メニュー

基礎知識

薄膜堆積技術:プラズマ処理の基礎知識3

薄膜堆積技術:プラズマ処理の基礎知識3

今回は、プラズマを利用した薄膜堆積(形成)技術について解説します。非平衡プラズマを応用すると、基板やガスを高温にしなくても半導体薄膜や高分子薄膜を形成することができます。代表的な例が、アモルファスSi半導体膜です。他の製膜手法では実現が難しい高品質の材料が容易に得られるため、高性能太陽電池の実現にはなくてはならない材料となっています。

基礎知識

トランスミッションの未来:トランスミッションの基礎知識6

トランスミッションの未来:トランスミッションの基礎知識6

今回は、最終回です。トランスミッションの未来はどうなるのだろうかという疑問を考察します。トランスミッションが現在抱えている課題や、今後どのような進歩を遂げていくべきなのかなど、なかなか難しいテーマです。

基礎知識

エレクトロニクスを支える電子デバイス:半導体の基礎知識3

エレクトロニクスを支える電子デバイス:半導体の基礎知識3

今回は、電子回路の信号処理に欠かせないトランジスタについて解説します。トランジスタの発明によって、その応用範囲は真空管を大きく超えて広がっていき、ついには1つのチップに数億個のトランジスタが集積されるまでになりました。また、近年では情報通信の高度化に伴う電波の周波数資源の開拓に、高周波トランジスタの存在が必要不可欠となっています。

基礎知識

通信ネットワーク:短距離無線通信(Wi-Fi)の基礎知識1

通信ネットワーク:短距離無線通信(Wi-Fi)の基礎知識1

有線LANを無線化すると、パソコンや周辺機器などをケーブルなしで接続できます。無線LANが商品化された当初は、異なるメーカーの製品間での相互接続ができず、無線LANの一般普及のために規格の統一が必要とされました。この問題を解決するために設立されたのがWi-Fiアライアンスという組織です。Wi-Fiアライアンスが接続保証した無線LAN製品には、Wi-Fiロゴの使用が認められます。本連載では6回にわたり、短距離無線通信(Wi-Fi)について解説します。第1回の今回は、ネットワークの全体像を紹介します。

ニュースまとめ

ニュースまとめ(11/16~11/29)

ニュースまとめ(11/16~11/29)

チェックしておきたいニュースをピックアップ!
■三井化学ファイン、スクリーン印刷による超微細印刷技術を開発(2020/11/25)
■東芝、水系リチウムイオン二次電池を開発(2020/11/19)
■信越化学工業、低密度タイプの成形用シリコーンゴムを開発(2020/11/18)

お知らせ

新着カタログ情報【11月25日更新】

新着カタログ情報【11月25日更新】

技術、製品、手法など、テクノロジーの進化はとどまることを知りません。日々の業務はもちろん、将来を見越しての情報収集に役立つ、各社の最新情報をまとめました。設備の改善、構成部材の見直し、新たな加工技術方法など、役立つ情報が見つかるかもしれません。

基礎知識

第3次AIブーム(オントロジーとナレッジグラフ):AIの基礎知識6

第3次AIブーム(オントロジーとナレッジグラフ):AIの基礎知識6

単語の意味を記号で表現するのではなく、分散表現、自己分散表現(Self-Attention)により表現された単語間の統計的関連性を利用することで、文脈処理、同音異義語処理などが可能となり、AIの長年の課題であった常識推論が実現され始めたのです。しかしながら、単語間の統計的関連性のみでは、意味をフォローしながら深い議論をすることが現状では不可能であり、知識の記号表現を利用する必要があります。最終回となる今回は、この観点からオントロジーとナレッジグラフを解説していきます。

基礎知識

伝熱現象の基本1:熱工学の基礎知識5

伝熱現象の基本1:熱工学の基礎知識5

今回は、熱移動の3形態の、熱伝導と熱伝達を解説します。自然界では、伝熱現象を伴わない事象は皆無といっても過言ではありません。工業技術においても然りです。全てのエネルギーは、最終的には熱になってその役目を終えます。そのため、工業製品の製造においては、熱による材料の膨張、収縮の問題は避けられません。精密部品では、1/100℃の精度での温度制御が求められることもあります。

基礎知識

RPAとは:RPAの基礎知識1

RPAとは:RPAの基礎知識1

RPAとは、ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation)の略で、ロボットを使って業務を自動化するツールのことです。付加価値の高い業務への人的リソースの集中やテレワークの普及が進む中、定型業務を自動化することで高い業務改善効果を見込むことができます。まずは、RPAの基礎知識を確認していくことで、自社の業務の自動化や業務効率の向上のきっかけになれば幸いです。

ニュースまとめ

ニュースまとめ(11/9~11/15)

ニュースまとめ(11/9~11/15)

チェックしておきたいニュースをピックアップ!
■デンソー、バス用プラズマクラスターイオン発生機を開発(2020/11/11)
■大日本印刷、ブルーシフトを改善する光学フィルムを開発(2020/11/13)
■NSK、象限突起を低減するボールねじ技術を開発(2020/11/09)

基礎知識

受変電設備の基礎知識:電気設備の基礎知識2

受変電設備の基礎知識:電気設備の基礎知識2

今回は、構内電気設備の1つである受変電設備について解説します。受変電設備は、構内で受電、変電、配電を行う設備です。発電所で作られた電気は、さまざまな規模の受変電設備を通り、電圧を下げながら家庭やビル、工場などに休むことなく届けられています。その他、受変電設備は、事故などが起きたときに回路を遮断して建物と電力系統を切り離し、設備を保護する役割があります。

基礎知識

金属における拡散:金属材料の基礎知識3

金属における拡散:金属材料の基礎知識3

今回は、金属における拡散を取り上げます。拡散に関する知識は、金属材料の内部で起こる変化を理解するのに必要不可欠です。時効析出、析出物の粗大化、酸化、回復再結晶、粒成長、クリープといったさまざまな過程は、全て拡散によって律速されています。従って、金属材料を製造、および使用する場合にも、拡散の知識は欠かせません。特に、高機能性やナノスケール加工を必要とする先端技術材料の分野では、拡散の現象論だけではなく、その原子的機構をも理解する必要があります。

基礎知識

プラズマの発生方法:プラズマ処理の基礎知識2

プラズマの発生方法:プラズマ処理の基礎知識2

今回は、プラズマの発生方法を説明します。放電条件や構造の違いにより、さまざまなプラズマが生成できます。本稿では、次回以降でふれる予定の、プラズマ処理技術に用いられる主要なプラズマ源について説明します。具体的にはグロー放電プラズマ、アーク放電プラズマ、大気圧低温プラズマに関して、それらの放電形態や電子温度、ガス温度の特徴を取り上げ、種々のプラズマ処理技術を解説します。

ニュースまとめ

ニュースまとめ(11/2~11/8)

ニュースまとめ(11/2~11/8)

チェックしておきたいニュースをピックアップ!
■昭和電工、エッチング用ガスを扱う合弁会社を中国に設立(2020/11/06)
■日本精工、高負荷容量・超高速アンギュラ玉軸受を開発(2020/11/06)
■清水建設、石膏ボードの切断作業をアシストする装置を開発(2020/11/04)

Tech Note(テックノート)とは?

Tech Note(テックノート)は、ものづくり・都市まちづくりに関わる方のためのBtoB情報サイトです。業務に役立つ技術資料から、息抜き用のコラムまで、お昼休みに楽しく読んでもらえる記事を日々公開しています。Tech Note(テックノート)の主なコンテンツは、新人や若手の教育にぴったり!「基礎知識」、話題の会社や人を直撃!「インタビュー」、関心が高まっている時事ネタや、お悩みに応えるさまざまな「コラム」、展示会やセミナーのレポートを掲載する「イベント」、目を通しておきたい「ニュースまとめ」、需要がなければ製品も作れない!「市場レポート」の6種類です。「基礎知識」では、技術資料が無料でダウンロードできます。(会員登録のみ必要です。)Tech Note(テックノート)は、株式会社イプロスが運営しています。株式会社イプロスは、イプロスものづくり、イプロス都市まちづくり、イプロス医薬食品技術など、100万人を超える会員が利用する日本最大級のBtoBデータベースサイトを運営しています。

    ピックアップ記事

    tags