• 解説資料 金型コーティング膜の特性と選定【被覆処理・下地処理編】 製品画像

    PR硬質膜の被覆処理時の注意点と、金型の工具寿命を飛躍的に向上させる方法!…

    硬質膜の被覆処理時の注意点とは?金型の工具寿命を飛躍的に向上させる方法とは? 本資料(その3、その4)では事例を用いて被覆処理時の注意点と当社独自の処理方法を詳しく説明しています。 ・資料(その3)では金型に必須なコーティング膜について、さまざまな実際の損傷を交え特性と選定方法について解説しています。 ・資料(その4)では金型の工具寿命を飛躍的に向上させる方法、当社が行う下地処理であるD...(つづきを見る

  • DLCコーティングの基礎知識・事例・選定基準をまとめた資料進呈中 製品画像

    PR切削工具、金型、機械部品の磨耗・傷つき防止に!樹脂・ゴムに対応したタイ…

    当社の『DLCコーティング』は、高い耐摩耗性はもちろんのこと 回転・滑り・往復などの機械的相対運動に要求される特性を兼ね備え、 切削工具や金型、自動車部品、シール材などに幅広く適用可能。 摩擦抵抗を低減できる水素フリーの「ジニアスコートHA」や 樹脂やゴム材料の変形に追従する「ジニアスコートF」など、 課題に合わせて選択できる様々な膜種をラインアップしています。 【用途例】 ...(つづきを見る

  • ハイバリア蒸着フィルムの基礎とコーティング技術、高機能化、開発例 製品画像カタログあり

    真空蒸着技術、イオンプレーティング技術、プラズマCVD、2元蒸着技術等…

    レトルト耐性、非金属性、環境対応性などが注目され現在大きな市場を形成しつつある。これら蒸着フィルムの特性、物性ならびに製造方法について説明し、併 て真空蒸着技術、イオンプレーティング技術、プラズマCVD、2元蒸着技術や、従来のバッチ式真空蒸着機に代わる連続真空蒸着機についても、三菱重工で の開発経験をもとに詳しく説明する。...(つづきを見る

  • LEDファクトリーランプ 製品画像

    長寿命・高輝度LEDを使用したファクトリーランプ(天井灯) 消費電力…

    E39口金設計で、本体重量が1.7kgと軽量にできています。専用電源の入力範囲もAC100Vから240Vに対応し、有害なUVまたはIR放射線を発生させません。環境温度は-20℃~50℃が標準ですが、カスタム製品も製作可能です。水銀灯からの切り替えに、工場・倉庫・体育館・スーパーマーケット等、幅広くご利用いただけます。...・E39口金設計 ・電源外付け ・標準品はIP65の防水規格。防火等級9...(つづきを見る

2件中1〜2件を表示中

表示件数
45件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。

分類で絞り込む

分類で絞り込む

[-]