• 『EGRパイプ用フランジ』プレス加工【技術資料進呈!】 製品画像

    PRプレス加工で作るEGRパイプ用のステンレス厚板フランジ。機械加工からの…

    当社では、特に成形加工が難しいとされるステンレス厚板のプレス成形に力を注いでいます。 EGRパイプ用フランジは、全剪断加工・内面段付加工・ダレなし加工・塑性流動成形・平面出し加工・バリ極小加工など、これまで培ってきた当社のSUS厚板加工技術の粋を集めた製品です。 【特長】 ■外周は全剪断状態です ■SUS厚板としては、ダレを極小に抑えています ■穴内面も剪断面が90%を超えています(...(つづきを見る

  • カートリッジヒーター 製品画像カタログあり

    豊富な品揃え。 耐熱リード線1,000mm。外部結線 抜け落ち止め…

    JTDカートリッジヒータは、ニクロム線をシース内壁の近い場所に埋設し、ヒータ内部のマグネシアの密度を高める為にスウェージングマシンで減径(シボリ加工)する事により、ヒータ内部が高密度になる事により、高温使用にも耐えることが出来ます。 ヒータ外径・長さ・ワット密度によっては構造が異なる場合があります。 ...(つづきを見る

  • カートリッジヒーター 製品画像カタログあり

    吸湿による絶縁の劣化を防ぐ、画期的なカートリッジヒーターです。

    金属部に設けられた挿入孔に差し込んで使用されるヒーターです。プラスチック加工機械の金型加熱の他、自動包装機械等に使用されています。 【特長】 ●ヒーターはそれ自体充分な電気絶縁を施され、安全に使用できる構造となっておりますが、絶縁物の特性として高温において絶縁性が低...(つづきを見る

  • カートリッジヒータ- 製品画像カタログあり

    カートリッジヒータ-(片端子ヒーター)は金型部に挿入して使用されるヒー…

    ーター(片端子ヒーター)の特徴 1.局部加熱が無く、発熱部の温度分布が均一で、熱発散率が高い。 2.用途に応じて、発熱線も3~6本使用出来、発熱線自体、負荷にかかる電気容量に無理がない。 3.加工方法により、小さなスペースに高ワットを入れられるので、高温加熱が可能であり、しかも長寿命である。 4.発熱線と絶縁物、外装管がプレスまたはスウェーディング加工により一体化されているので特に堅牢であ...(つづきを見る

    P1000729_R.JPG
  • カートリッジヒーター『ファイヤーロッドカートリッジヒーター』 製品画像カタログあり

    用途に応じて最適な製品をご提供します。

     衝撃性に十分耐える構造になっている ○ヒーター径1/8インチ(3.1mm)から3/4インチ(18.95mm)まで、  幅広く取り扱ってい ○ご希望により各種の豊富なリードバリエーションの加工を承ります ●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。...(つづきを見る

  • 電気機器 OHR型カートリッジヒーター 製品画像カタログあり

    小型で大きな発熱量、高効率で集中加熱タイプ 標準在庫対応品

    品 【その他の特長】 ○極めて小型で、効率が高い ○容量が大きく、これまでのカートリッジヒーターに比べて数倍の熱量を供給 ○特殊構造で、長時間の使用に耐える ○きっちりと挿入できる穿孔加工により、さまざまなものの加熱が可能 ●詳しくはカタログをダウンロード、もしくはお問い合わせください。...(つづきを見る

  • 均熱カートリッジヒータ 製品画像

    小ロット多品種に対応! 均一加熱! 低価格でご提供!

    で取付けや取外しが簡単にできる為、小スペースで大きい容量が確保できます。 弊社では、振動・摩擦・取付け具合・湿気などによる不具合に対して、数多くの対策実績やノウハウがございます。 また、特殊加工を施したヒータでは、温度ムラの解消など被加熱物の温度分布をコントロールすることができます。 その他、お客様の用途に応じた仕様のご提案をさせて頂きます。 ...(つづきを見る

  • 高絶縁・長寿命カートリッジヒーター『HI-SDロッド』 製品画像カタログあり

    標準型ヒーターは、内部温度を680℃常用で製作されています。

    準型ヒーターは、内部温度を680℃常用で製作されている ○リード部は頑丈にカシメてあるので機械的振動や、  衝撃性に十分耐える構造になっている ○ご希望により各種の豊富なリードバリエーションの加工を承ります 詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。...(つづきを見る

7件中1〜7件を表示中

表示件数
45件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。

製品で絞り込む

製品で絞り込む

[-]

PR