チェックしたものをまとめて:

  • ホワイトペーパー『金属パーツの材料選定と製造方法』

    PR各金属材料の特徴は?適切な製造法は?金属パーツを作るなら必読の技術資料

    ホワイトペーパー『金属パーツの材料選定と製造方法』は、代表的な金属の 材料特性と金属パーツの製造法についてまとめた技術資料です。 金属パーツを製作する際、目的の強度や重量、生産性を達成するには 各金属の特性を踏まえ、適切な製造方法を選ぶ必要があります。本資料では 「金属の特性」と「製造法の特徴」にスポットを当てています。 【ホワイトペーパー 掲載内容】 ■<軟質>と<硬質>それ...(つづきを見る

  • PRCNT研究に課題をお持ちの方へ!CNTの分散液調製から評価方法まで理解…

    カーボンナノチューブ(以下、CNT)は活用するための分散・評価手法においては、依然として未知の部分も多く、各メーカーが独自にその手法を模索している状態ともいえます。 本セミナーでは特別講演や、共催各社による技術講演ならびに、ナノ分散機「分散ナノ太郎」の実機展示、フーリエ変換赤外分光光度計(FTIR)とディスク遠心式粒子径分布測定装置(CPS)のポスター展示 ポスターセッションも予定。 ★セ...(つづきを見る

  • カタログあり

    新クリーンテクノロジー・環境に優しい発振器

    カンや経験頼りで発生しがちだった「ムリ」、「ムダ」、「ムラ」をなくしています。それが「環境保全システム」になりうるのです。 「LC3015 F1 NT(Vartual Prototype Simulation System設備)」は、発振器内部に高クリーン度の新材料を 採用。またPRミラー部には高冷却ホルダー(特許出願中)を装着することにより、発振器内部光学系部品などのメンテナンス周期を大幅に拡...(つづきを見る

  • カタログあり

    最小のエネルギーで最大の生産性を実現【パンチング】

    、カンや経験頼りで発生しがちだった「ムリ」、「ムダ」、「ムラ」をなくしています。それが「環境保全システム」になりうるのです。 「EML 3610 NT(Vartual Prototype Simulation System設備)」は、パンチ・レーザー複合機であると同時に工程統合機といえる機能を持っています。 提携穴は、ACサーボ・ダイレクトツインドライブ機構による素早いパンチング加工、高品質な...(つづきを見る

  • カタログあり

    ネットワーク対応型高速・高精度ハイブリッド・ドライブシステムを採用

    、カンや経験頼りで発生しがちだった「ムリ」、「ムダ」、「ムラ」をなくしています。それが「環境保全システム」になりうるのです。 「HDS 1303 NT(Vartual Prototype Simulation System設備)」は、ネットワーク対応型高速・高精度ハイブリッド・ドライブシステムを採用。 ミクロン単位の位置決め精度を実現した新開発のベンディングマシンです。長時間運転にも最小の経時...(つづきを見る

チェックしたものをまとめて:

3件中1〜3件を表示中

表示件数
45件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。

おすすめ関連情報

分類で絞り込む

分類で絞り込む

[-]

PR