• 『へら絞り加工』をご存知ですか?解説資料を無料進呈中! 製品画像

    PR"多品種少量生産"の型代を、プレス加工に比べて大幅…

    金属加工では、「プレス加工」がよく採用されますが、 "多品種少量生産"の場合、金型代が高くなってしまう点がネックです...。 ⇒「へら絞り加工」という手法で、このお悩みを解決できる事をご存知ですか? 「へら絞り加工」は、素材を回転する型にはめ、棒状工具を押しあてて「ろくろ」のように変形させる加工方法。 プレス加工は凹凸の2つの型が必要なのに対し、へら加工は凸の型のみで良いため、初期投資...(つづきを見る

  • 両面テープで固定!アルミの精密切削加工 ※動画公開中※ 製品画像

    PR【事例紹介】円盤状×穴6箇所の加工品。高精度な加工で、量産でのコストメ…

    メイワの特殊技術「貼付加工」は、アルミ素材と樹脂板、 機械テーブルを両面テープでしっかりと貼り付けることで クランプを使うことなく1工程で加工が行えます。 当社で使用している両面テープは非常に強力ですが、 特殊な溶剤を使って簡単に剥離できます。 剥離後、多数個取りで多くの製品の同時加工を可能にするため、 高速回転・制御のマシニングセンタで加工。 裏面を加工するときには、貼...(つづきを見る

  • 工業炉用電気発熱体 金属熱処理、 電子部品、化学工業用途で使用! 製品画像カタログあり

    炉内温度1200℃までに適した電気炉用ヒータの製作!

    までに適した電気炉用ヒータの製作をしています。 金属発熱体の形はさまざまです。 その中でも当社でお取扱いのある製品の一部を紹介いたします。 1.丸線コイル発熱体 丸線発熱体を螺旋巻き加工したものです。 ヒータの容量や温度により線径や巻外径を設定しています。 2.帯状発熱体 板状の材質を交互にスリット加工することでジグザグ状の回路を 成形します。スリット幅を調節することで...(つづきを見る

  • 深田熱処理工業 無酸化熱処理 製品画像

    絶えまない技術開発、最新の設備。そして若い技術スタッフでユーザーニーズ…

    鋼には、それ自体に含まれている炭素量により加熱・冷却を施すことでその性質を変えることができます。 また、加工前、加工後の熱処理によって鋼全体に必要な硬さ・強さ・靭性などを与えることができます...(つづきを見る

2件中1〜2件を表示中

表示件数
45件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。


PR