• 小型ファンレス車載用PC『POC-351VTC』 製品画像

    PRApollo Lake 搭載 小型ファンレス車載用PC の登場です! …

    ■特徴 ・メーカー:Neousys ・小型:56mm x 153mm x 108mm ・インテル Apollo Lake Atom E3950 quad-core processor 搭載 ・GbE x3(PoE+ x2) ・絶縁CAN x1 ・絶縁DI x8、絶縁DO x8 ・ファンレス(-25~70℃) Neousys社は、信頼性の高い産業用向け組み込み製品開発メーカーで...(つづきを見る

  • ADAS/自動運転開発向けソフトウェア【事例集進呈中】 製品画像

    PR【主要OEM、サプライヤ、サービス・プロバイダ様、導入実績あり】高速演…

    バーチャル・テスト・ドライビングを活用した、先進運転支援システムと高度自動運転システムの開発と評価を実施するシミュレーション・ソフトウエア、「CarMaker」の最新資料をダウンロードいただけます。 <主な使用事例> ・ディープラーニングによる仮想環境での開発とテスト ・開発段階の機能検証のための再現可能なシナリオの生成 ・多様なセンサモデルのテストと開発 ・地図情報のインポートや実...(つづきを見る

  • 建設業界向け製品・サービス 製品画像

    建設業界向け製品・サービス

    日東紡音響エンジニアリング社で提供しているサービスは、 ホール,映画館,ライブハウスなど、音や映像を楽しむ娯楽施設の 音響設計・施工から、集合住宅や事務所などの日常生活空間における 騒音・振動問題のコンサルティング、生活環境を取り巻く工場等の 騒音診断・対策まで多岐に渡っています。 ■□■製品・サービスラインナップ■□■ ■施設   音楽ホール・劇場・試写室・映画館・リハーサ...(つづきを見る

  • 金型設計「測定・品質保証」 製品画像カタログあり

    最新の測定技術で、安心のクオリティを提供します!

    ますます精度が要求されるエンプラおよびスーパーエンプラ分野において、より高度かつ精密な計測はもはや必須条件です。今まで困難であった複雑な形状の金型や成形品を正確に測定するため、当社は最新の測定機器を積極的に導入。設計から成形まで生産プロセスのすべてにわたって、お客様に大きな安心をお届けしています。 詳しくはお問い合わせ下さい。...【サービス内容】 ○3次元測定 →三次元測定によって、金...(つづきを見る

  • 画像測定機による受託サービス|JTL 製品画像カタログあり

    画像撮影による非接触二次元測定・輪郭形状測定を、小型部品から大型製品ま…

    画像測定機では、三次元測定機などでは測定することができない小さな製品や、細かい形状の二次元的な測定が可能です。 スキャニング形状測定・二次元CAD照合・形状評価(ベストフィット)により、通常の幾何寸法測定では評価できない二次元的な輪郭形状の測定・評価を行うことが可能です。 また、三次元測定機に特殊な画像測定プローブ(クイックビジョンプローブ)を取り付けることで、一般の画像測定機では対応できない...(つづきを見る

  • 日綜電工業 熱画像測定サービス 製品画像

    無駄なエネルギーを消費していませんか?

    高精度・高信頼性のサーモビジョン(携帯型熱画像計測装置)を使用し、お客様の設備診断に貢献します。 ...【特徴】 ○可視画像用のCCDカメラを搭載し、熱画像と可視画像を用いたレポートで解析が容易。 ○測定範囲は、-40~120℃、0~2000℃まで測定可能。 ○温度比較に便利なスポット、エリア、プロファイルなどを選択し、合計6点までのデータ解析がカメラ上で可能。 ●その他機能や詳細に...(つづきを見る

  • 技術資料『流れ分析の基礎と手分析との比較』 製品画像カタログあり

    連続流れ分析を含む流れ分析法の原理や基礎などを紹介した技術資料

    技術資料『流れ分析の基礎と手分析との比較』は、人の手で行われてきた様々な化学分析を自動化する方法として、環境や食品、医薬品、農業など多くの分野で利用されている「流れ分析」について掲載した資料です。 本資料では、連続流れ分析を含む流れ分析法の原理や基礎、従来の手分析との比較や特長を紹介しています。 【掲載内容】 ■流れ分析法とは? ■手分析との比較 など 詳しくはカタログをご覧...(つづきを見る

  • DJK 四探針法による抵抗測定 製品画像カタログあり

    試料に4本の針状の電極を直線上に置き、外側の二探針間に一定電流を流し、…

    四端子法(電流電圧法)と同じ原理により、試料に4本の針状の電極を直線上に置き、外側の二探針間に一定電流を流し、内側の二探針間に生じる電位差を測定し抵抗を求めます。次に求めた抵抗に試料厚さ、補正係数RCF(Resistivity Correction Factor)をかけて体積抵抗を算出します。四端子法と比べ、試料上での電極形成の必要が無くなります。 ...【特徴】 ○試料に4本の針状の電極を直線...(つづきを見る

6件中1〜6件を表示中

表示件数
45件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。

分類で絞り込む

分類で絞り込む

[-]

PR