チェックしたものをまとめて:

  • DLC用KLASTA MATEカタログあり

    アークイオンプレーティングの蒸発源、スパッタリングのターゲット材として…

    KLASTA MATE(R)は、金属と炭素の複合材料で、炭素材料中に金属粒子が均一に分散した構造をしています。 スパッタリングのターゲット材やアークイオンプレーティングの蒸発源として用いることで、金属元素をドープしたDLC (ダイヤモンドライクカーボン) の成膜が可能です。 詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをダウンロードしてください。...【主な特長】 ○均一な組成の金属/...(つづきを見る

  • カタログあり

    抜群の品質!用途に合わせたコンデンサ用セパレータを多数ご用意しておりま…

    当社では、アルミ電解コンデンサ用・導電性高分子コンデンサ用など用途に合わせた セパレータを多数ご用意しております。 ニッポン高度紙工業社製のセパレータは、厚さ・密度が均一で不純物が極めて少なく、 電解液の含浸・保持率に優れた特殊で高品質な紙です。 抜群の品質と万全の供給体制、豊富な品揃えにより高い評価を得ております。 厳選された材料と専用マシンで、低電圧用から高電圧用、また含...(つづきを見る

  • 微粒子へのコーティングの製品画像ですカタログあり

    微粒子の力を引き出すパウダーへのコーティングサービスです。

    ミクロンサイズの微細な粒子に化学的手法や物理的手法を用いて金属、金属酸化物、金属窒化物、金属炭化物等のコーティングが可能です。またそれらを多層にコートしたりすることも可能です。更に粉末粒子に新たな触媒機能や導電性機能を持たせたり、耐食性、耐磨耗性を向上させるための新しい技術も積極的に開発しております。 ...【1】成膜可能物質 金   属 Au, Ag, Pt, Pd, Cu, Ti, Al,...(つづきを見る

  • カタログあり

    ご要望の濃度の金属と炭素を複合化した、金属-炭素複合材料をご提供します…

    KLASTA MATE(R)は、金属と炭素の複合材料です。 炭素材料中に金属粒子が均一に分散した構造をしています。特長としては、任意の金属種を、任意の濃度で、炭素と複合化させることが可能で、周期表の殆どの金属に関して複合化させることができます。2種類以上の金属種を組み合わせることも可能です。金属内包フラーレン及びカーボンナノチューブに代表されるナノカーボン製造用の原料としてご使用頂いております。...(つづきを見る

  • カタログあり

    東京産業洋紙取扱い製品総合カタログ。明日の技術を支える多彩な製品を掲載

    『東京産業洋紙株式会社 取扱い製品 総合カタログ』は、アルミ電解コンデンサ用セパレータ、導電性高分子コンデンサ用セパレータ、電気二重層キャパシタ(EDLC)・リチウムイオンキャパシタ用セパレータ、その他電気電子機器用材料から産業用紙まで様々な製品を掲載したカタログです。 明日の技術を支えている多彩なラインナップを掲載しております。 【掲載製品】 ○コンデンサ、EDLC用材料 ○トランス...(つづきを見る

  • カタログあり

    太陽電池、ディスプレイ、固体照明、RF-ID、電池、センサー等のフレキ…

    対象アプリケーション、太陽電池(薄膜Si/CIGS/CdTe/色素増感/有機薄膜)、ディスプレイ(OLED/EPD/LCD/PDP他)、固体照明(有機EL照明/無機EL照明/QLED)、その他(RF-ID、電池、スピーカー、センサー、他)。 参入メーカーリファレンス206社。 フレキシブル電子デバイスはプリンテッド、有機材料技術との親和性が高い。すでに一部ではこれら技術が融合した製品の開発が進...(つづきを見る

  • カタログあり

    大型シリカモノリス製造が可能に!2段階細孔構造を持つ高機能無機多孔体素…

    シリカモノリスは、マクロ孔とメソ孔の2 段階の細孔を持つ高性能無機多孔体素材で、化学工学的に優れた流体力学的特性を持つことはよく知られており、高速液体クロマトグラフィー用カラムとして商品化されてきました。 しかし合成技術そのものの難易度が高く、これまで数ミリリットル程度の製造が限度で、高価な素材であることから、汎用用途への展開は限定されていました。 株式会社エスエヌジーでは、1リットルを超える...(つづきを見る

  • 2015年版 カーボンナノチューブ市場の現状と将来展望カタログあり

    矢野経済研究所のカーボンナノチューブに関するマーケットレポートです。

    本調査レポートでは既存用途及び透明電極やEDLC電極等の有望用途におけるCNTメーカーの取組み状況や技術課題等を分析、2020年までのCNT市場を予測。 ■ポイント ●CNT市場は第三次成長期に突入へ ●市場の裾野拡大に繋がる。テクニカル・ソリューションの重要性が増す ●単層CNT市場では低価格を武器にOCSiAlが需要を取込む。日本ではスーパーグロース法とeDIPS法による量産が本格化へ...(つづきを見る

チェックしたものをまとめて:

8件中1〜8件を表示中

表示件数
45件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。

おすすめ関連情報

分類で絞り込む

分類で絞り込む

[-]