チェックしたものをまとめて:

  • 金型用 温度調節機シリーズ

    PR水を使って最大180℃まで加熱!冷却も可能な温水循環・冷却装置

    高温水循環装置KCTシリーズは、電気ヒーターを使用して、媒体(水)を素早く正確に180℃まで加熱する装置です。 冷温調機KCWシリーズは、加熱だけでなく冷却もできる水循環装置です。 チラーから温度調節機までの幅広い温度域を1台で対応します。 【ここが選ばれるポイント】 ■油ではなく水を使うことでコスト削減が可能 ■水を使って最大180℃まで加熱 ■加熱だけでなく冷却も可能 詳...(つづきを見る

  • PR耐磨耗・耐溶着・耐凝着などの特性を向上。切削工具、金型、自動車部品など…

    当社の『DLCコーティング』は、回転・滑り・往復などの機械的相対運動に 要求されるあらゆる特性を兼ね備え、切削工具や各種金型、 自動車・機械部品などへのコーティングで活躍します。 摩擦抵抗を低減できる「ジニアスコートHA」、 表面の平滑性に優れた「ジニアスコートHAX」、 樹脂やゴム材料の変形に追従する「ジニアスコートF」 など、目的に合わせて様々な膜種が選択可能です。 ただ...(つづきを見る

  • 【デモ機貸し出し可能!】石英管の形状に合わせ対応致しますので御相談下さ…

    ウエハーは製造工程に使用される石英管のクリーン度が、製品の品質に大きく影響します。 したがって、拡散工程やCVD工程及びアニール工程で使用される石英管の洗浄は重要なポイントです。 ジャパンクリエイト社は長年に及ぶ経験と実績から、御客様のニーズにあった石英管洗浄装置を提供致して居ります。 方式は横型式と縦...(つづきを見る

  • 水系・炭化水素系マルチ洗浄機(超音波洗浄機)の製品画像ですカタログあり

    水系・炭化水素系マルチ洗浄機(超音波洗浄機)

    広範囲にラインナップ ○多槽式タイプでは予備洗浄・本洗浄・すすぎ洗浄という系統で   精密洗浄が可能 ○シミのない仕上り仕上りを実現 ○水溶性の汚れにも油性の汚れにも対応可能 ○PVD、CVD、真空蒸着前の洗浄にも最適 ●その他機能や詳細については、カタログダウンロード下さい。...(つづきを見る

  • 2周波励起絶縁膜用PCVD装置カタログあり

    微粒子からウエハ、フィルム、ボトル、シリンダーまで、薄膜成膜技術、成膜…

    もポリイミド樹脂、エポキシ樹脂、ポリカーボネート樹脂のガスバリア膜・保護膜としての展開が進んでおります。 300mmウエハ対応のTSV側壁用の絶縁物成膜装置はGINTIでTSV Liner CVDとして使用されており、膜特性で高い評価を得ています。また同仕様の装置は電子デバイス製造会社での評価も高く、今後の3Dパッケージで活躍が期待されています。 高温下での成膜も当社の得意とするとこ...(つづきを見る

  • 今なら!無料デモ実施中!!カタログあり

    ドライ洗浄により冶具が長持ち・コスト削減!ウェット洗浄に比べて大幅な時…

    GaN成膜装置冶具用ドライ洗浄装置はMO-CVD装置の冶具などの成膜時に堆積するGaNやAlN等をドライエッチング方式で洗浄する装置です。 パワーデバイス、レーザーダイオード等の化合物・半導体や青色LEDの製造に最適。製造時の製品歩留まりの向...(つづきを見る

  • カタログあり

    多様な洗浄工程に最適なプロセスを提案する先進の超音波洗浄機。

    水系・炭化水素系マルチ洗浄機 アクト2 DWSシリーズは、多様な洗浄工程に最適なプロセスを提案する先進の超音波洗浄機です。オプションを選択することで炭化水素系・水系どちらの洗剤でも使用できます。単槽式タイプから多槽式まで広範囲にラインアップできます。詳しくはカタログをダウンロード、もしくはお問い合わせください。...【主な特長】 ○多様な洗浄工程に最適なプロセスを提案する先進の超音波洗浄機 ○...(つづきを見る

  • GaN成膜装置治具用ドライ洗浄装置「MDC8540L」の製品画像ですカタログあり

    【無料デモ実施中!】新開発・高性能設計で大幅なコストダウンを実現!作業…

    「MDC8540L」は、パワーデバイスや青色レーザーダイオード、青色LED等の化合物半導体製造用MOCVD装置の治具に、成膜時に堆積するGaN、AlN等のドライエッチング方式で洗浄するMDCシリーズのフラッグシップモデルです。 量産時の製品歩留まりの向上、ランニングコスト削減に最適です。 【特...(つづきを見る

チェックしたものをまとめて:

6件中1〜6件を表示中

表示件数
45件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。

おすすめ関連情報


PR