• 赤外線非破壊検査システム  サーモ・インスペクター 製品画像

    PR【適用事例進呈中】 探傷検査や材料の熱特性の研究などにも使用可能な非破…

    サーモ・インスペクターは赤外線カメラとフラッシュランプや ヒータなどの励起装置を用いて材料を探傷する装置です。 非接触で検査でき、データ取得はわずかな時間で行なえます。 自社開発のソフトウェアでは温度変化のグラフ表示、 位相解析の結果画像表示などさまざまな解析が可能なため、 検査のみならず材料の熱特性の研究などにもお使いいただけます。 【分野】 ◆自動車部品 ◆航空機部品 ◆...(つづきを見る

  • CFRP用 アルアーマナット 製品画像

    電食を防止するCFRP用アルミ合金製インサートナットです。電食を気にせ…

    繊維40%含有のCFRTPに装着し、JISの塩水交互浸漬法による耐食性評価を実施した場合、3,000時間の耐食性を維持します。 ○軽量化へのシナジー アルアーマナットの比重は鉄の3分の1です。CFRPによる素材の軽量化と同時に、ナットそのものの軽量化も図れます。電食対策等で使用がしづらかったCFRPがアルアーマナットを用いることで使い易くなり、軽量化への大きなシナジー効果が期待できます。 ○...(つづきを見る

  • CFRP用ファスナー『アルアーマ(R)ナット』 製品画像カタログあり

    ものづくりの軽量化促進!電食を防止するCFRP用アルミ合金製インサート…

    『アルアーマ(R)ナット』は、アルミ合金を使用したナットです。 表面に特許取得済みの特殊な硬質アルマイト皮膜をベースにしたアルアーマ 処理を施し、電気絶縁性を確保し、電食の発生を強力に防止します。 炭素繊維40%含有のCFRTPに装着し、JISの塩水交互浸漬法による評価を 実施した場合、3,000時間の耐食性を維持します。 【特長】 ■高い電食リスク対策 ■軽量化へのシナ...(つづきを見る

  • CFRP機械加工例 タッピング 製品画像

    CFRPは金属と同等の機械加工も可能です。実績豊富なエーシーエムにご相…

    CFRP製品は、鉄・アルミ・ステンレスなどと同様に機械加工を施すことが出来ます。ただし、炭素繊維が非常に硬いため、工具を消耗しやすいので、精度を確保するには工具の選定(超硬、ダイヤモンドなど)と、交換時期を適切に考慮する必要があります。 ...(つづきを見る

  • CFRP機械加工例 ブラインドナット 製品画像

    CFRPは金属と同等の機械加工も可能です。実績豊富なエーシーエムにご相…

    CFRP製品は、鉄・アルミ・ステンレスなどと同様に機械加工を施すことが出来ます。ただし、炭素繊維が非常に硬いため、工具を消耗しやすいので、精度を確保するには工具の選定(超硬、ダイヤモンドなど)と、交換時期を適切に考慮する必要があります。 ...(つづきを見る

  • ねじ材料 炭素繊維強化プラスチック(CFRP) 製品画像カタログあり

    炭素素材と樹脂を組み合わせて、1つの材料では成し得ない特性を有する材料

    三星産業貿易株式会社は、蝶ボルト、蝶ナットを中心とした”手で締めるネジ” の分野では、世界のトップメーカーとして、あらゆる産業で高い信頼と実績を誇っております。 「炭素繊維強化プラスチック(CFRP)」は、炭素素材と樹脂を組み合わせて、1つの材料では成し得ない特性を有する材料です。軽い、強い、錆びないなどの特長があります。用途としては、航空、宇宙、スポーツ用品、車両、エネルギーなどがあります...(つづきを見る

  • bigHead 軽量コンポジットファスナー 製品画像カタログあり

    CFRPや軽量コンポジットや薄板用に最適なファスナー!】

    あらゆる軽量コンポジット材や成形工法に適用出来ます。 ・薄板製品 ・ユニット製品 ・CFRP(炭素繊維強化プラスチック) ・GFRP(ガラス繊維強化プラスチック) ・RTM工法, ・VARTM工法 ・SMC工法 ・ハンドレイアップ 【ご使用メリット】  安全性 – ...(つづきを見る

  • 株式会社ヤマシナ 会社案内 製品画像カタログあり

    不可能を可能に変える斬新で安全な技術を広く安定供給する要素技術メーカー

    【主な取扱製品】 ■多目的ファスナー ■金属用タッピンファスナー ■樹脂用タッピンファスナー ■CFRP用ファスナー ■アルミ合金製ファスナー ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。...(つづきを見る

7件中1〜7件を表示中

表示件数
15件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。

分類で絞り込む

分類で絞り込む

[-]