• 背負って歩くだけで3Dスキャン!ウェアラブルレーザースキャナ 製品画像

    PR【計測時間が三脚式3Dスキャナの約1/10】簡単・迅速・便利!軽量のレ…

    『HERON』は、レーザースキャナーを背中に装着し、計測したい場所を 歩くことで周囲の3Dデータが取得できるレーザースキャナです。 オペレーターはタブレット端末で計測状況をリアルタイムに確認できるため、 現場に戻って再計測するという無駄な作業は無くなります。 データの処理は基本的にデスクトップソフトウェアにて自動化され、 後工程に使用される汎用的なデータにエクスポートされます。 ...(つづきを見る

  • 高機能フェライト粉『真球状ナノフェライト粉』 製品画像

    PR磁性インク、磁性流体、各種電子部品等に!酸化しにくく保管も容易なフェラ…

    パウダーテックの『真球状ナノフェライト粉』は、 平均粒径が20~1000nm程度の真球状のナノ(超微粒)フェライト粉です。 分散性に優れており、磁性インク、磁性流体などに使用可能です。 また、各種電子部品への利用も期待されます。 ナノ~サブミクロンサイズであるにもかかわらず酸化しにくいので、 保管も容易。各種溶媒に分散した分散液タイプもあります。 【特長】 ■平均粒径20...(つづきを見る

  • プラスチック難燃化の基礎と難燃剤配合技術、製品設計事例にみる評価 製品画像カタログあり

    ★ナノメートルサイズ新規な難燃材料★電化製品・電子機器にみるプラスチッ…

    詳細確認またはお申込をご検討されている方は下記URLをご覧ください ▼ http://ec.techzone.jp/products/detail.php?product_id=867 講 師  第1部 中部大学 総合工学研究所 教授 武田 邦彦 氏 第2部 パナソニック電工(株) 新規商品創出技術開発部 材料技術開発部 工学博士 余田 浩好 氏 第3部 (株)テクノクオリテ...(つづきを見る

  • 波長変換材料を用いた太陽電池の変換効率向上 製品画像

    ★太陽光の紫外光を含む短波長領域を利用し、さらなる高効率化を図る! …

    【講演主旨】 通常どの太陽電池も450 nm以下の短波長領域で感度が急速に低下しているか、もしくは殆んどない。一方、太陽光はこの波長領域では低下していくが300nmまでは感度がある。即ち、太陽電池は太陽光の紫外光を含む短波長領域を利用しないで...(つづきを見る

  • 薄膜・多層膜の機械的特性とその測定・評価法 製品画像

    ★薄膜における摩耗・付着力・硬さなど、あらゆる分野で必要とされる薄膜評…

    硬さなどの機械的特性は、耐久性評価の重要な指標です。機械的性質の分類と各機構の概略を基礎から説明し、それぞれの測定・評価方法についてわかりやすく解説します。また、近年において要求が高まっている膜厚がnmオーダーの薄膜評価法として、最先端の技術として注目される超微小押し込み試験(ナノインデンテーション法)について詳しく解説します。計測原理や測定精度などの特徴を解説し、種々の薄膜に応用した例について紹...(つづきを見る

  • カーボンナノチューブの材料開発と分散複合化、高機能化、市場展開 製品画像カタログあり

    ★まだまだ未完成なカーボンナノチューブの最新技術報告を中心とした材料・…

     1991 年の飯島氏によるカーボンナノチューブCarbon Nanotube(CNT)の発見2)は,炭素材料の常識をさらに変えることとなった.6角網面は平面しか作り得ないと考えられてきたが、直径1nm という細さのチューブともなり得ることが示された.2000 年代に入り、CNT は構造と物性に関する魅力によってナノテクノロジーのキーマテリアルとして大きく注目されることとなった。  本書はこの分...(つづきを見る

  • 薄膜機械物性・密着性の最新計測技術と評価方法セミナー 製品画像カタログあり

    硬さ・弾性率などの薄膜機械物性の評価について、基礎からこれら物性値の真…

    材料の薄膜化と表面改質は、摩擦・磨耗・耐圧性、加工・切削性、撥水などの表面特性だけではなく、薄膜全体の強度、電気抵抗、光学吸収、物質浸透などの様々な特性を大きく変化させ、材料に高いパフォーマンスを持たせることができる。しかし、このようなモノづくりは、莫大な開発コストが必要である。一方、薄膜の機械物性と薄膜密着性は、ナノメートル領域物性であり、材料機能の発現・抑制因子としてマクロな効果・現象を大きく...(つづきを見る

  • 薄膜・多層膜の機械的特性とその測定・評価法 製品画像

    ★薄膜における摩耗・付着力・硬さ! ★耐久性評価の重要な指標である、…

    硬さなどの機械的特性は、耐久性評価の重要な指標です。機械的性質の分類と各機構の概略を基礎から説明し、それぞれの測定・評価方法についてわかりやすく解説します。また、近年において要求が高まっている膜厚がnmオーダーの薄膜評価法として、最先端の技術として注目される超微小押し込み試験(ナノインデンテーション法)について詳しく解説します。計測原理や測定精度などの特徴を解説し、種々の薄膜に応用した例について紹...(つづきを見る

  • タッチパネル用ハードコートフィルムの市場・メーカー動向と高機能化 製品画像

    ★タッチパネルハードコートフィルムの市場・技術の最近の動き! ★耐擦…

    【日 時】平成23年1月26日(水) 10:30-15:30 【定 員】30名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください。 【聴講料】1名につき52,500円(税込、昼食付、テキスト費用を含む) ...【第2部 講演主旨】  反射防止フィルムの新たな製造方法として、モスアイフィルムが近年注目を集めている。このフィルムには、髪の毛の太さの1/1000程...(つづきを見る

  • 4/19【セミナー】 金属/樹脂接合の最新技術と界面強度予測技術 製品画像カタログあり

    困難である異材接合を実現する射出一体成型(NMT)、密着強度予測技術、…

    【修得知識】●接合が困難とされている金属/樹脂接合および界面密着強度技術の最新技術の知見を得ることで、自社製品の接合信頼性向上のための一助となります。...【日時】2011年4月19日 (火) 10:30~17:30 【会場】日本テクノセンター研修室 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階 【受講対象】 ●各種車輌、機械、電子機器などにおける異材接合を担当する...(つづきを見る

  • 4/25機器分析によるリチウムイオン電池の構成部材分析と劣化解析 製品画像カタログあり

    【セミナー】IR、ラマン分光、NMR、MS、X線回折法などの各種機器分…

    安全かつ高性能を実現するためのセミナー 【修得知識】●リチウムイオン電池の構成部材の組成、劣化評価に用いる機器分析方法、解析方法 ...【日時】2011年 4月 25日(月) 10:30~17:30 【会場】日本テクノセンター研修室 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階 【受講対象】 ●リチウムイオン電池の構成部材の組成分析に用いる機器分析法を習得されたい方...(つづきを見る

  • 技術トレーニング Samba構築 製品画像

    Linux Samba サーバの構築と管理ための応用的な知識を修得する…

    LPIC302 Mixed Environment 試験のカテゴリについて、講義、実習、模擬試験を行なう。最終日にLPIC302 Mixed Environment 試験を受験する。...(つづきを見る

  • 出張講座~分析技術セミナーを出張開催致します~ 製品画像カタログあり

    当社では、新入社員研修や技術者向け社内研修など、ご要望に応じて講師を派…

    東レリサーチセンターでは、分析の実務経験が豊富な技術者が講師を務める 「分析講座」を開講しており、その出張開催(講師派遣)も承っております。 ご要望に応じて、社内研修等に合わせたオリジナル講座の企画提案もいたします。 お気軽にお問合せ下さい。 【分析講座受講のメリット】 ◆分析結果をより深く理解し、活用することができるようになります ◆分析手法の特徴を理解し、効果的な手法を選択する...(つづきを見る

  • 技術図書【自動車モータ開発のための磁性材料技術】 製品画像カタログあり

    小型、高出力、高効率のNd磁石同期モータ *試読できます。

    「まえがき」より  次世代環境対応車として、ハイブリッド自動車(HV)、Plug‐in HV、電気自動車(EV)は今後益々普及拡大すると見られている。これらの駆動モータにはほとんど小型、高出力、高効率のNd磁石同期モータが採用されている。脱レアアース駆動モータの研究も盛んであるが、Nd磁石モータに匹敵する性能はまだまだ得られておらず、今後もNd磁石の次世代環境対応車の需要は益々拡大するものと思わ...(つづきを見る

  • 真空ポンプ選定のしおり3 『真空の圧力単位』 製品画像カタログあり

    各圧力単位における大気圧の値など、真空の圧力単位について紹介します。

    アルバック機工の主な業務は、小型真空ポンプと小型真空機器、それに関連する周辺機器の製造販売です。 売上全体の約80%がこの主力製品で占められています。 アルバック機工は、小型真空ポンプの分野では世界有数の専門メーカーの一つに数え上げられています。 機種及びシリーズの多様化を積極的に推進しており、豊富な品揃えを背景にさまざまな機器・装置に組み込まれています。 真空ポンプ選定のしおり3 『真空...(つづきを見る

  • 5/23【セミナー】車載タッチパネル 製品画像カタログあり

    車載タッチパネルの要求仕様と市場・技術動向 ~最新動向・要求技術・開…

    市場・技術動向から、要求技術、開発事例、光学粘着剤、貼り合わせ技術まで、 4名の講師がそれぞれ解説します。 第1部【10:30~11:40】 「車載タッチパネルの市場・技術動向」 Tianma Japan(株) 営業本部 車載営業部 プロダクトマネージャ 羽原 啓史 氏 第2部【12:40~13:50】 「車載用静電容量タッチパネルの要求性能と開発事例・最新動向」 ホシデン(...(つづきを見る

  • プラスチックの機械的特性・接着・界面構造評価のための各種分析手法 製品画像

    ★プラスチックの強度や耐衝撃性は何でで決まるの?! ★分子量・配向・…

    【講演主旨】 近年、生産性や環境への配慮から高分子材料に要求される機能や性能は多機能・高度化しており、これら要求を達成するため、高分子複合化技術の開発が盛んに行われている。本公演では、高分子複合材料の機械特性をテーマにモルフォロジーと物性の相関や機械特性の発現メカニズム、さらにその劣化メカニズムについて解析事例を交えて紹介する。また、近年弊社で明らかにされたPK/PAポリマーアロイの高い衝撃特性...(つづきを見る

  • 6/20【セミナー】PK/PD解析 製品画像カタログあり

    定量的な意思決定を行い臨床開発を 効率化するためのPK/PD解析 …

    <実際の解析を講義中に実演します>   臨床開発をはじめ非臨床段階でも導入されつつある薬物動態(PK)/ 薬力学(PD)解析及びModeling&Simulation(M&S)について説明 さらに、M&Sを用いた化合物選択への貢献事例、当局からの疑問/ 指摘への対応事例についても紹介します。 【こんなことが学べます】 ・PK/PDの基礎概念 ・PK/PD解析に関連するtech...(つづきを見る

  • 6/17【セミナー】ゴム・プラ破損解析 製品画像カタログあり

    ゴム・プラスチック材料の破損、破壊原因とその解析法 ~破面観察より得…

    ゴム・プラスチック材料は何故、破損・破壊へと至るのか? ゴム・プラスチック材料の破損、破壊原因と解析の仕方を豊富な事例を交えながら解説! 主催者より ≪ご注意≫ 講師所属団体と競合団体に所属している方のご参加はお断りさせて頂く場合がございます。予めご了承ください。 得られる知識 ・ゴム・プラスチック材料の破壊現象の基礎 ・ゴム・プラスチック材料破壊の正確な解析法 ・各種ポリ...(つづきを見る

  • リチウムイオン2次電池の革新技術と次世代2次電池の最新技術 製品画像カタログあり

     

    ○発刊日2013年9月27日 ○体裁 B5判上製本 216頁 ○価格:本体 55,000円+税→STbook会員価格 52,190円+税 発行:技術教育出版社 販売:S&T出版 【執筆者】 辰巳 国昭  (独)産業技術総合研究所 岡田 重人  九州大学 境 哲男  (独)産業技術総合研究所 金村 聖志  首都大学東京 渡邉 正義  横浜国立大学 菅野 了次  東京工業大学...(つづきを見る

  • 書籍:カルタヘナ法 製品画像

    【規制解説シリーズ】 バイオ医薬品・再生医療等製品開発のためのカルタ…

    規制当局において医薬品や再生医療等製品開発・製造についてカルタヘナ法に関する審査や文書作成支援を行ってきた観点より  ◎とにかく法律関係の文書は読みにくい,   その上必要な文書がどこにあるか   わからないので全体像がつかみにく、、、  ◎それ故か誤解も多く生じ,結果として開発者が   困るという図式である!  申請する立場としては、何をどこで参照したら  わからない...(つづきを見る

  • 燃料電池自動車に向けた高圧水素タンクの開発と評価・試験法 製品画像

    70Mpaの高圧で軽量な水素容器開発に向けて求められる非金属材料とは!…

    High-Pressure Hydrogen Tanks for Fuel Cel Vehicles: R&D, Inspection for the Safty, Trends of the Regulation, etc. ★国の施策として規制緩和は行われるのか!?70Mpaの高圧で軽量な水素容器開発に向けて求められる非金属材料とは!? 【会 場】 川崎市国際交流センター 2F ...(つづきを見る

  • ポリマーアロイの混練・分散技術のミクロ・ナノ構造の制御と解析手法 製品画像

    ★ポリマーアロイの基本設計から、最新ナノコンポジット、その評価の方法ま…

    講 師 第1部 住友化学株式会社 石油化学品研究所 グループマネージャー 第2部 (独)産業技術総合研究所 ナノシステム研究部門 招聘研究員 理学博士 清水 博 氏 第3部 株式会社日産アーク マテリアル解析部・主管研究員 理学博士 加藤 淳 氏  対 象 ポリマーアロイの基礎から最新動向まで関心のある技術者・研究者・担当部門・初心者など 会 場 川崎市教育文化会館 3F...(つづきを見る

  • 産業ネットワーク管理:完璧なソリューションを求めて(Moxa) 製品画像カタログあり

    Moxaの産業ネットワーク管理の完璧なソリューション

    産業ネットワークにおいて、各セクションの使用状況・デバイスの交換時期把握などの複雑なタスクは、マニュアルで行われている可能性があります。ネットワーク管理ソフトウェア(NMS)がこれらの管理作業の自動化を可能にします。 <Moxaについて> Moxaは、産業オートメーションにおける革新的なプロバイダとして、 他に例を見ない可用性と信頼性でエッジからコアまで広帯域ネットワークの産業用イーサネ...(つづきを見る

22件中1〜22件を表示中

表示件数
45件
  • 1
分類で絞り込む

分類で絞り込む

[-]

PR