネート 製品画像

    ラミネート技術の基礎と応用、トラブル対策 ~現場での実務力・課題解決…

    ラミネート技術とトラブル対策を分かり易く解説する。  ラミネート技術は、ロールtoロールで複数の材料を積層化させる技術として包装材料では勿論のこと、産業資材や工業材料分野でも利用される展開性の高い加工技術である。ラミネート技術を理解するには、何故ラミネートが必要なのかという基本に立ち返り、接着の基礎やラミネートで使われる材料を知った上で、ラミネートプロセスの特徴を理解していく必要がある。また、実...(つづきを見る

  • 【セミナー】動力エネルギーのムダとり! ※解説書進呈中 製品画像

    転がり摩擦による主軸のムダな振動エネルギーE=1/2*m*v²  軽…

    の力学を二―トン力学で解説し、特許技術の軸ブレ低下の原理を解説します。 高校物理で学ぶニュートン力学での思考実験で原理を理解した上で、ものづくり企業での設備や製品に応用します。動力費削減、製品加工精度向上、騒音防止などを目的に特許ライセンスを含む共同開発の機会が得られます。 https://www.bizdyn.jp/ ※解説書進呈中。詳しくはお問い合わせいただくか、PDFを...(つづきを見る

    スライド1.JPG
    IPROS13768466617744040251_220x220.JPG
    スライド1.JPG
    スライド2.JPG
    スライド3.JPG
    スライド4.JPG
    スライド6.JPG
  • 11/18【セミナー】プラ製品設計 製品画像

    成形品質、コストダウンに活かす 「プラスチック製品設計の基礎」 ~…

    プラスチックを知り尽くす。仲良くなる。製品へ展開する。コストを抑える。 <得られる知識、技術> 製品設計に活かすための 1.樹脂材料の知識 2.射出成形金型の知識 3.射出成形加工の知識 4.プラスチック成形品設計の知識 5.成形不良の要因と対策の知識 6.コストダウンの知識  本講座では、基礎固めに当たり、基礎事項を解説すると同時に、関連する具体事例を通し...(つづきを見る

  • 食品虐待試験の進め方とその評価・賞味期限延長策 製品画像

    具体的な試験方法とデータの解釈方法を実際の適用事例及び賞味期限延長の成…

    の設定および延長技術の基本的考え方、具体的進め方を科学的根拠に基づく加速試験、虐待試験による保存試験の設定項目、方法を解りやすく解説する。 特に、開発・設定期間の短い惣菜、菓子類、期限の長い飲料、加工食品など、開発に必要な新たな栄養、機能性表示のポイントなども説明する。...(つづきを見る

  • UV硬化技術入門 ~実用化において理解しておくべき硬化不良対策~ 製品画像

    ★硬化する配合物について応用との関連での選択法について詳しく紹介 ★…

     師 大阪府立大学 名誉教授 工学博士 角岡正弘 氏 フォトポリマー懇話会副会長、ラドテック研究会評議委員、大阪工研協会ニューフロンティア材料部会幹事 対 象 UV硬化技術, 微細加工技術に関心のある技術者・研究者・担当部門など 会 場 京都リサーチパーク A会議室  【京都】JR嵯峨野線 「丹波口駅」下車徒歩5 分 日 時 平成23年5月19日(木) 13...(つづきを見る

  • 高分子架橋・分解反応の基礎と高機能化のための応用展開 製品画像

    ★架橋による高分子の物性、耐摩耗性、耐熱性、耐溶剤性の向上 ポイント…

    【講座の課題と狙い】 木工、プラスチックおよび金属製品の表面加工は製品の加飾あるいは表面機能(硬度、耐摩耗性、親水性、撥水性など) 発現に重要な技術である。この加工においては高分子の架橋反応がよく利用される。これは架橋によって高分子の力学物性、耐摩耗性、耐熱性、...(つづきを見る

  • 炭素繊維複合材料(CFRP)の基礎と応用セミナー 製品画像

    産業用途で展開されている状況を解説し、リサイクルやLCAについても概説…

    炭素繊維使い複合材料(CFRP)は、軽量、高強度、高弾性率などの特徴を有する先端材料として注目されている。炭素繊維(CF)およびCFRPの種類、特徴。製造プロセス、設計、機械加工などについて説明した上で、最近の技術開発状況について概説する。また、CFRPの特徴を活かして、スポーツ用品、航空機・宇宙分野、機械部品や自動車部品などの産業用途で展開されている状況を解説する。さらに...(つづきを見る

120件中1〜60件を表示中

表示件数
60件
  • 1
  • 2
分類で絞り込む

分類で絞り込む

[-]

PR