• DLCコーティングの基礎知識・事例・選定基準をまとめた資料進呈中 製品画像

    PR切削工具、金型、機械部品の磨耗・傷つき防止に!樹脂・ゴムに対応したタイ…

    当社の『DLCコーティング』は、高い耐摩耗性はもちろんのこと 回転・滑り・往復などの機械的相対運動に要求される特性を兼ね備え、 切削工具や金型、自動車部品、シール材などに幅広く適用可能。 摩擦抵抗を低減できる水素フリーの「ジニアスコートHA」や 樹脂やゴム材料の変形に追従する「ジニアスコートF」など、 課題に合わせて選択できる様々な膜種をラインアップしています。 【用途例】 ...(つづきを見る

  • 解説資料 金型コーティング膜の特性と選定【被覆処理・下地処理編】 製品画像

    PR硬質膜の被覆処理時の注意点と、金型の工具寿命を飛躍的に向上させる方法!…

    硬質膜の被覆処理時の注意点とは?金型の工具寿命を飛躍的に向上させる方法とは? 本資料(その3、その4)では事例を用いて被覆処理時の注意点と当社独自の処理方法を詳しく説明しています。 ・資料(その3)では金型に必須なコーティング膜について、さまざまな実際の損傷を交え特性と選定方法について解説しています。 ・資料(その4)では金型の工具寿命を飛躍的に向上させる方法、当社が行う下地処理であるD...(つづきを見る

  • CMPパッドコンディショナー 製品画像

    ダイアモンド砥粒と基板の分子レベルでの強固な化学的結合を達成!CMPプ…

    Advanced Ceramics社のCMPプロセスで使用する表面がダイアモンドで覆われた独特の構造のパッドコンディショナーを提案致します。ダイアモンド砥粒をシリコン基板、あるいはセラミック基板にCVDコーティングした構造です。ダイアモンド砥粒と基板の分子レベルでの強固な化学的結合を達成しました。耐スラリー性も強く、スラリーによる化学的な侵食もありません。また、ダイアモンドの欠落、粉砕が一切なく...(つづきを見る

  • 表面電荷分析装置 SCA2011 製品画像

    表面電荷分析装置

    表面電荷分析装置は、半導体前工程管理とりわけ熱酸化膜、CVD膜形成、メタライゼーション、洗浄及びエッチングなどプロセス中に生じた汚染とダメージのモニタリングに最適です。 ...ウェハー表面電荷量及び界面準位密度の測定   ■酸化膜工程    ・ウェハー汚染やプラズマ損傷による酸化膜中     電荷量の変化    ・熱ストレス等による界面準位密度の変化    ・窒化酸化膜中の固定電...(つづきを見る

  • Radimoラジカルモニター <対向型ラジカルモニターDP型> 製品画像カタログあり

    世界初のプロセスで使える超小型ラジカル絶対密度計測装置です。

    ジカルを真空紫外吸収分光法を用いて  ダイレクトに計測し、プロセスにフィードバック可能 ○ICF70フランジに取付可能 ○各種プラズマ装置に取付可能 →EBEP処理装置、CCPエッチング/CVD、Cat-CVD、  ICPエッチング/CVD 等 ○真空排気系一体制御型モニタリングシステム等、システム構成は  お客様のニーズに対応 ●詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをご覧...(つづきを見る

  • 【スクラッチ試験機】ナノスクラッチテスタ(NST3) 製品画像カタログあり

    優れたナノスクラッチ試験

    す。 有機系及び無機系のコーティングや、軟質及び硬質のコーティングの分析に使用できます。 光学用途から、マイクロエレクトロニクス用途、保護膜、装飾膜など様々な用途向けの、薄膜・多層膜のPVD・CVD・PECVD膜、フォトレジスト、塗装、ラッカーなどの膜の評価に利用できます。 金属合金、半導体、ガラス、反射材や有機材料を含む硬質あるいは軟質の基材も評価できます。...(つづきを見る

  • リップル電流テスタ 11800/11801/11810 製品画像カタログあり

    各種電解コンデンサの耐久性(高温負荷)試験用に設計された精密試験器です…

    リップル電流テスタ11800/11801/11810は、自動定リップル電流、定ピーク電圧( = Vdc + Vac_peak )のフルデジタル制御機能を装備し、簡単に電解コンデンサの耐久性試験を行うことができます。また消費電力を下げ、機器本体内部の温度上昇も抑える設計によって長時間の測定でも電気コストの大幅削減を可能にし、同時に機器の信頼性と寿命を向上させました。...【特徴】 ■フルデジタル制...(つづきを見る

5件中1〜5件を表示中

表示件数
45件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。

分類で絞り込む

分類で絞り込む

[-]