• 技術資料「マツダの特注金属カラー製品事例紹介」 製品画像

    PR金属カラーに特化したVE/VA提案のヒントが満載!※技術ハンドブック無…

    一般的な鍛造加工に比べ寸法精度が高く、表面の平面度が高い冷間鍛造。 当社はこの技術を駆使し、高精度で安価なねじ部品をご提供しています。 今回、長年培った冷間鍛造のノウハウを元に「特注金属カラー」の特徴 および製品事例を掲載した資料をご用意いたしました。 また、ご希望の方には、冷間鍛造の基礎知識や他工法からの置き換えメリット等をご紹介した、『冷間鍛造による切削レス 「工法転換」技術ハンド...(つづきを見る

  • 【受託加工】フッ素コーティング技術『UTFコート標準タイプ』 製品画像

    PR6~7nmの超薄膜を実現。60℃以下の低温処理で様々な基材に応用可能。…

    『UTFコート標準タイプ』はプラズマ処理を利用したフッ素コーティング技術です。 プラズマによる分子結合で、母材と塗膜の密着力を高め、剥離を防止。 6~7nmの超薄膜のため寸法精度を気にせず処理でき、 非粘着性や撥水・撥油効果が長期にわたり持続します。 60℃以下の低温で処理するため、金属はもちろんガラス、陶器、布、 各種エンプラなど様々な基材に応用可能です。 【応用事例】 ■...(つづきを見る

  • NCグリップフィーダ『TG4』 製品画像

    プレス追従回転数1000spmの両側送りタイプのグリップフィーダをご紹…

    『TG4』は、プレス追従回転数1000spmの両側送りタイプのグリップフィーダです。 ふたつの可動グリップを使って材料を搬送します。片側のグリップが送り 動作を行っている間に、もう一方のグリップが戻り動作を行えるため、高速 動作が可能となります。 最大材料幅は120mmで、最大送り長さは40mmまでとなっております。 Gシリーズでは、送り長さ110mmまで対応可能な片側送りタ...(つづきを見る

  • NCグリップフィーダ『G11』 製品画像

    新制御搭載!送り長さ110mmまで対応可能な片側送りタイプのグリップフ…

    『G11』は、エア不要の電磁式リリース機構を備えたグリップフィーダです。 最大材料幅は120mm、最大プレス回転数は600spmまで追従。 グリップの往復を異なる加速度とする新制御を搭載しました。 送り角度を大きく確保出来る場合には、従来機(GL110)よりも材料の スリップが発生しにくい条件で動作します(特許出願済)。 Gシリーズでは、プレス追従回転数1000spmの両側送りタ...(つづきを見る

2件中1〜2件を表示中

表示件数
60件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。

企業で絞り込む

[-]

PR