チェックしたものをまとめて:

  • シートワインディング成形法を用いたCFRPゴルフシャフトの製造 製品画像

    PR軽量化ニーズに!多品種少量の量産を軽設備で。各種産業用パイプなどで実績…

    『シートワインディング成形法』は、CFRP材料の性能を効率よく発揮でき ゴルフシャフトや釣り竿の成形加工方法などで用いられている方法です。 管状製品を成形できるほか、比較的軽い設備で多品種少量の量産が可能で ロボットアームや自動車の軽量化ニーズなどへの活躍が期待されています。 当社では、この成形方法を用いた製品製造を手掛けており、 自動車のタワーバー、ドローン用フレーム、ステーシ...(つづきを見る

  • 赤外線非破壊検査システム  サーモ・インスペクター 製品画像

    PR【適用事例進呈中】 探傷検査や材料の熱特性の研究などにも使用可能な非破…

    サーモ・インスペクターは赤外線カメラとフラッシュランプや ヒータなどの励起装置を用いて材料を探傷する装置です。 非接触で検査でき、データ取得はわずかな時間で行なえます。 自社開発のソフトウェアでは温度変化のグラフ表示、 位相解析の結果画像表示などさまざまな解析が可能なため、 検査のみならず材料の熱特性の研究などにもお使いいただけます。 【分野】 ◆自動車部品 ◆航空機部品 ◆...(つづきを見る

  • 【書籍】樹脂/繊維複合材料の界面制御、成・・・(No.1928) 製品画像カタログあり

    【無料試読OK・専門図書】―炭素繊維/ガラス繊維/セルロースナノファイ…

    決する疎水化処理技術 ・パルプ化から解繊、変性、複合化までを一貫製造 ◎炭素繊維、ガラス繊維と樹脂の界面の制御 ・サイジング処理によるマトリックス樹脂とのぬれ性、接着性向上 ・熱可塑性CFRPの弱点である機械的特性や含浸性の向上技術 ・樹脂/繊維の接着性、機械的特性の向上 ・自動車部材で求められる成形サイクルタイムを実現する新技術 ・FRTPの長繊維化と繊維分散性を両立するスクリ...(つづきを見る

  • 【書籍】高分子の残留応力対策(No.1886) 製品画像カタログあり

    【無料試読OK・専門図書】-発生メカニズムと低減化ノウハウ-

    特徴,課題 ◆各応力の発生要因とトラブル◆ ・放熱樹脂や封止材の硬化収縮や熱膨張による反り ・光学フィルムにおける応力発生と複屈折 ・コーティング膜のクラック、乾燥ムラによる欠陥 ・CFRP積層板、複合材料 ・成形品のひずみ、歪みの発生 ・異種接合面の隙間、き裂による剥離 ◆残留応力の低減ノウハウ◆ ・硬化収縮の少ない樹脂配合設計の考え方 ・応力を低減する無機フィラー...(つづきを見る

  • 注目の技術専門書一覧 <化学・材料・エレクトロニクス・自動車> 製品画像カタログあり

    サイエンス&テクノロジーの、注目の技術専門書一覧 <化学・材料・エレク…

    他にも多数ございます! ■超撥水・超撥油・滑液性表面の技術 ■熱可塑性CFRP技術集 材料・成形・加工・リサイクル ■塗布型透明導電膜の材料・成膜・パターン形成技術 ■一発必中[3] ダイ塗布と塗布欠陥メカニズム/対策 ■自動車排熱回生 デバイス開発・システム化技術 ...(つづきを見る

  • 異種材料接合技術の最新動向-摩擦撹拌接合技術- 製品画像カタログあり

    アルミニウムや鋼を中心とした異材同士を直接接合する摩擦撹拌接合技術に特…

     近年の軽量化技術開発では、超高張力鋼板、アルミニウム(Al)、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)等の主要な構造材料を適材適所に併用する「マルチマテリアル化」という概念が出てきました。マルチマテリアル化の実現には、材質の異なる材料同士を直接接合する技術が不可欠です。現在、アークやレーザを用い...(つづきを見る

  • 【書籍】異種材料の接着・接合技術とマルチ・・・(No.1920) 製品画像カタログあり

    【無料試読OK・専門図書】-接合方法、接合メカニズム、界面制御、強度評…

    剤を用いた樹脂/金属の接合、接着技術> 第5章 プラズマ、光表面処理による樹脂/金属の接合、接着技術 第6章 摩擦エネルギー、レーザーを利用した樹脂/金属の接合技術とそのメカニズム 第7章 CFRP/金属の接着、接合技術 第8章 異種高分子材料同士の接着、接合技術 第9章 ガラス/異種材料の接着、接合技術 第10章 無機材料の低温、常温接合技術 第11章 金属/セラミックスの接合技術...(つづきを見る

  • 書籍【異種材料一体化のための最新技術】 製品画像カタログあり

    異種材料一体化の技術的課題に新たな解決策を見いだす一冊

    分子材料の直接接着技術  第2節 高周波誘電加熱によるガラス/樹脂接着  第3節 ガス吸着接合技術 第4章 樹脂材料と金属材料の一体化  第1節 レーザによる金属とプラスチックおよび金属とCFRPとの直接接合  第2節 金属とPETの異材レーザースポット接合  第3節 金属と樹脂の一体成形  第4節 金属に硬質樹脂を射出接合する技術の紹介 第5章 異種金属材料の一体化 第6章 金...(つづきを見る

  • 書籍:<樹脂-金属・セラミックス・ガラス>異種材接着/接合技術 製品画像カタログあり

    ~製品の更なる軽量小型化・高気密化・接合強度向上を叶える接着・接合技術…

    の異なる材料を製品の適材適所に用いるマルチマテリアル化の動きが盛んであることと存じます。例えばアルミニウム合金やマグネシウム合金等の軽量金属系新素材、金属材料よりも更に軽量化が期待される樹脂材料やCFRP・CFRTP等複合材料の適用… それらを用いる場合、それぞれをどのように接着・接合したらよいか。そんな疑問をお持ちの方々に簡易に接着・接合技術を選定していただきたいという思いから、本書を企画構成...(つづきを見る

チェックしたものをまとめて:

7件中1〜7件を表示中

表示件数
45件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。

おすすめ関連情報

分類で絞り込む

分類で絞り込む

[-]