• 加工技術 「NO!」とは決して言わない 製品画像カタログあり

    ニーズをしっかりと聞きだし、スタッフ総出で課題の解決にかかります。

    私たちの業界では「できて当たり前」という考えが定着しています。 株式会社ヤサカも難しいオーダーに対して、決して「NO」とは言いません。 お客様が何を求めておられるのか、重視すべきポイントは何かなど、ニーズをしっかりと聞きだし、会社に持ち帰ってスタッフ総出で課題の解決にかかります。 優秀な協力工場とのネットワークも最大限に活用し、畑違いの人の意見も積極的に取り入れます。 違うパートを受け持つ...(つづきを見る

  • 誤差を限りなく0に近づける加工技術 3つのポイントとは? 製品画像カタログあり

    高硬度素材の取り扱いや温度、湿度を考え、その日のコンディションを読んで…

    金型は自動車部品などに適用されるため精度が重要です。 たとえば、高硬度素材を加工する際は、刃物まで削られて減ってしまうので、それを計算に入れないと誤差が出ます。 加工機械そのものが温度や湿度の影響を受けて伸び縮みするので、その日のコンディションを読んで対応する必要があります。 【ヤサカの加工技術】 ■金型は自動車部品などに適用されるので精度が重要! ■高硬度素材の加工は、刃物の消...(つづきを見る

  • 加工技術 誤差0に限りなく近づけるポイントとは? 製品画像カタログあり

    仕事で培ったノウハウを総動員し、誤差0に限りなく近づけます。

    金型は自動車部品などに適用されるため精度が重要です。 とはいえ一筋縄ではいきません。 たとえば、高硬度素材を加工する際は、刃物まで削られて減ってしまうので、それを計算に入れないと誤差が出ます。 加工機械そのものが温度や湿度の影響を受けて伸び縮みするので、その日のコンディションを読んで対応する必要があります。 精度とスピードを両立させるためには、仕事で培ったノウハウを総動員して、効率的かつ計...(つづきを見る

3件中1〜3件を表示中

表示件数
45件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。

企業で絞り込む
分類で絞り込む

企業で絞り込む

[-]

分類で絞り込む

[-]