• HIAC液中微粒子計測器『System 9703+ -MC05』 製品画像

    PR光散乱方式と光遮断方式に同一センサーで対応!メンテも簡単。無料デモ受付…

    HIAC液中微粒子計測器『System 9703+ -MC05』は、 同一センサー内に光散乱方式と光遮断方式の測定原理を搭載し、 0.5~350μmのワイドレンジな測定に対応できる製品です。 用途に応じて「HRLD400センサー」に変更することで2~400μmの粗大粒子の測定も可能。 注射剤の不溶性微粒子試験から部品の洗浄液評価まで幅広く活躍します。 【特長】 ■ボタン一つで容...(つづきを見る

  • 高圧ポンプユニット KPM-5030 ※カスタマイズ可能 製品画像

    PRポンプとモーターを縦に配置して床面積を縮小!研磨ウエハ洗浄に好適

    KPM-5030はポンプとモーターを縦に配置して床面積を縮小した高圧ポンプユニットです。インバータ内蔵により流量特性を可変でき、外部信号により運転、停止ができます。半導体業界をターゲットとし研磨ウエハの洗浄に適しています。 【特長】 ◆設置面積が小さくコンパクト設計 ◆ポンプの選定により本仕様以外の流量、圧力に対応可能 ※ご要望に応じたカスタマイズが可能です。半導体産業のみならず洗...(つづきを見る

  • 2018年版太陽光発電設備運用・セカンダリー市場の現状と将来展望 製品画像カタログあり

    矢野経済研究所の太陽光発電設備運用に関するマーケットレポートです。

    太陽光発電所の運営・メンテナンスやセカンダリー市場(稼働済み太陽光発電所取引)、太陽光パネルリユース・リサイクルなどに関連するサービスや技術の市場動向について調査を実施した。調査結果を基に、主要なサービスや技術の市場動向、代表的な参入プレイヤーの事業内容、先進的な太陽光発電設備の活用事例などについて分析を行った。 ■ポイント ●太陽光発電所のストック増加に伴いO&Mサービスの国内市場の成長...(つづきを見る

  • 2018 自動車・エレクトロニクス関連フィルム市場の動向と展望 製品画像カタログあり

    矢野経済研究所の自動車・エレクトロニクス関連フィルム市場に関するマーケ…

    2018年度に発刊した弊社の既刊レポートから、自動車関連、エレクトロニクス関連フィルムに関する内容を抜粋、一部加筆修正し再編集致しました。設備状況、販売見込みなどは基本的に各レポート発刊時のままとしております。 ■ポイント ●新市場開拓につながるフィルム開発と情報発信を! 次の10年の成長戦略を描き、新たなものづくりを支えるフィルム開発を目指せ。 ●QDシート、車載用OCA・OCR、車...(つづきを見る

  • 注目が集まるスポーツサプリメントボディメイクフード市場の最新動向 製品画像カタログあり

    矢野経済研究所のスポーツサプリメント・ボディメイクフードに関するマーケ…

    近年、スポーツサプリメント・ボディメイク市場が大きく拡大。スポーツニュートリション浸透による部活生・スポーツ選手におけるサプリメント摂取の浸透に加え、若年層や中高年齢層など、身体づくりや健康のために生活に運動・トレーニングを取り入れる層の需要が顕在化している。また、販売チャネルの構造が大きく変化し、特に通信販売チャネル影響により、新興勢力の勢力拡大や、新規参入が見られるなど、市場が大きく変化してい...(つづきを見る

  • 2018 地域エネルギーマネジメント事業の実態分析と将来展望 製品画像カタログあり

    矢野経済研究所の地域エネルギーマネジメントに関するマーケットレポートで…

    本調査レポートでは、国内のスマートシティやスマートコミュニティの中でも、CEMSによる制御を行なって面的にエネルギー供給する地域エネルギーマネジメント事業について、特徴を整理して有力プロジェクトの実態を分析するとともに、今後の課題や普及可能性について将来展望を行なった。 ■ポイント ●地域エネルギーマネジメント事業を地方・郊外、都市開発、工業地帯の立地に分類し、主に電力自営線を使用してエネ...(つづきを見る

  • 2016 BEMS・BAS市場の現状と将来予測 製品画像カタログあり

    矢野経済研究所の BEMS・BASに関するマーケットレポートです。

    BEMS・BAS市場の現状を明らかにするとともに、最新のシステム・サービスを紹介して、同事業を展開している事業者の実態と戦略を分析した。本調査レポートでは、2015年度までの市場規模実績推移と、2025年度までの市場規模推移予測を行なった。 ■ポイント ● BEMS・BASシステム数の伸びは2012年度比2%強に対し、建築価格の上昇に伴って金額ベースは大幅拡大した ●新築ビル用は首都圏の...(つづきを見る

  • 2018年版 屋根材市場の全体像と素材別実態 製品画像カタログあり

    矢野経済研究所の屋根材市場に関するマーケットレポートです。

    屋根材市場・業界の全体あるいは素材別の現状と今後の方向性を整理する。 ■ポイント ● 2017年度の屋根材市場規模は103,471千平方メートル 粘土瓦、セメント系瓦、シングル材、金属屋根材(輸入品除く)それぞれの市場規模を推計 金属屋根材が増加傾向にある理由は? 戸建住宅用屋根材の品種別市場規模推移、リフォーム用屋根材の品種別シェアを掲載 ● 2018年度の屋根材市場規模は104...(つづきを見る

  • 2018年版 医療情報システム(EMR・EHR)市場の将来展望 製品画像カタログあり

    矢野経済研究所の医療情報システム(EMR・EHR)に関するマーケットレ…

    医療情報システム(EMR・EHR)市場は、電子カルテを中核に市場を形成しており、今後も地域医療連携・地域包括ケアにおいて医療情報の電子化が重要視されるだけでなく、院内においてもチーム医療・クリティカルパス、ペーパーレス・フィルムレス、EBM、DWHなど、医療における大きな変革にIT化は不可欠なツールであり、医療施設側の期待も大きく、直接的に医療に貢献するシステムや導入効果など、企業に求められるソリ...(つづきを見る

  • 2016年版 3Dプリンタ材料市場の現状と将来展望 製品画像カタログあり

    矢野経済研究所の 3Dプリンタ材料に関するマーケットレポートです。

    本調査レポートでは、3Dプリンタの普及に向けた材料の開発トレンドや需要動向、普及に向けた課題、参入企業の事業戦略を分析するとともに、2020年までの市場成長性を予測した。調査対象とする3Dプリンタの方式は以下のとおりである。材料押出(Material extrusion:ME)、粉末床溶融結合(Powder bed fusion:PBF)、液槽光重合(Vat photopolymerization...(つづきを見る

  • 2018 ADAS/自動運転用キーデバイス・コンポーネント 製品画像カタログあり

    矢野経済研究所の ADAS/自動運転用キーデバイス・コンポーネントに関…

    日米欧においてADAS(運転支援システム)の標準化が進み2020年以降はレベル3以上の自動運転車が主要自動車メーカから相次いで発表される。この為クルマに搭載されるカーエレクトロニクスが急激に進化しておりその中でADAS/自動運転用センサの搭載個数は増加し多機能・高性能化が急速に進む事が予想される。本調査レポートでは国内・海外におけるADAS/自動運転に関連する主要50社に直接面談取材を実施し現状の...(つづきを見る

9件中1〜9件を表示中

表示件数
60件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。


PR