• 技術資料 SML(特定移行成分限界)の適否判定 溶出試験の代替に 製品画像

    PR食品容器・食品接触材料に含まれる化学物質がどれだけ溶け出すか検査する溶…

    当技術資料では「SML(特定移行成分限界値)の適否判定」について 掲載しています。 器具・容器包装にはそれぞれの材質に応じたリスクがあります。 規格試験では主に「溶出試験」と呼ばれる方法で溶け出す有害物質を 分析します。 資料でご紹介している『SML6』は、溶出試験をしなくても 溶出濃度が求まり、SML値に対する適否が判断できたら!というニーズに 対応すべく開発されました。 ...(つづきを見る

  • レトルト殺菌器『HLM-36LBC』 展示会出展&事例進呈 製品画像

    PR全自動で加熱・調理・殺菌。 F値制御対応で設定簡単。 食品ロス対策…

    『HLM-36LBC』は、真空調理品やレトルト食品の 加熱&加圧・殺菌・冷却まで全自動で行える小型圧力容器です。 アルミパックや耐熱袋など、さまざまな包装材に対応し、 破袋やダメージを最小限に抑えるように加圧圧力を設定可能。 F値の演算・制御に対応し、確実性が求められる殺菌作業が容易に行えます。 200V電源と給排水を設けるだけで、低コストに高圧蒸気を利用した 加熱調理が行なえ...(つづきを見る

  • ■粉砕機■食品用骨破砕機 ボーンカッタ/遠藤工業 製品画像カタログあり

    粉砕/破砕に最適!【作業工程改善・省力化】食品用骨の破砕に最適 工業…

    ・ボーンカッタを使えば、簡単に食用骨の下準備ができます。 ・1時間で200~2000kgの食用骨を破砕。 ・豚骨ラーメンの出汁取り下作業(豚骨割り)のための、食品用破砕機です。 1時間あたり200~2,000kgの骨の破砕が可能で、  きつい手作業を機械化できます。 ・破砕量だけでなく破砕後の骨の大きさもお客様のご要望を伺い、  お店の味に最適な機械...(つづきを見る

1件中1〜1件を表示中

表示件数
45件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。

分類で絞り込む

分類で絞り込む

[-]

PR