チェックしたものをまとめて:

  • 昇温時間を大幅に短縮!温水循環装置【KCTシリーズ】 製品画像

    PR最大180℃!昇温効率が高く、昇温時間を大幅に短縮!

    清水を媒体とした加熱温調機です。 高い精度と安定性があり、昇温効率が高く、金型の昇温時間が大幅に 短縮できます。 2018名古屋ブラスチック工業展にて実機を展示します。皆様のご来場をお待ちいたしております。 会期:2018年10月31日(水)~11月2日(金) 会場:ポートメッセ名古屋(第3展示室) ■小間番号:D-9 ■出展ゾーン:プラスチック機械 成形機部品/周辺機器 ■出...(つづきを見る

  • 高機能表面処理『DLCコーティング』 ※用途事例進呈 製品画像

    PR耐磨耗・耐溶着・耐凝着などの特性を向上。切削工具、金型、自動車部品など…

    当社の『DLCコーティング』は、回転・滑り・往復などの機械的相対運動に 要求される様々な特性を兼ね備え、切削工具や各種金型、 自動車・機械部品などへのコーティングで活躍します。 摩擦抵抗を低減できる「ジニアスコートHA」、 表面の平滑性に優れた「ジニアスコートHAX」、 樹脂やゴム材料の変形に追従する「ジニアスコートF」 など、目的に合わせて様々な膜種が選択可能です。 ただい...(つづきを見る

  • レーザ技術による薄膜Si太陽電池の成膜法とプラズマCVD技術 製品画像

    ★従来の透明導電膜と太陽電池層の作成法を完全に捨て  原材料をガラス…

    造出来る。また、現在普及している結晶型太陽電池に比べ、実際の発電出来る量が年間で10%以上も多く、環境負荷が少なく経済的な太陽電池と言える。当社は薄膜シリコン太陽電池の製造技術の中核であるプラズマCVD装置から開発し、世界に先駆けいち早く大面積の電池を市場に投入した。その実例等も併せて紹介する。...(つづきを見る

  • ハイバリア蒸着フィルムの基礎と高機能化、開発例にみる特性比較 製品画像

    ★真空蒸着技術、イオンプレーティング技術、プラズマCVD、2元蒸着技術…

    レトルト耐性、非金属性、環境対応性などが注目され現在大きな市場を形成しつつある。これら蒸着フィルムの特性、物性ならびに製造方法について説明し、併 て真空蒸着技術、イオンプレーティング技術、プラズマCVD、2元蒸着技術や、従来のバッチ式真空蒸着機に代わる連続真空蒸着機についても、三菱重工で の開発経験をもとに詳しく説明する。...(つづきを見る

  • ハイバリア蒸着フィルムの基礎とコーティング技術、高機能化、開発例 製品画像カタログあり

    真空蒸着技術、イオンプレーティング技術、プラズマCVD、2元蒸着技術等…

    レトルト耐性、非金属性、環境対応性などが注目され現在大きな市場を形成しつつある。これら蒸着フィルムの特性、物性ならびに製造方法について説明し、併 て真空蒸着技術、イオンプレーティング技術、プラズマCVD、2元蒸着技術や、従来のバッチ式真空蒸着機に代わる連続真空蒸着機についても、三菱重工で の開発経験をもとに詳しく説明する。...(つづきを見る

  • リチウム二次電池炭素系電極材の技術開発と充放電特性・高出力改善 製品画像

    ★高いリチウム吸蔵放出容量を発揮できる炭素材料とは? ★負極材料の特…

    の可能性について、各種技術データ等を踏まえた特徴と他負極材動向の中での位置づけ等を紹介し、今後の開発展望について述べさせて頂きます。 【講演主旨】 カーボンナノウォール(CNW)はプラズマCVD法によって基板に垂直に生成される新規ナノカーボン材料の一つである。CNWはナノグラファイトドメインから構成されている特異な構造をもつ。本講演では、CNWの生成法、および構造上の特徴について説明する...(つづきを見る

  • バリアフィルムの設計・製膜技術と透明性・バリア性向上 製品画像

    ★透明性・バリア性を向上させるための低ダメージ製膜技術!? ★目的の…

    L用封止膜では、透明性(トップエミッションの場合)、高バリア性、低温(90℃以下)、低ダメージ条件で形成する必要がある。これらの課題を満たす成膜法として高電子密度、低電子温度が特徴の表面波プラズマCVD法に注目し、SiN系バリア膜を成膜、評価した結果について紹介する。...(つづきを見る

  • 自動車用樹脂グレージングハードコート技術と高機能化市場・規格動向 製品画像

    ★自動車グレージング実用化へのハードコーティング技術を網羅!! ★軽…

    量化に寄与するグレージングの樹脂化について、ハードコートの耐摩耗性向上と機能付加に関わる各種取り組みについて紹介します。ハードコートの硬度を無機ガラスに近づけるための表面硬化技術としては、プラズマCVDにより硬質膜を成膜する方法が一般的ですが、これに対し光改質により硬質化を行う方法は、製品の大きさや形状に対応し易いこと、大気圧中で光を照射するだけで硬質膜が得られる等のメリットがあります。本講演で...(つづきを見る

チェックしたものをまとめて:

6件中1〜6件を表示中

表示件数
45件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。

おすすめ関連情報

分類で絞り込む

分類で絞り込む

[-]