• 『へら絞り加工』をご存知ですか?解説資料を無料進呈中! 製品画像

    PR"多品種少量生産"の型代を、プレス加工に比べて大幅…

    金属加工では、「プレス加工」がよく採用されますが、 "多品種少量生産"の場合、金型代が高くなってしまう点がネックです...。 ⇒「へら絞り加工」という手法で、このお悩みを解決できる事をご存知ですか? 「へら絞り加工」は、素材を回転する型にはめ、棒状工具を押しあてて「ろくろ」のように変形させる加工方法。 プレス加工は凹凸の2つの型が必要なのに対し、へら加工は凸の型のみで良いため、初期投資...(つづきを見る

  • 【精密・製缶・建築板金を設計から組立まで!】板金加工事例集 製品画像

    PR加工機の設置後の作業ステージやパイプ曲げ加工では不可能な複雑な形状など…

    当冊子は、設計から製作まで一貫して自社内で対応可能な株式会社DAISEの板金加工事例が掲載された冊子です。 部品製作から組み立てまで一括対応の「タンクユニット」やパイプ曲げ加工では不可能な複雑な形状をベンダーと溶接加工で実現した「熱交換用配管」などをご紹介しています。 【掲載内容】 ■製缶板金 作業ステージ・ステップ階段 ■ユニットASSY品 ステンレス精密板金 タンクユニット ...(つづきを見る

  • 循環式 タンク 清掃 ろ過クリーナー J-FF(J-Fシリーズ) 製品画像カタログあり

    機械を止めずに循環作業!切削液と切粉を分別!

    お客様の声】 1.夏場に切削油の腐敗臭がする。 解決策:切削液の回収→ろ過→切削液の再利用が可能。同時にヘドロや切粉を吸い込んでもOK!切削油の清掃で腐敗臭の問題も解消できます。 2.加工精度が低下する。 同じ切削油を使用していると切削液の中に潤滑油や切粉が入ることで 菌(バクテリア・カビ)が繁殖し、切削液の劣化を促進させる事があります。 解決策:定期的にろ過することにより加工...(つづきを見る

    jfff000000.jpg

1件中1〜1件を表示中

表示件数
45件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。


PR