• 【技術資料】熱硬化性CFRPと熱可塑性CFRPの成形技術 製品画像

    PR炭素繊維強化プラスチック成形技術について、よくわかる技術資料を進呈!

    当資料は、『CFRP成形技術』の、成形技術の技法やプロセス、 特長などを写真や図とともに詳しく紹介しています。 カーボン、CFRP、CFRTPと一口で言っても、その材料と成形技術は 多岐にわたります。 これらCFRPの成形技術を一堂に俯瞰することで、自社で何ができるのか、 どういうアイデアが必要なのかが見えてくるかもしれません。 軽量化技術の切り札として、CFRPの量産成形...(つづきを見る

  • CFRPパイプ 「コンポジットパイプ」 製品画像カタログあり

    プラスチック単体のパイプや他の製法によるCFRPパイプにはない特長があ…

    コンポジットとは、混合・混成・合成といった意味で、異種・異質・異形の2種以上の材料を組み合わせることです。コンポジット=複合であり、複合化して創られる材料を複合材と呼びます。 複合材(COMPOSITE MATERIALS)を創造する目的は、素材単体では持ち得なかった特性を実現し、優れた性能や機能を発揮できることで、お客様のニーズにあった商品を提供することです。 株式会社ホーペックのFRPコン...(つづきを見る

  • 複合管『超軽量複合パイプ(IPPパイプ)』 製品画像カタログあり

    金属・樹脂パイプの内面に直接CFRPを一体成形する特許技術により誕生!

    『超軽量複合パイプ(IPPパイプ)』は、CFRPが生み出す高弾性に加え、 薄肉金属パイプが表面硬度と表面処理の自由度を広げます。 エンビ・ABS・PP等表面は樹脂特性を「樹脂パイプ」、Al・SUS・Fe等 金属特性をもつ「金属パイプ」...(つづきを見る

  • FRPパイプ 「コンポジットパイプ」 製品画像カタログあり

    プラスチック単体のパイプや他の製法によるFRPパイプにはない特長があり…

    コンポジットとは、混合・混成・合成といった意味で、異種・異質・異形の2種以上の材料を組み合わせることです。コンポジット=複合であり、複合化して創られる材料を複合材と呼びます。 複合材(COMPOSITE MATERIALS)を創造する目的は、素材単体では持ち得なかった特性を実現し、優れた性能や機能を発揮できることで、お客様のニーズにあった商品を提供することです。 株式会社ホーペックのFRPコン...(つづきを見る

  • サンプリングシリンダ(ボンベ)『HSSCシリーズ』 製品画像カタログあり

    サンプリングシリンダ(ボンベ)は、50cc~500ccまで各サイズをラ…

    サンプリングシリンダ(ボンベ)は、離れた場所にあるプロセスラインからサンプルを採取し、分析室まで安全に保管・搬送するための容器です。 また、一般的な使用方法としては、圧力サージ緩衝器や化学反応容器などもあげられます。 <特長> ・材質: ステンレス316 ・圧力定格: 12.4MPa ・サイズ: 50cc、75cc、150cc、300cc、500cc    (上記以外のサイズも御座...(つづきを見る

4件中1〜4件を表示中

表示件数
45件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。

分類で絞り込む

分類で絞り込む

[-]

PR