• 高性能ドームロード背圧レギュレーター「Equilibar」 製品画像

    PR超微圧・超微流量調整可能なマルチオリフィス設計のドームロード背圧レギュ…

    Equilibarドームロード背圧レギュレーターは複数オリフィス設計により、上流側の流量変動による設定圧力への影響が小さく、安定した制御を行う事が可能です。 柔軟なダイアフラムのみで制御するので、スプリング式背圧弁のように摩擦で精度が落ちることは無く、応答速度も速いです。 パイロットポートを真空ポンプと繋げることで、真空レギュレーターとしてご利用頂けます。 【特徴】 ■大半のアプリ...(つづきを見る

  • 回転波動ノズル パタガン『SPG-40型・40G型』 製品画像

    PR水切り・除塵・油切り等に適した究極のエアーガン「Pata-Gun」!

    『SPG-40型・40G型』は、今まで広範囲をエアーガンを左右に振って処理 されていた場合などの、広範囲での処理に適している回転波動ノズルです。 カバーの奥より出ているソフトウレタン製の流体噴射出口が高速回転することにより 断続的な衝撃波を広範囲に及ぼします。 従来のエアーガンのエアーで押す効果よりも、パタガンによるエアーで 叩く効果が、エアー消費量を節約し、処理時間の短縮が可能...(つづきを見る

  • プラスチック成型機用スクリュー洗浄「スクリュープレッシャー」 製品画像カタログあり

    こすって拭く、ごっそり取れる!洗浄の進化は止まらない!

    『スクリュープレッシャー』は、三興商事株式会社が取り扱っている製品です。 当製品に、スクリューと洗浄剤「ゲル・ピカP」を入れて、汚れ具合に応じて 1~3時間加熱、加圧するだけでこびりついた樹脂や炭化物が濡れたウェスで 簡単に剥がれます。 さらに、スクリューに傷を一切付けない洗浄方法により、異物発生率を 極端に下げます。「SP-2700」と「SP-1500」をラインアップしておりま...(つづきを見る

  • 小型高周波誘導加熱装置 450KHz/900KHz/1.8MHz 製品画像カタログあり

    【※無料加熱テスト可能!】温度制御・フィーダー・センサー等が1台に集約…

    「小型高周波誘導加熱装置(SPW900/1800)」は、 周波数450KHz/900KHz/1.8MHzに対応した超小型の誘導加熱装置です。 温度制御、フィーダー、センサーなど、周辺部品もまとめて提供できるためロスが少なく、 超小型を実現しました。また、コイルヘッドが分離できるため、設置や交換も容易にできます。 ◎ご希望の方に無料で加熱テストを行っております。 【特長】 ◆温度制御...(つづきを見る

  • TOUNETSU 製品カタログ 製品画像カタログあり

    トウネツが取り扱う工業炉など豊富な製品を多数掲載!

    当カタログは、株式会社トウネツの製品を多数掲載しています。 アルミニウム溶湯の保持に使用される「アルアンダー」をはじめ、 ノンストーク型定湯面式低圧鋳造用三槽炉「アルスト」など 豊富なラインアップをご紹介しております。 【掲載製品(抜粋)】 ■アルアンダー ■定湯面式LP用2槽炉 ■アルスト ■SPAC ■アンダーバーナー ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気...(つづきを見る

  • 電力調整器『UFシリーズ』 製品画像カタログあり

    小型・軽量・高信頼性で人気の電力調整器

    『UFシリーズ』は、長年の実績をもとに開発された高機能型の電力調整器です。 主回路部に当社製のサイリスタモジュール(絶縁型)を採用し小型軽量化。 多数のユニットを制御盤に実装する際の実装密度を高めました。 さらに、制御回路部にはデジタル制御方式を採用しています。 また、汎用型の「SPUシリーズ」もラインアップしております。 【特長】 ■長年の実績をもとに開発 ■サイリスタ...(つづきを見る

  • 表面硬化熱処理法『N-クエンチ』 製品画像カタログあり

    従来の課題を解決!焼入ひずみの低減、処理時間短縮化を実現した表面硬化熱…

    『N-クエンチ』は、鋼に窒素のみを侵入・拡散し、オーステナイト状態から 焼入を行う浸窒焼入のことです。 窒素を侵入させ焼入を行うことにより、安価なSPCC材でも850HV程度の 表面硬度が得られ、内部に窒素が拡散している範囲で硬度を上昇させる ことが可能です。 ひずみ量は浸炭窒化焼入の約半分で、ガス軟窒化よりわずかに大きいのみ。 また、摩擦係数・焼付け面圧は浸炭窒化、ガス軟窒化...(つづきを見る

5件中1〜5件を表示中

表示件数
45件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。

分類で絞り込む

分類で絞り込む

[-]

PR